... TOPIX

環境省は動物福祉・動物愛護をリードできるのか?!

2018年6月8日、衆議院環境委員会にて、堀越啓仁衆議院議員(立憲民主党・市民クラブ)が質問に立ち、環境省、農林水産省に対して畜産動物福祉(アニマルウェルフェア)についての取り組みを促しました。

堀越議員はと畜場でOIEの動物福祉規約に違反している事例が見られることと、厳密には動物愛護管理法にも違反しているのではないかと指摘しました。

その事例として、

  • 鶏を処理する食鳥処理場で鶏を生きたまま壁に打ちつける、死に至らずもがき苦しんでいる子を放置している、鶏を処理するときにシャックルにたたきつける
  • 豚のと畜場でスタンガンを執拗に押し当てる

などの行為を挙げ、これらの行為が動物愛護の観点から指導が行われないことを指摘しました。

さらに、この2日前の厚生労働委員会で指摘された牛や豚にと畜前長時間に渡り水を飲ませないという問題についても引用され、これらが動物の習性を考慮しているとは言い難いと指摘しました。

一方で、環境省、農林水産省、厚生労働省の3省が担当者会議を行っていることを評価し、この取組の内容を質問されました。

亀澤自然環境局長

産業動物の適正な取扱いの推進に関する実施状況を共有するために、環境省では、農林水産省、 厚生労働省とともに定期的な打合せを行っているところでございます。前回の打合せにおいては、産業動物のアニマルウエルフェアに係る最近の対応ですとか、動物愛護団体からの要望等について、関係省庁間での共有を図ったところでございます。

さらに中川環境大臣からは動物愛護管理法の中で規定されている内容がそのまま述べられた後、

産業動物の適正な取扱いがなされるよう必要な対応について意見交換するなど、関係省庁と連携を強化してまいりたいと考えております。

と、一応の取り組みはなされることが確認できました。

環境省は動くのか?

環境省はたしかに担当者会議を開きはじめており、この店は評価できる点です。

しかし、この答弁から、アニマルライツセンターは希望をまったく見出すことはできないと考えています。先日の厚生労働大臣の答弁では、動物福祉については環境省が管轄であると述べられていますが、国際基準に全く追いつかない(追いつく意思もない)動物愛護管理法では、なにもできない、なにもやらないということとほぼイコールに聞こえます。そして、現在の環境省の動物愛護業務のほとんどすべてが犬と猫に費やされており、と畜場、農場での動物愛護、または動物福祉を管理監督する能力も意思もほとんどないのです。

動画は下記衆議院のサイトで見られます。
http://www.shugiintv.go.jp/jp/index.php?ex=VL&deli_id=48254&media_type=fp

畜産動物の苦しみをなくしたい、減らしたいと考えてくださる方へ

関連記事

ページ上部へ戻る