ブログ

5/1センターレポート 子犬舎   6頭+乳飲み子6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)






<2-5>1頭(+乳飲み子6頭)


f0078320_23445313.jpg

※3/20よりレポートに登場 (3/12収容)
▽5131 白茶 メス 1-2歳 12キロぐらい?

子犬舎を外から覗くと、お母さんと赤ちゃんがいる部屋で
ヨチヨチと歩き回っている赤ちゃんたちの姿が見えました。
お母さんは外スペースに出たり入ったりを繰り返していましたが
以前のように吠えまくることはなく、
大分落ち着いてきた様子が伺えました。



相変わらずお母さんはガリガリで腰骨や背骨がくっきりと
わかるほどに痩せ細っていましたが、
おっぱいだけはまだぱんぱんに張っていて
見た目はまるでヤギのような体型になっています。
自分の栄養を全て赤ちゃんに与えているのでしょう。
おやつを与えるとむさぼるように食べていました。



お母さんは人馴れ抜群とまではいきませんが、
人を警戒している様子はなく、近づいてきます。
子育てがもうひと段落したら、今度こそ自分が幸せになる番です。
子育て上手で、6頭全員丸々と太っており
順調に育っているのがよくわかります。
赤ちゃんたちも産まれてからこちらでお世話してくださっている
職員さんと接しているので、人を怖がる子もいません。
人懐こく寄って来る子、抱っこされてうっとりしている子、
やんちゃ盛りで他の子とじゃれあう子、と
どの子も元気一杯です。



お母さんはまだなかなか太れずにいますが、
子犬たちは離乳食が始まったばかり。
あともう少しの間は
子育てに奮闘してもらわなければなりません。
お母さん、もうしばらくの間は子育てよろしくね。

f0078320_23472289.jpg


f0078320_23470969.jpg


f0078320_23474365.jpg


f0078320_23473387.jpg


f0078320_23480492.jpg


f0078320_23475423.jpg


f0078320_23482436.jpg


f0078320_23481524.jpg

オス 3頭

f0078320_23500571.jpg

メス 3頭

f0078320_23501829.jpg

どの子もお腹ぽんぽこりんで元気に動き回っていました。
お母さんのおっぱいに吸い付いたり、
抱っこされてうっとりしてしまう子もいました。
子育て上手なお母さんが身を削ってまで育てたのですから、
すくすくと大きくなってもらいたいです。


※子犬たちは2頭または3頭一緒での預かり先のみを今月中に募集する予定です。

f0078320_23592522.jpg


f0078320_23594086.jpg


f0078320_23594820.jpg






<2-6>2頭


f0078320_00031431.jpg


※29.8/1よりレポートに登場 (29.7/27他抑留所より移送)
▽1450 薄茶 オス 1歳 11キロ~

いつもと同じようにずっと部屋の奥で
同室の子にくっついたままじっとしていました。
人に触られたりすることには抵抗することもなく、
震えるようなこともありません。
ここ最近この子が動いている姿を全く目にしていませんが、
以前もっと小さい頃にはとてもすばしっこく、
部屋を飛び出してはチョロチョロと同室の子の後を追って
動き回っていました。



いつもこの姿勢のままでいるので、
子犬舎のお世話をしてくださっている職員さんに伺うと、
隣の部屋にいるナイトとゴーヤとこの子たちを
部屋の掃除をするときに一緒にしてあげるそうですが、
その時には他の子と一緒にじゃれあったりして
楽しそうにしているとのことでした。
犬と遊ぶのが好きなようですし、
遊び好きな先住犬がいるお宅だと馴れていくのも
早いのかもしれません。
まだおやつはお口の中に入れてあげても、
床に置いてあげても食べることができません。

f0078320_00051955.jpg


f0078320_00053115.jpg


f0078320_00054137.jpg


f0078320_00055285.jpg


f0078320_00060200.jpg


f0078320_00061320.jpg


f0078320_00062761.jpg





※29.6/20よりレポートに登場 (29.6/8収容)
▽1437 茶白 オス 1歳 14.5キロ

この子も同室の子と同様に、いつも部屋の奥で
伏せています。同室の子にとても頼られているようです。
大きな目をさらに大きくして緊張感が伝わってきますが、
身体をなでるときに最初こそビクっとしますが
その後は落ち着くことができます。



前回子犬舎を訪れた時に、初めてこの子が人の手から
おやつを食べることができたので、
この日もおやつを差し出してみました。
最初こそ様子を伺っているようでなかなか食べませんでしたが、
「大丈夫だよ、おいしいよ、食べてごらん」と
声をかけながら何度かおやつを差し出していると
そ~っとおやつを口にしてくれました。
その後はもう躊躇することなく、
何度も手からおやつを食べることが出来ました。



おとなしそうに見えますが、職員さんの話ですと
この部屋の2頭と隣の2頭の中では、一番人と距離を取りたがり
つかまえ辛いとのことでした。
それでもお口が出るようなこともありませんし、
攻撃的になることはありません。
人と一緒に生活していく中で、
そこまで警戒しなくてもいいということは学んでくれると
思います。
1歳未満の子犬の頃から1年近くをこちらで過ごしていたので

人馴れには時間がかかってしまいますが、
一日も早く家庭に入って、人との生活が楽しいということを
教えてもらいたい子です。

f0078320_00075421.jpg


f0078320_00080877.jpg


f0078320_00081802.jpg


f0078320_00082928.jpg


f0078320_00083809.jpg


f0078320_00085267.jpg


f0078320_00090358.jpg







<2-7>2頭


f0078320_00101904.jpg


☆ナイト
※29.2/14よりレポートに登場(29/2/3収容)
▽4709 黒(茶) オス(去勢済) 1歳 16.5キロ 

子犬舎の外にいると、相変わらずナイトの威勢のいい声が
響き渡っていますが、部屋に入ってからナイトが吠える声は
以前に比べれば格段に少なくなっていると思います。
おやつをもらえることをきちんと覚えていますので、
小部屋を開けてあげると「うまうま持ってるんでしょ?」
と言わんばかりにじっとこちらを見つめてきます。
少しおっかなびっくりにおやつを取りにきますが、
触られるのはあまり得意ではないようで、
すぐ後退していってしまいます。



それでも一緒に入ったメンバーがナイトの浮き出た毛を
少しずつ取ってあげていると、
職員さんが「ナイトはたまにブラッシングしてあげるんですよ」
と教えてくださり、そんなこともできるのか!と
驚きながらもブラシをお借りしてブラッシングしてみました。
その様子を動画で撮影してみました。

f0078320_00125409.jpg



f0078320_00130500.jpg



動画をご覧になるとおわかりになると思いますが
本当におとなしく、ブラッシングさせてくれました!!
ナイトは以前は近づくと唸ったり、
おやつをあげてもずっと腰がひけた状態で触らせてくれなかったり
していましたので、正直ここまでできるようになっているとは
夢にも思いませんでしたので、
訪問メンバー全員でとても驚きと共に嬉しさで一杯に
なりました。
きちんとお世話してくださる職員さんの愛情の賜物です。
ブラッシングした後もゆっくりと身体を撫でても
嫌がることもなくおとなしくしていました。
たくさん浮き出ていた毛を大分スッキリさせることができ、
更に男前に磨きがかかりました。
ナイトもシャイなだけで、お世話をしてくれる人のことは
きちんと理解できる子なのです。
ナイトにも暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_00244428.jpg


f0078320_00251173.jpg


f0078320_00252744.jpg


f0078320_00255070.jpg


f0078320_00261438.jpg


f0078320_00262734.jpg


f0078320_00263610.jpg





☆ゴーヤ 
※29.10/24よりレポートに登場(29.10/10収容 )
▽5001 茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ

とても綺麗なお顔をしていて、まるで女の子のような風貌の
ゴーヤですが、なかなか心を開いてくれず残念でなりません。
それでも人に触られることには抵抗することもありませんし、
抱っこもしようと思えばできるのですが、
身体を拘束されるのが苦手なようで
普段じっとしているゴーヤが素早い動きで逃げてしまうので
なかなか抱っこすることができません。



同室のナイトが人と接している姿を見ているので
少しは良い影響があればと思うのですが、
なかなかゴーヤの頑なな心は溶けていってくれません。
ただ、人に対して攻撃的になることは全くありませんし、
人との接し方がわからない上に、まだ人への恐怖心が
拭えないでいるだけなのだと思います。
おやつもまだ食べることができず、
口の近くにおやつを持っていくと「やめて!」と
顔を上にあげて避けているようでした。



ここでの生活がついに半年を超えたゴーヤに
人の暖かさを教えてくださる方の目に留まりますように。

f0078320_00282791.jpg


f0078320_00284355.jpg


f0078320_00285328.jpg


f0078320_00290666.jpg


f0078320_00291874.jpg


f0078320_00292820.jpg


f0078320_00294077.jpg


f0078320_00295491.jpg







<2-8>1頭

※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

子犬舎に入ると、この子の部屋である一番奥の小部屋には姿がなく
外にいるのかと、外のスペースを覗くと自分の小部屋のところではなく
隣のナイトとゴーヤがいる小部屋の外スペースにいました。
どうやら柵を登って隣のスペースに移動したようでした。
その後なんとか部屋に戻そうと、隣の部屋の窓をあけて
この子を中に入るよう誘導して子犬舎内の廊下に出すと
今度は一番手前のお母さんと赤ちゃんのいる部屋の前で
伏せたまま、じっと赤ちゃんたちを見つめる姿がありました。
この子も収容される直前に出産・子育てしていたようなお乳をしており、
赤ちゃんを見て思い出していたのではないでしょうか。



この子は逃げられるスペースがある時に
近づこうとすると唸る傾向がありますが、
逃げられない場所に行くとその場にうずくまり、
近づいていっても唸ることはなく、ひたすら気配を消します。
ほぼ野良に近い子なので、人を寄せ付けない術を
知っているのだと思います。
それでもじっとしている時にどこを触っても
お口がでるようなことも、攻撃的になることもありません。
触られている時間をひたすら我慢しているようです。



人との接し方がわからず、人への警戒心が強いので
たくさん撫でて、人の手が怖いものではないのだと
まずは教えてあげる必要があると思います。
赤ちゃんたちを見つめていた優しい眼差しを見ると
心優しいこの子にも人の暖かさを感じて欲しいと
心から願っています。


f0078320_00320703.jpg


f0078320_00322490.jpg


f0078320_00324023.jpg


f0078320_00325583.jpg


f0078320_00330567.jpg


f0078320_00331539.jpg


f0078320_00332596.jpg


f0078320_00334247.jpg


f0078320_00335653.jpg



レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る