ブログ

食を通じて動物愛護を考える

北海道帯広市にある ペットを売らないペットショップ
店長であり、ペットライフプロポーザーのたっかめ先生をお招きし

ブログでも紹介していました、
たっかめさんの動物愛護セミナー『ペットフードとご飯の話』in滋賀
本日 大津市で行われ参加してきました。


フードの歴史、フードの原料のお話、天然保存料は安心なの?
オーガニックだから安心?生食って大丈夫?などなど
4時間という時間では足りないくらい、とても濃い内容で
メモをとる手が止まりませんでした。


たっかめさんのセミナーでは細かい手作りのレシピを紹介したり
解説したりするセミナーではありません
【食を通じて、動物愛護を考えるセミナー】なんです。


食と動物愛護?
一見、繋がらないようで、とても大切なことでした。


平成28年度 日本での殺処分数 犬:1万424匹、猫:4万5574匹
滋賀県での殺処分数 犬:124匹、 猫:577匹 

ペットが病気になり辛そうで見ていられない。
通院が大変、薬代が払えない。
そんな理由でペットを捨てる人がいます。
滋賀県でも
何度もそんな理由で捨てられた犬猫達を見てきました。



昔は犬猫は外飼いでご飯は人間の残飯などねこまんまでしたよね
最近では
室内飼育があたりまえになりつつあり、ご飯はペットフード

アレルギーを発症するペットさん、お腹の弱いペットさん
人間のように心臓病や糖尿病になるペットさん
環境が悪いように思える昔の方が
あまり聞かなかったように思いませんか?

高級なプレミアムフードを与えているから心配ない。
獣医さんから療養食を購入しているから大丈夫。
手作り食って毎回メニューとかカロリー計算が大変で面倒。
本当にそうなのかな?


興味のある人は
自分で情報を調べたり、セミナーに参加したりしますが
しかし、興味のない人には届きません。

ペットを飼いたくなったらペットショップ!
今ではホームセンターでペットフードも犬も猫も買えますよね。
それがあたりまえ、普通の事。

飼ってから「こんなはずじゃなかった」と。

いくら法律を厳しく変えても、
人の心が変わらなければ何も変わりません。

『誰のためのフード?』
『エサでなく食事という考え方』


究極の動物愛護、それはペットを飼わない事
でも、ペットはなくてはならない大切な存在!
そう感じる方も多いはず。と信じたい。


アナタの周りにペットを飼いたいという方がいましたら、
ぜひ聞いてください
「オシッコしたら掃除できる?ウンチ拾える?」
「下痢するよ、嘔吐するよ、臭いよ、触れる?」
「毎日のブラッシングに、月に1回5千円以上のトリミング」
「病気になったらどうする?手術は何十万円」
「ひっかかれたり噛まれると、傷口が腫れるよ」
「家具や柱で爪とぎするよ、かじるよ」
「子犬、子猫が産まれたらどうするの?」
「旅行の時どうするの?連れてくの?留守番?」
「体重30キロ40キロの大型犬、寝たきりになったら介護できる?」
「災害が起きたらどうする?避難先は?」
デメリットをたくさん、たくさん話してください。
それでも「飼いたい!」という方には全力で応援してあげてください。
そして、保護された犬猫を迎えてみない?と提案してみてください。

今、ペットを飼っている方
ペットさんと過した、たくさんの思い出ありますよね
癒してもらったり、笑顔にしてもらったり、なぐさめてもらったり
愚痴を聞いてもらったり、ケンカの仲裁してくれたり、、、


ペットさんに恩返ししませんか?
最後まで一緒に生きる、
最後まで一緒に暮らす恩返しを。

殺処分ゼロより、
持ち込みゼロにしませんか?


たっかめさんは日本全国で【食を通じて、動物愛護を考えるセミナー】を
開催されています。興味のある方はぜひ参加してみてください!


↓↓セミナースケジュールとお申し込みはコチラ↓↓
http://www.tackame.net/ 


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: しっぽ達のブログ

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る