ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

6/5センターレポート 別室      5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


時々付き人さんとひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)






※5/29よりレポートに登場 (5/28他抑留所より移送)
▽18059 茶 オス 3-4歳 12キロぐらい
 
6/5:首の傷はかさぶたがあるものの
膿んだ匂いなどもなく、順調に回復してきているようです。
職員さんのお話では、朝と夕に排泄のために
外に出してもらっているそうですが
酷くパニックなどにはならないようです。

でもこの日の夕方は出たがらなかったので
無理に出すことはやめたそうです。
触っても平気ですか?とお聞きしたところ
大人しい子なので大丈夫ですとのことでしたので
クレートの中に少し入り、そっと撫でてみましたが
唸ったりすることもなく、緊張はしていましたが
撫でる手は受け入れてくれました。

首が良くなったらケージから出して
触れ合っても良いでしょうとのことでした。
あと1~2週ほどで触れ合うことも実現するかもしれません。

f0078320_04305446.jpg



f0078320_04310411.jpg



f0078320_04311188.jpg



f0078320_04311821.jpg






子犬の頃に付けられた首輪をそのままに成長してしまったようで
首輪が皮膚に食い込み、ひどく化膿していたそうです。
移送前にすでに首輪が外され、治療を開始していただいた甲斐あり
ジュクジュクしていた皮膚は乾き、徐々に回復しつつあるとのことです。

もしこのまま暑い夏を迎えていたら化膿が進み
感染症などを起こして、ひどく苦しんだ上に
ひっそりと命を落としていたかもしれません。
暑さが本格化する前に保護されたことは幸いでした。

まだ緊張していることもあり、とても大人しく
攻撃的な様子も見られないとのことでした。

首の治療が最優先ですので
もう少し皮膚の状態が落ち着いてから
性格などは詳しく観察したいと思います。
f0078320_12344439.jpg




f0078320_12345081.jpg




f0078320_12345642.jpg








☆ビリー

※2/20よりレポートに登場 (1/29他抑留所より移送)
▽5103 茶黒白 長毛 オス 1-2歳 14キロぐらい

5/29:撮影
f0078320_12360091.jpg





f0078320_12360581.jpg



以下、先週レポートより転載しています。
f0078320_02475228.jpg




人の動きをよく見ていて、ある程度の距離より近づくとリードの長さいっぱいに離れたがる素振りはありました。

f0078320_02485386.jpg




f0078320_02492412.jpg




f0078320_02493794.jpg




f0078320_02494900.jpg





オヤツは最初の一口を食べた後は、差し出せば遠慮がちに優しく受け取ってくれます。指先に持つ方が食べやすいのか、手の平に乗せたオヤツは受け取るまでに少し時間がかかりました。
f0078320_02503265.jpg




f0078320_02504747.jpg




f0078320_02510469.jpg




f0078320_02511647.jpg




f0078320_02512754.jpg




自分に伸びてくる手を完全に受け入れている訳では無さそうですが、身体に触れても震えたり逃げたりすることはありませんでした。
人との距離がある程度離れてしまえば、緊張が解けてリラックスする様子もありました。

職員さんがこの子の抜けかけた毛束を優しく抜いていました。
抵抗も怒ることもせず、ジッとされるがままになっていましたが
いつものヨガのポーズのまま固まっていました。

身体に触れても怒ったりはしませんか?と尋ねたところ
だいぶ触られることには慣れてきたようだとのことです。

リードで誘導されてお散歩することにもだいぶ慣れてきたようです。
まだ表情が固いですが、変化も少しずつですが出てきました。
皮膚はまだ荒れているところもありますが
改善した部分もあります。
引き続きよく観察したいと思います。





☆リッキー

※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ

5/29:撮影

f0078320_12373380.jpg




f0078320_12373998.jpg




f0078320_12374957.jpg




以下、先週レポートより転載しています。
f0078320_00324662.jpg




f0078320_00331484.jpg




f0078320_00333481.jpg




f0078320_00335391.jpg




f0078320_00341762.jpg




f0078320_00343826.jpg




f0078320_00345857.jpg




f0078320_00352436.jpg




f0078320_00354407.jpg




f0078320_00360227.jpg




ゆっくりした動きではありましたが、気配を消しつつ人から離れようとする素振りがありました。
近づいてもパニックになることはなく、伏せた姿勢で上目遣いにこちらの様子を見ていました。
声をかけながら身体を撫でるとガタガタと震え、撫でる手を止めると震えが止まる、その繰り返しでした。
唸ったり攻撃的な素振りはなく、時間が過ぎるのを我慢しているようにも感じました。
オヤツは気にする余裕がなく、最後まで食べることはできませんでした。
右の耳には大きな裂け目がありました。
過去の古傷と思われます。








☆サリー
※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済)  3歳ぐらい 18.75キロ

5/29:撮影

f0078320_12385421.jpg




f0078320_12390015.jpg




以下、先週レポートより転載しています。
f0078320_03042180.jpg




自ら人のそばには来ませんが、オヤツを持っていることに気づくとそれなりに「何を持っている?」と興味を示してくれるようになったような気がします。
f0078320_03050356.jpg




f0078320_03053647.jpg




f0078320_03060371.jpg




f0078320_03062672.jpg





少し前は好みでは無いオヤツも律儀に受け取り床に並べていましたが、この日は床に並べた後で人が離れた後にゆっくり食べていました。
受け取る瞬間だけ鼻にシワが寄り怒っているようにも見えますが、サリーちゃんの癖のようで攻撃的になることはありません。
f0078320_03065976.jpg




f0078320_03072027.jpg




f0078320_03073727.jpg




f0078320_03075716.jpg





身体に触れることもできるのですが、緊張からか目が必ず泳いでしまいます。さりげなく避けようとする場面もありました。

職員さんのお話しでは、他のビビリっ子よりも
人馴れの進みが少しゆっくりなようです。






☆べん

1/9よりレポートに登場 (12/15引き取り収容)
▽5062 茶 オス(去勢済) 8歳 13.55キロ
飼い主募集中!!No.5062
5/29:撮影
f0078320_12403362.jpg




f0078320_12403866.jpg




以下先週レポートより転載しています。
ちびたろうの父親です。父親のべんは、食べ物への関心がとても高く、オヤツの気配に気づくとお座りしてオヤツを持っている人がくれるのを静かに待っていました。
f0078320_02430499.jpg




f0078320_02432328.jpg




f0078320_02435036.jpg




f0078320_02440961.jpg





オヤツをもらえると分かると2本足で立ち上がり可愛くアピールを繰り返していました。その際、前足を人に預けることなく上手にバランスを取っていました。オヤツを受け取るお口は優しく、上手に食べていました。
f0078320_02505189.jpg




f0078320_02510455.jpg




f0078320_02512667.jpg




身体や頭を撫でる時、一瞬だけ腰が引けたように感じましたが、人のそばから極端に離れることはありませんでした。
床に置いていたオヤツの袋にも、自ら頭を入れそうな食いしん坊さんです。
職員さんのお話しでは、父親であるべんの方が
ちびたろうを頼りにしているようで
ちびたろうが離れると、ヒンヒン鳴き寂しがる様子もあるそうです。



レポートは続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る