ブログ

Dr.Jeff 東京レポート4、獣医師の役割

参加者には知った顔がたくさんいました。 動物愛護団体、活動家、ボランティア行政職員、ジャーナリスト 今回は、臨床獣医師行政獣医師獣医大学の先生・学生など獣医療に携わる方も多数、参加されていました。 改めて気づかされたことがあります。野良猫対策において、最重要な役割が、獣医さんであると。 いくら、行政とボランティアと市民が三者協働で課題解決に取り組んだとしても安価で多数の手術ができる獣医師がいなければ対策は進みません。 地方都市の多くがそうでしょう。 課題解決が進んでいる都心部のエリア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ねりまねこ・地域猫

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る