ブログ

「犬猫の収容数がゼロの日~山口県周南市」

山口県周南健康福祉センターで
現在(2018年5月4日)収容犬猫はゼロです。

これは約1年2か月ぶりの事です。

収容数ゼロ
↑写真出展元:山口県迷い犬・迷い猫情報 https://bit.ly/2lkn9vA

収容された犬猫が里親さんに譲渡されて
殺処分されなくて済む事も大切ですが
もっと大切なのは収容される犬猫が
ゼロになる事です。

周南市は山口県の中でも特に野犬が多い市です。
毎日、収容数を確認していますが
時には子犬だけで20頭の収容数を
超える時もあります。



《スポンサード リンク》



根本の原因は捨てられた犬が
むやみなえさやりによって増え
子犬を産んでいる事です。

収容数ゼロ2
↑写真出展元:インスタグラム toshi104hiro https://bit.ly/2Ib2fia

犬に罪はなく
子犬のうちに保護され家庭犬として
迎えられれば人慣れも早いです。
逆に成犬になってから保護されても
里親希望者は少なく譲渡されても
人慣れには時間が掛かり脱走する犬も
少なくはありません。

収容数ゼロ3
↑写真出展元:インスタグラム toshi104hiro https://bit.ly/2rkTKXs

これは全国すべての地域に言える事であって
周南市だけの問題ではありません。
根本の原因 収容をゼロにする。
これを目指していかなければ本当の意味での
殺処分ゼロにはなりません。

現在、周南市は収容数ゼロですが
全国で収容されている犬猫はたくさんいます。

2018年5月4日現在
岩国健康福祉センター
https://bit.ly/2rjycLF
山口健康福祉センター
同  防府支所
https://bit.ly/2jqAmVj
宇部健康福祉センター 
https://bit.ly/2w9Ar9d
長門健康福祉センター
https://bit.ly/2IhvoII

周南市及び山口県の批判をされる方も多いようですが
あなたの街は殺処分ゼロですか?
あなたの街でも犬猫を毒殺する町内会(自治会)もありますよ。

もっと、それぞれが地元の事を
知ってください。
そして各それぞれが地元から収容数を減らしてください。



《スポンサード リンク》



にほんブログ村 犬ブログ 犬 ボランティアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 猫ブログ 猫 ボランティア・保護活動へ
にほんブログ村


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


保護活動ランキング


捨て犬・保護犬ランキング



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: 「殺処分ゼロの先を目指す全国保健所一覧」

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る