ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

5/8センターレポート 別室      5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。







引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田








☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済)  3歳ぐらい 18.75キロ

サリーと時間をかけて向き合うのが私は初めてでしたが
いつもドッグランにいても縮こまっている印象だったのが
ずいぶん変わってきたように思いました。
表情も柔らかくなってきたように感じます。



以前は怖いと思うとパクパクしたりしていたようですが
だいぶ人との接し方もわかってきたのか、
人が怖いものではないと理解してきたのか、
身体を触っても攻撃的になったりお口が出るようなことは
ありませんでした。

抜けかけの冬毛がまだたくさん浮き出ていたのが気になり、

ゆっくりと抜いてみても嫌がらずにされるがままでした。



過去にはあまり飼い主に構ってもらうことなく過ごしてきたようですが
これからはたくさん愛情を注いでくれる
新たなご家族に迎えてもらいたいです。
まだ若いこの子の幸せな犬生はまだまだこれからです。
今度こそ素敵なご縁がめぐってきますように。

f0078320_23052080.jpg


f0078320_23334562.jpg


f0078320_23342409.jpg


f0078320_23345578.jpg


f0078320_23352550.jpg


f0078320_23355555.jpg





※2/20よりレポートに登場 (1/29他抑留所より移送)
▽5103 茶黒白 長毛 オス 1-2歳 14キロぐらい

収容室にいた頃に比べると、だいぶ落ち着いてきたように思いました。
相変わらずロープは苦手なようですが、
それでもロープをかけて誘導すると、クレートの中で踏ん張って
いたものの、外に出てくることができました。
外に出てきても、この子のトレードマークのヨガポーズのような
後足を伸ばして腰を丸めるような姿は健在でした。
最近、ドッグランにつながれている姿を見ることが多かったので
このポーズは久しぶりに見ました。



以前はおやつも食べられなかったこの子が
今では普通に手からおやつを食べることができます。
3ヶ月経過して、毎日外で過ごす時間も増えて
気持ち的にも安定してきているのかもしれません。
収容室にいた頃のオドオドして
外にもなかなか出て来られなかった時よりも
だいぶ自信がついてきたのか、下を向いていても
表情が変わってきたように感じました。
常に人と一緒にいられる環境に入れば
人馴れも進んでいくのではないでしょうか。

f0078320_23401062.jpg


f0078320_23403205.jpg


f0078320_23404656.jpg


f0078320_23405999.jpg


f0078320_23411006.jpg


f0078320_23411994.jpg


f0078320_23412975.jpg


f0078320_23414174.jpg





☆ジョン
※4/17よりレポートに登場 (4/12他抑留所より移送)
▽5162 茶黒白  オス 1歳 11キロ程度

この日は天気が悪かったため、別室のクレートの中にいましたが、
騒ぐこともなく、大人しくしていました。
少しずつでも変化を見せてくれているとのことでしたので、
ロープで誘導すると、自らゆっくりとクレートから出てきました。
少し緊張している様子は伺えましたが
おやつには興味を示して近づいてくることができました。



まだ幼いのに、落ち着きがあります。
ただ、まだ環境に慣れていないため大人しいだけかもしれません。
年齢相応にはしゃぎ回る姿も見てみたいです。
この数週間で、優しく接してくださる職員の方々のおかげで
この子も人に対する恐怖心や警戒心も解け始めてきている
のではないかと思います。
もっともっと人と一緒にいる時間が長くなれば
思った以上に子犬らしさを見せてくれるようになるような気が
してなりません。
この子にも一日も早く暖かい手が差し伸べられますように。

f0078320_23445757.jpg


f0078320_23450935.jpg


f0078320_23451851.jpg


f0078320_23452834.jpg


f0078320_23453824.jpg


f0078320_23455457.jpg

↓↓先週レポートより






※4/24よりレポートに登場 (4/16収容)
▽5172 茶黒 オス 2歳ぐらい 11-12キロ

収容室②より移動になりました。
こちらをじっと見つめるくりくりの瞳が印象的な男の子です。
ぱっと見た感じでは一瞬女の子かと思うほど
優しくてかわいいお顔をしています。



クレート内でおとなしくしていましたが、
手を差し出して身体を撫でても嫌がることはありませんでした。
緊張している表情でしたので、
この日は無理に外には出しませんでした。
おやつを差し出してみましたが、まだ食べる余裕は
ないようでした。

f0078320_23545689.jpg


f0078320_23551924.jpg


f0078320_23552977.jpg


f0078320_23553946.jpg


f0078320_23554916.jpg


f0078320_23560030.jpg


f0078320_23561221.jpg


f0078320_23562288.jpg





※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5177 茶 オス 2歳ぐらい 7キロ程度

C部屋より移動になりました。
とても大人しく、じっとクレートの奥で伏せていました。
様子を見るためにロープで誘導してみましたが、
されるがままに引きずられるように出てきました。
ただ、震えたりすることもなく、そこまで恐怖心はないと
思ったのですが、ロープを緩めた瞬間に
サササッと狭いスペースに入り込んでしまいました。



表情を見ていてもあまり変化がないことと
震えたりすることもなかったので少し油断していました。
本犬は緊張感で一杯だったのだと思います。
ただ、狭いスペースに入り込んでから引っ張りだす時も
力は入っているものの、抵抗して暴れることもなく
お口が出るようなことも全くありませんでした。
抱っこは大人しくさせてくれました。



まだこちらに来てから日が経っていませんので
これから変化を見せてくれることを期待しています。
体格も小柄で女性でもひょいっと抱き上げることができます。
小さいからと油断すると、瞬間的な素早さがありますので
逸走には十分気をつける必要がありそうですが、
人と生活していく中で、そこまで警戒する必要がないことは
理解してくれるのではないかと思います。

f0078320_00001612.jpg


f0078320_00002905.jpg


f0078320_00004059.jpg


f0078320_00005191.jpg


f0078320_00010172.jpg


f0078320_00010905.jpg


f0078320_00012028.jpg


f0078320_00013015.jpg



レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る