... TOPIX

急性膵炎

昆布の病名は

急性膵炎ということが分かりました。

昆布の膵臓リパーゼの数値は6.1でした。

IMG_1542.jpg

参考基準値 
0-3.5μg/L (膵炎の可能性が低い)
3.6-5.3μg/L (膵炎の可能性あり)
5.4-μg/L   (膵炎の可能性が高い)

膵炎の原因は、まだ解明されていません。

症状も様々です。痛み、嘔吐、食欲廃絶、下痢など。

これといった治療はないそうで、

抗生物質の投与と補液、低脂肪食の強制給餌。


急性膵炎について

本来、消化酵素は膵臓の外で活性化されますが、

膵液の流れが悪いため、膵臓の中で活性化されてしまいます。

消化酵素は、消化、つまり溶かすものです。

それが膵臓の中で活性してしまうと、

内臓を溶かしてしまいます。

また、重度になると、他の臓器にも合併症を起こすので、要注意です。

早期発見が大事ですが、発見が遅れると、亡くなるケースも多いそうです。

昆布の場合は、食べなかった翌日には

病院に連れて行ったので、それはよかったです。


膵炎は、外科的治療がなく、薬もないので、

後は昆布が頑張るしかないのです。

昆布はきっと頑張ってくれると思います。


にほんブログ村 人気ブログランキング

関連記事

ページ上部へ戻る