... TOPIX

4/3センターレポート B部屋3頭・C部屋1頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんさん&メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※新しい子以外は、先週レポートより転載します。
 全頭元気にしている様子は確認できています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)








【B部屋】3頭


※4/3レポート初登場(3/27引き取り収容)
▽5137 茶 メス 2歳程度 8キロ(不妊済) 

まだ収容されて間もなく不安でいっぱいのようで
困惑した感情がにじみ出るような表情をしていました。
この日は時間の都合上、外に出して見てはいませんので
詳しい状況はわかりませんが
見たところ痩せてもおらず、健康状態は良さそうです。
他の子が元気よく吠える中、ジッと気配を殺し
声ひとつあげずに固まるだけでしたので
また次週、落ち着いた頃によく観察してきたいと思います。

f0078320_21432490.jpg

f0078320_21432957.jpg

f0078320_21433473.jpg

f0078320_21434007.jpg








※29.8/22よりレポート登場(2017/8/14他抑留所より移送)
▽4936 茶 メス 7-8歳 10.95キロ










人馴れは問題ありません。

シニアの域に入ってるようですが、
まだまだ元気一杯で、ケージ内では出して!と吠えていました。
出してからも、オヤツをくださいと、
焦れて吠える姿も見受けられます。
落ち着きがあるというより、
人やオヤツに興味深々で、
外にも出たい様子で、部屋の掃除中しきりに動き回っていました。

この子のマイブームなのかストレスからなのか、
この日も敷いてある新聞は粉々にしてありました。
ここでの生活も長くなってきましたので、
何らかのストレスはあってもおかしくはありません。

この子らしく、シニアの子らしく、
のびのびと自由に過ごせる環境の中で過ごしてもらいたい。
この子を見ていると強くそう感じてしまいました。






※2/27よりレポートに登場(2/16収容)
▽5110 薄茶 オス 1歳ぐらい 12-13キロ
*以前は収容室③にいました。












まだ幼げなお顔をした子です。
困ったなのお顔が、なんとも可愛いらしいです。

ロープは着けない方が良いと聞いたので、
自ら出てくるのを待っていしたが、
一向に出てこないので、こちらから入って暫く座り込んでみました。

どうして入って来るの?
といった様子でビクビクしてはいましたが、
それでも差し出したオヤツは別のようで、
手からしっかり受け取り食べていました。
大きいオヤツを離さずに持っていたら、
一口ずつちぎっては食べ、飲み込むとまた手からちぎってを、
嫌がらずにずっと繰り返し食べていました。

緊張の中でもオヤツを食べられるのですから、
人と過ごす時間が増え、オヤツを上手く使えば、
仲良くなれるのにも、そう時間がかからないように感じます。

身体を触ることもでき、その際お口が出ることもありませんでした。
まだ若い子ですから、今後の変化がとても楽しみな子です。








【C部屋】1頭


※3/22よりレポート登場 (3/12収容)
▽5132 柴 10歳以上 6キロ程度

小ぶりで可愛らしい柴のお婆ちゃん犬です。
目は白く、歯も汚れていますがとても元気で
ケージの扉を開けると弾けるように飛び出てきました。
落ち着きなくあっちこっちと思うがままに動き回っていて
おやつを差し出すと、近い物ほど見えにくいのか
指ごと食べようとしたり、匂いはすれどおやつはどこ?と言うように
探し回る様子が見られました。
人馴れは問題なく、身体や顔周辺に触れても怒ることはありませんでした。
でも足が地が離れるような抱き上げなどは苦手なようで
怒ったりはしませんでしたが、くねくねと身体を動かし
何とか逃れようとしていました。



実物は、写真よりももっと可愛らしいです。

まだまだ元気いっぱいな柴ばぁばちゃんの応援を
どうぞよろしくお願いいたします。
今度こそこの小さな可愛いい手を離さないような
愛情と責任感のあるご家族と巡り合えますように。















レポートは続きます。


関連記事

ページ上部へ戻る