ブログ

銀座のこねこの物語2

銀座の子猫ちゃん大きな赤い腫物があります。 朝イチで動物病院へ。 拾った女性が医療費や保護費用を全額負担してくださいました。 体温は正常触診などで、一通り検査しました。 私の読みどおり咬み傷から菌が入って膿が溜ってるようです。 小さな穴をあけて押し出すことにしました。 痛いよね。 針が膿袋に到達したら白い膿がいっぱい出ました。 押し出すのが痛いのでギャーッと悲鳴があがります。 私も、この仔猫とまったく同じことをされた経験があります。(笑) 仔猫はしゃべれないので、私が代わりに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ねりまねこ・地域猫

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る