... TOPIX

4/24センターレポート 子犬舎6頭+乳飲み子6頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


先週レポートより転載しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






<2-5>1頭(+乳飲み子6頭)


f0078320_13372463.jpg

※3/20よりレポートに登場 (3/12収容)
▽5131 白茶 メス 1-2歳 12キロぐらい?

子犬舎に近づくと、このママが外のスペースに出てきて
しきりにワンワンと吠えていました。
とても元気そうにしていたので、頑張って子育てしているのだな
と思いましたが、先週同様ガリガリのままで心配でした。
いつもお掃除などのお世話をしている方に聞いたところ、
食べても食べても太れないし、ずっと下痢が続いている
とのことでした。
子供たちのために栄養をすべて与えてしまっているのだと
思います。



お腹も相当すいているのでしょう、
おやつをあげるとむさぼるように食べていました。
この日はこの子が部屋の外にも出てきてくれたので
赤ちゃんたちも近くで見ることができました。
皆コロコロに太っていて、6頭揃ってすくすくと
成長しているのがわかりました。



私たちが一番奥の小部屋を撮影し出すと
先程までワンワン吠えていたこの子がおとなしくなったので
メンバーがそっと確認してみると
赤ちゃんたちがいる場所に横たわり授乳を始めていました。
小部屋の前に近づくと、ウ~~~っと唸っていたので
すぐにその場を離れました。
ママは痩せた身体で頑張っていました。
我が身を削って子育てしているママを
どうか応援してあげてください。

f0078320_13402958.jpg
f0078320_13404069.jpg
f0078320_13404982.jpg
f0078320_13405899.jpg
f0078320_13421342.jpg
f0078320_13420216.jpg
f0078320_13422571.jpg
f0078320_13423582.jpg

↓↓子犬たちはすくすくと成長しています。
f0078320_13410776.jpg
f0078320_13412833.jpg
f0078320_13414175.jpg
f0078320_13415001.jpg
f0078320_00173550.jpg






<2-6>2頭


f0078320_13474802.jpg


※29.8/1よりレポートに登場 (29.7/27他抑留所より移送)
▽1450 薄茶 オス 1歳ぐらい 10-11キロ

先週同様、同室の子にべったり寄り添っていました。
以前同室だった子のことも頼りにしていた子ですので
ヒトリぼっちではなく、また一緒にいられる子がいて
安心しているのだと思います。
固まったまま全く動きがない子ですが
人が怖くてたまらないということではないようで
どこを触っても嫌がることもなければ、
震えたりドキドキすることもありません。
人の手が怖いものではないということは理解しているようです。
それでもおやつは今のところ食べることはできません。
下に置いてあげても食べられないのですが、
同室の子が手からおやつを食べられるようになったので
良い影響を受けてくれるといいなと思います。

f0078320_13500006.jpg
f0078320_13501396.jpg
f0078320_13502477.jpg
f0078320_13503210.jpg
f0078320_13504957.jpg
f0078320_13505884.jpg
f0078320_13522749.jpg




※29.6/20よりレポートに登場 (29.6/8収容)
▽1437 茶白 オス 1歳ぐらい 14.5キロ

大きな瞳を更に大きくして緊張感が伝わってきますが
どこを触っても嫌がることもなく、人の手は受け入れることが
できます。
ただ、手からおやつを食べることができないでいたのですが、
この日メンバーが時間をかけて何度も差し出してみたところ
手からおやつを食べることができたそうです。
おやつが食べられるようになることは一歩前進です。
収容当初はもっと幼い感じでしたが、
体格もしっかりしてきて、今では立派な男の子になってきました。
これまで同室の顔ぶれが何頭も変わって、上に乗っかられたりしても
決して怒ることもなかったこの子は本当に優しい子だと思います。
心優しいこの子を迎えてくださるご家族が見つかりますように。

f0078320_13552751.jpg


f0078320_13554931.jpg


f0078320_13561531.jpg


f0078320_13563523.jpg


f0078320_13562530.jpg


f0078320_13560235.jpg


f0078320_13553994.jpg







<2-7>2頭


f0078320_14014964.jpg


☆ナイト
※29.2/14よりレポートに登場(29/2/3収容)
▽4709 黒(茶) オス(去勢済) 1歳 16.5キロ 

この日も威勢よく吠えて私たちを迎えてくれました。
子犬舎の中に入ってからもしきりに吠えていたナイトも
最近ではそこまで吠え続けることは少なくなりました。
マフラーのようになっていた茶色の毛も
大分抜けてきました。

おやつが欲しいけれど、少しおっかなびっくりに

腰がひけた状態でおやつをもらう姿には
いつもの威勢のいいナイトからは想像できないギャップで
ついつい笑ってしまいます。



ここでの生活が既に1年を経過しているからか、
写真撮影は馴れたもので、しっかりカメラ目線をくれます。
威張りん坊のナイトも繊細な部分を持っており、
そんなナイトのことを丸ごと受け止めてくださる方とのご縁が
めぐってきますように。

f0078320_14035542.jpg


f0078320_14042561.jpg


f0078320_14045569.jpg


f0078320_14052543.jpg
f0078320_14055501.jpg
f0078320_14062549.jpg
f0078320_14065537.jpg
f0078320_14072779.jpg




☆ゴーヤ 
※29.10/24よりレポートに登場(29.10/10収容 )
▽5001 茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

ゴーヤもここでの生活が半年を越えてしまいました。
いつも壁にくっついて、近づくと気配を消そうと必死になっている姿は
見ていてもかわいそうになってしまいます。
ここまで頑なになってしまうのは、
過去に何があったのだろうと思ってしまいます。



ただ、以前は私たちが距離を取っても近づいても
ずっと顔を隠していたのですが、
距離を取ればこちらが気になるようで顔をあげて
こちらを確認するような仕草をするようになってきました。
人のこともそれほど怖いというよりも
少しは興味を持ち始めてきているのかと思うと
嬉しくなります。



身体のどこを触っても嫌がることはないのですが、
抱っこしようとするとスルッとかわして
体勢を変えてしまいます。
おやつも手から食べることがまだできないので
なかなか仲良くなれないのがもどかしいです。
ゴーヤの心を溶かしてくださる優しいご家族に
迎えられる日がくることを願ってやみません。

f0078320_22592172.jpg


f0078320_22593736.jpg


f0078320_22594781.jpg


f0078320_22595973.jpg


f0078320_23001954.jpg


f0078320_23002916.jpg


f0078320_23004013.jpg


f0078320_23010067.jpg







<2-8>1頭


※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

小部屋の外から覗いた時には顔をあげてこちらを見ていましたが
中に入ると壁に顔を押し付けて、
「私はここにいません」としっかり意思表示していました。
体のどこを触っても嫌がることはありませんが、
顔を見せて欲しいと思い、動かそうとしても
かなり強い力でその場に踏ん張っていて
なかなか顔を見せてくれませんでした。
思い切って抱き上げようと身体を壁から遠ざけようとすると
慌てて動き出しましたが、小部屋のドアと壁の狭い隙間に入り込み
また固まってしまいました。



反対側の端にいる子育て中の小部屋を気にして
しきりに覗いていました。
この子も出産経験があるようなので気になったのでしょう。
その後、なんとか部屋の中に移動させようとすると
今度はまた慌てて外のスペースに飛び出して行き、
しきりに逃げられる場所がないか探していました。
まだ何をされるかわからず怖いという気持ちだけで
回りを見る余裕もないのだと思います。
同室のテリア風の子が遊び好きな子のようなので
少しずつでも心を開いていってくれるといいなと
思いました。

f0078320_23272997.jpg




f0078320_23274655.jpg




f0078320_23280360.jpg




f0078320_23281290.jpg




f0078320_23282646.jpg




f0078320_23283609.jpg




f0078320_23284867.jpg




f0078320_23285670.jpg




f0078320_23291459.jpg




レポートは続きます。




関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る