... TOPIX

Good news!!! ルクセンブルクが毛皮生産を禁止!

6月15日、ルクセンブルクは毛皮の生産を禁止したヨーロッパ10番目の国になりました。

新しい動物福祉法が制定され、その中で毛皮のために動物を飼育することが禁止されています。実際には、ルクセンブルクにはすでに毛皮農場が存在しないため、今後新たに建設することが禁止されます。

フェルナン・エトゲン農業大臣は、以下のように述べています。

Animal welfare legislation requires profound reform because of what scientific advances had revealed about animals, and because of changes in how animals are viewed by human society.

動物福祉の規制は、科学的進歩が動物について明らかにしたもののためと、人間社会が動物をどのように見ているかが変化したために、目覚ましい改革を必要としています。

また、ルクセンブルク政府評議会は、

Animals are no longer considered as a thing, but as gifted non-human living beings with sensitivity and holders of certain rights.”

動物はもはや物ではなく、感受性と特定の権利を持つ、才能あるノンヒューマンリビング(人間ではない生き物)だ

と述べています。

これらすばらしいコメントは、科学の発展と、倫理観の発展、人の思いやりの心の発展の末にあるものなのではないでしょうか。

この新しい動物福祉法には、この考え方が明記され、素晴らしいものになっています。

Accueil

ミンクファーム

出典:Joanne McArthur / We Animals

関連記事

ページ上部へ戻る