ブログ

5/22センターレポート 別室     6頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。







引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田




※5/22レポート初登場 (5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 14キロ



f0078320_00324662.jpg
f0078320_00331484.jpg
f0078320_00333481.jpg
f0078320_00335391.jpg
f0078320_00341762.jpg
f0078320_00343826.jpg
f0078320_00345857.jpg
f0078320_00352436.jpg
f0078320_00354407.jpg
f0078320_00360227.jpg
ゆっくりした動きではありましたが、気配を消しつつ人から離れようとする素振りがありました。
近づいてもパニックになることはなく、伏せた姿勢で上目遣いにこちらの様子を見ていました。
声をかけながら身体を撫でるとガタガタと震え、撫でる手を止めると震えが止まる、その繰り返しでした。
唸ったり攻撃的な素振りはなく、時間が過ぎるのを我慢しているようにも感じました。
オヤツは気にする余裕がなく、最後まで食べることはできませんでした。
右の耳には大きな裂け目がありました。
過去の古傷と思われます。










☆小吉


※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5177 茶 オス(去勢済) 2歳ぐらい 7キロ程度




f0078320_01363578.jpg
環境に慣れてきたのか、見た目の可愛さとかけ離れた元気な声で周りの犬達と一緒に元気に吠える姿がありました。
f0078320_01381174.jpg
f0078320_01383338.jpg
f0078320_01385911.jpg
f0078320_01391925.jpg

表情が穏やかになったように感じました。
人がそばにいても他のことを気にしたりできていました。
ドッグランの中で日向へ移動する際、素直に後ろを歩いていました。

f0078320_01391184.jpg
f0078320_01372074.jpg
f0078320_01375039.jpg
f0078320_01392967.jpg

オヤツはすんなりと、優しく受けとることができていました。

お口周り、お口の中、嫌がることなく素直に触らせてくれました。
上の犬歯は2本とも先端が丸くなっていました。


↓以下先週レポートから転載しています。

撫でることも、抱き上げることも、お散歩もすべてできて時には尾を振ることもあるのですがそれでもまだ人への信頼感は芽生えていないようです。野良っ子のように人を知らないことからくる怯えではなく人を知っているからこそ、まだ誰も信用したくない。そんな感じを受けます。小さく可愛らしいこの子の過去に何があったのか語ってくれるのであれば聞いてみたい気持ちになります。見た目の可愛さだけで、この子を迎え入れて人を信頼する気持ちを育てることに重きを置かずそのままただ一緒に過ごすだけではちょっとした油断で逃がしてしまいそうな、そんな危うさも感じます。あと気になるのが皮膚の荒れです。被毛もところどころ脱毛がありアレルギーか、以前の環境で不衛生な場所にいたのかのいずれかだと思われます。現在痒がってはいないようです。何かが原因で壊れてしまった人への信頼関係を一から築き直してくださる方とのご縁がありますように。









☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ
f0078320_02423476.jpg
ちびたろうの父親です。父親のべんは、食べ物への関心がとても高く、オヤツの気配に気づくとお座りしてオヤツを持っている人がくれるのを静かに待っていました。
f0078320_02430499.jpg
f0078320_02432328.jpg
f0078320_02435036.jpg
f0078320_02440961.jpg

オヤツをもらえると分かると2本足で立ち上がり可愛くアピールを繰り返していました。その際、前足を人に預けることなく上手にバランスを取っていました。オヤツを受け取るお口は優しく、上手に食べていました。
f0078320_02505189.jpg
f0078320_02510455.jpg
f0078320_02512667.jpg
身体や頭を撫でる時、一瞬だけ腰が引けたように感じましたが、人のそばから極端に離れることはありませんでした。
床に置いていたオヤツの袋にも、自ら頭を入れそうな食いしん坊さんです。すぐ近くに繋がれている息子のちびたろうを気にする時もありましたが
この日はオヤツをもらうことに夢中になっていました。

職員さんのお話しでは、父親であるべんの方が
ちびたろうを頼りにしているようで
ちびたろうが離れると、ヒンヒン鳴き寂しがる様子もあるそうです。



☆ちびたろう
※12/28よりレポートに登場 (12/18引き取り収容)
▽5063 茶白 オス(去勢済) 1歳ぐらい 13-4 14.8キロ 




f0078320_23441563.jpg
べんの息子です。この日は先週同様に外のドッグランスペースに出ていました。その場所は、たまたま私たち訪問メンバーが引き出し準備をする場所の近くだったこともあり、ドキドキしつつも作業中のメンバーを後ろからコッソリ匂いチェックを繰り返していました。
f0078320_01314146.jpg
f0078320_01322699.jpg
f0078320_01305642.jpg
周りを人に囲まれていても怖がると言うよりは「どーしよう、どうしたら良いのだろう?」と、困ったような表情をしながらオロオロする様子は小さな子供のように見えました。
それでも人のそばから離れようとはせず
知らん顔していると、真横にいたりして、私たちの作業の様子を
かなり興味深げに見ていました。
f0078320_01332963.jpg
f0078320_01341575.jpg
f0078320_01350209.jpg
f0078320_01355212.jpg
f0078320_01381790.jpg
差し出したオヤツは最初だけ躊躇しましたが、1度食べると次は躊躇せず優しく上手に受け取り食べていました。身体を触られるのも最初は後退りする様子がありましたが、暴れたり震えることはなく、少し迷惑そうな顔をしながらも受け入れてくれました。
f0078320_01363440.jpg
撮影終了の頃には、それまでより自信がついたような一歩勇気が出せたような、少し大人な表情をしていたように見えました。




※2/20よりレポートに登場 (1/29他抑留所より移送)
▽5103 茶黒白 長毛 オス 1-2歳 14キロぐらい

f0078320_02475228.jpg
人の動きをよく見ていて、ある程度の距離より近づくとリードの長さいっぱいに離れたがる素振りはありました。

f0078320_02485386.jpg
f0078320_02492412.jpg
f0078320_02493794.jpg
f0078320_02494900.jpg

オヤツは最初の一口を食べた後は、差し出せば遠慮がちに優しく受け取ってくれます。指先に持つ方が食べやすいのか、手の平に乗せたオヤツは受け取るまでに少し時間がかかりました。
f0078320_02503265.jpg
f0078320_02504747.jpg
f0078320_02510469.jpg
f0078320_02511647.jpg
f0078320_02512754.jpg
自分に伸びてくる手を完全に受け入れている訳では無さそうですが、身体に触れても震えたり逃げたりすることはありませんでした。
人との距離がある程度離れてしまえば、緊張が解けてリラックスする様子もありました。

↓以下先週レポートから転載しています。
職員さんがこの子の毛束を優しく抜いていました。
抵抗も怒ることもせず、ジッとされるがままになっていましたが
いつものヨガのポーズのまま固まっていました。

身体に触れても怒ったりはしませんか?と尋ねたところ
だいぶ触られることには慣れてきたようだとのことです。

リードで誘導されてお散歩することにもだいぶ慣れてきたようです。
まだ表情が固いですが、変化も少しずつですが出てきました。
皮膚はまだ荒れているところもありますが
改善した部分もあります。
引き続きよく観察したいと思います。



☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済)  3歳ぐらい 18.75キロ


f0078320_03042180.jpg
自ら人のそばには来ませんが、オヤツを持っていることに気づくとそれなりに「何を持っている?」と興味を示してくれるようになったような気がします。
f0078320_03050356.jpg
f0078320_03053647.jpg
f0078320_03060371.jpg
f0078320_03062672.jpg

少し前は好みでは無いオヤツも律儀に受け取り床に並べていましたが、この日は床に並べた後で人が離れた後にゆっくり食べていました。
受け取る瞬間だけ鼻にシワが寄り怒っているようにも見えますが、サリーちゃんの癖のようで攻撃的になることはありません。
f0078320_03065976.jpg
f0078320_03072027.jpg
f0078320_03073727.jpg
f0078320_03075716.jpg

身体に触れることもできるのですが、緊張からか目が必ず泳いでしまいます。さりげなく避けようとする場面もありました。

職員さんのお話しでは、他のビビリっ子よりも
人馴れの進みが少しゆっくりなようです。

↓以下先週レポートから転載しています。
サリーちゃんと仲良くなりたくて
おやつで気を引こうとするのですが
結構好みが色々あり、好きなおやつでないとシラ~っとそっぽ向いたりします。
なのでこちらもサリーちゃんが好むおやつをあれこれと
これはどう?あれはどう?などと言いながら与えるのですが
お目にかなってパクッと食べてくれるとつい嬉しくなってしまいます。

身体は優しく短時間であれば触らせてくれるようになりました。

まだ若いこの子の幸せな犬生はまだまだこれからです。
今度こそ素敵なご縁がめぐってきますように。






レポートは続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る