... TOPIX

4/10センターレポート A部屋    6頭




※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)







<A-Ⅱ>

☆ミルク

※3/27よりレポートに登場 (3/26他抑留所より移送)
▽5137 白黒茶 メス(不妊手術済)3歳ぐらい 11.9キロ
飼い主募集中!!No.5137

f0078320_02033962.jpg


f0078320_02040980.jpg


f0078320_02043917.jpg


f0078320_02050984.jpg


f0078320_02053993.jpg


f0078320_02060857.jpg


f0078320_02064735.jpg


f0078320_02071722.jpg


f0078320_02074765.jpg

笑顔が可愛くて、底抜けに明るい子です。
それでも、勝手にテンションをあげてくることはなく、
適度に落ち着きも持ち合わせています。

身体のどこを触っても、抱っこも問題ありません。
共に生活し易いように感じましたが、
表情を見ていると、お転婆さんの要素もありそうです。
収容されてから1ヵ月にもなっていませんので、
まだ変化は見られるかもしれません。


以前のコメント↓
前肢などにところどころ脱毛があり
何かの皮膚疾患の可能性があります。








<AーⅢ>


※2/20よりレポートに登場 (1/24収容)
▽5106 茶 オス 1-2歳 35-40キロ

f0078320_02253433.jpg


f0078320_02254262.jpg


f0078320_02255134.jpg


f0078320_02260241.jpg


f0078320_02261317.jpg


f0078320_02262122.jpg


f0078320_02262938.jpg


f0078320_02263905.jpg


f0078320_02265285.jpg


f0078320_02270820.jpg
人が大好きで甘えん坊さんです。
性格も花丸。

ケージの中で吠えている様子だけを見ると、
この体格に、この面構えですから、
一瞬引くぐらい迫力があります。
ケージから出してあげると、嬉しくて体当たりしてきます。
これだけの体格の子ですから、センターの生活では体力は余って当然。

まだ若い上、人が好きな子ですので、
その行動も無理はないかと思います。

しかし、そんな動きは最初だけで、
その後は写真のように落ち着き、
人の声にちゃんと耳を傾けられます。
この体格にあった運動量を思いっきり満たしてあげることで、
躾けも入りやすいのではないかと感じました。

年齢の割には落ち着きがあるように感じますが、
これだけの体格ですから、
大型の飼育経験がある方が望ましいだろうと思います。








<AーIV>


☆コンくん
※2016/9/6 よりレポートに登場(引き取り)
▽茶白 オス 5-6歳 13-4キロ (やせすぎ)12/12修正
f0078320_01304532.jpg

f0078320_01315016.jpg
いつものように、私達が部屋に入ると、
ケージの中で大はしゃぎでした。
訪問人員に余裕がある時は、散歩に出してあげるようにしており、
今回はコン君も出してあげることができました。
首輪にハーネス、お散歩の準備をしている時は、
とても大人しく、良い子でさせてくれていました。





この日はドッグランを使用中だったため、
センター職員さんに許可をいただき敷地内のお散歩に出ました。
散歩の準備は理解しているようで、
多少拘束する仕草をしても以前のように唸ることはありませんでした。


f0078320_14410330.jpg



たくさんの犬の声も気にせず、
声を掛けても気づかず、
大好きなオヤツも目に入らず、
とにかく無我夢中という言葉がピッタリで、
リードを引いてアッチ!コッチ!と意思表示していました。
f0078320_14274718.jpg

f0078320_14292163.jpg
f0078320_14294078.jpg
f0078320_14300064.jpg
f0078320_14301467.jpg
f0078320_14442781.jpg
f0078320_14435922.jpg
f0078320_14561737.jpg

リードの引きは強めです。
筋肉質なだけあり、油断していると瞬間的な引く力で転んでしまうかもしれません。
以前にドッグランに出た時はある程度すると落ち着いていましたが、
今回の散歩中はなかなか落ち着くことがありませんでした。
跳び跳ねたり暴れたりする訳ではなく、
とにかくマーキングに忙しく広場にある木を周っていました。


ただ、散歩の最後頃には落ち着いて歩くこともできていたので、
毎日たくさんお散歩ができると分かれば引きも落ち着くのではないかと思います。

f0078320_14303992.jpg
f0078320_14380107.jpg



何度も名前を呼んで、目の前に差し出して、を繰り返したら
やっと存在に気づきオヤツを食べることができました。





2017/12/12:コメント
こんなに人が好きな子ではありますが、体を拘束されるのは好まないようで、スルリと交わします。その際お口を出したり唸るような様子はありませんでした。



たくさん散歩をした後、ゆっくり触れあってみました。

身体全体をたくさん撫でて、ゆっくりお腹周りに手を回しても逃げるそぶりが無かったので、思いきって抱っこしてみました。
少し緊張はしていたかもしれませんが、暴れることなく腕の中に収まっていてくれました。
f0078320_14202233.jpg
f0078320_14204819.jpg
お散歩の様子を動画で撮影しました。














<A-Ⅴ>

※ 4/10 レポート初登場  (4/9他抑留所より移送)▽5153 黒 メス 7歳 11キロ


f0078320_03073368.jpg


f0078320_03074260.jpg


f0078320_03075284.jpg


f0078320_03080151.jpg


f0078320_03081291.jpg


f0078320_03082244.jpg


f0078320_03083207.jpg


f0078320_03084580.jpg


f0078320_03085517.jpg


f0078320_03135236.jpg


f0078320_03094723.jpg


人馴れに問題ありませんが、
ベタベタと寄って来るタイプではなさそうです。

とても穏やかな子で、どこを触っても、
抱っこなど拘束されることも問題なくできます。
黒い子の写真はとても難しく、
この子は実物のほうが遥かに可愛いです。

オヤツに興味はあるようで臭いは嗅ぐものの、
手からは食べてくれずでしたので下に置いたら食べ始めました。
お口の綺麗な子なのか、好みではなかったのか、
とても上品に、一度口に入れ小さくしてから、
改めて食べていました。

今は痩せていて、10キロも切っているような軽さでした。
毛もボソボソで、栄養状態が悪いです。
間違いなくシニアの域に入ってるであろうこの子も、
今度こそ、安心して暮らせるお家の子になれますよう、
心から祈っています。







<A-Ⅶ>

※3/13よりレポートに登場 (3/12他抑留所より移送)
▽5128 白 オス 8歳ぐらい 10-11キロ

f0078320_03305730.jpg


f0078320_03310752.jpg


f0078320_03311862.jpg


f0078320_03312899.jpg


f0078320_03313866.jpg


f0078320_03314821.jpg


f0078320_03315833.jpg


f0078320_03320764.jpg


f0078320_03321841.jpg

f0078320_03323233.jpg

人馴れは問題ありません。
扉を開け、ロープで促すと自ら軽快に出て来てくれました。

収容されて1ヵ月。
静かな印象は当初から余り変わりはないです。
しっかり尻尾をあげ、部屋中をウロウロしながら、
他の子のケージに何度かオシッコを掛けることもありましたので、
大人しいだけではないかもしれませんが、
荒々しい雰囲気は全く感じません。
オヤツの食べ方が優しく、手に歯が当たらないよう上手です。

表情が随分と明るくなり、若々しくなったように感じますが、
よく見ると、目が白くなりかかっていますので、
シニアの域に入ってることは間違いなさそうです。
この子の第二の犬生。
愛しんでそばから離さないで下さるお家の子になってもらいたいです。

以下↓以前のコメントを引き継ぎます。
獣医師のTさんのお話では
瞳孔が開きっぱなしなのが気になるとのことです。
今のところ目を気にしたり、何か痛がったりする様子は見られません。
視力には問題なさそうで、生活するうえでは支障などはなさそうです。






<A-Ⅷ>

※3/27よりレポートに登場 (3/22他抑留所より移送)
▽5133 黒茶白 メス 1歳ぐらい 10キロ程度


f0078320_04045204.jpg


f0078320_04050525.jpg


f0078320_04051785.jpg


f0078320_04053186.jpg


f0078320_04054134.jpg


f0078320_04055179.jpg


f0078320_04060418.jpg


f0078320_04061512.jpg


f0078320_04062775.jpg


f0078320_04063736.jpg


f0078320_04065175.jpg

人馴れバッチリで、性格も花丸ちゃん。
まだあどけなさが残る、とても可愛い子です。

一番最後まで待たせてしまったのですが、
他犬に対し、都度隙間から手や顔を出して、
挨拶をしていました。
出ている時も、他の子のケージを覗いてみたりと、
他犬に興味がありようです。
訪問の際見る限りでは、他犬と接するのに問題なさそうです。

人が大好きで、何をしても嬉しそうです。
抱っこも問題なくでき、慣れています。
一時は可愛がられていたのでしょう。
お座りも教わったようで、できます。
こんなに人や犬が好きな子なのに、
1歳の割には落ち着きがあるかもしれません。

直ぐにでも家庭に入っても違和感なく生活できるのではないか
と感じました。





レポートは続きます。





関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る