ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

7/3センターレポート 収容室①②③ 7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





【収容室①】3頭


※7/3レポート初登場(6/20収容)

▽18105 薄茶 メス 生後7ヶ月くらい 7キロ程度
18106・18107と3姉妹です。

野良の子犬だそうで、人馴れはもちろん
環境にも不慣れで、経験不足からくるビビリといった感じです。

固まる系ビビリでもあり
何をしてもほとんど抵抗はしませんでした。

ロープで引かれることには当然ながら慣れていませんので
ワタワタはしますが、ロープを噛み切るほどのパワーは無いようです。

皮膚の状態はあまり良くないですが
清潔にして栄養のあるものを食べていれば
自然と綺麗になりそうな感じです。

人馴れはまだまだこれからですが
頑なな感じでもありませんので
一日も早く家庭で人との暮らしを経験させる必要があるかと思います。


f0078320_02252382.jpg



f0078320_02252841.jpg






f0078320_02240576.jpg


f0078320_02235716.jpg


f0078320_02482223.jpg


f0078320_02482957.jpg


f0078320_02484638.jpg





※7/3レポート初登場(6/20収容)

▽18106 茶 メス 生後7ヶ月くらい 7キロ程度
18105・18107と3姉妹です。

3姉妹のうち、この子が一番小ぶりだったと思います。
同じように皮膚の状態があまり良くはありませんでした。

抱き上げても口が出る様子はなく
一瞬ワタワタしても、パニックになるほどではありませんでした。

素直そうな子なので、新しい生活にも
比較的早く馴染みそうです。

f0078320_02504913.jpg



f0078320_02283298.jpg


f0078320_02282644.jpg


f0078320_02505495.jpg



※6/19よりレポートに登場
▽柴 メス 10歳以上 7-8キロ(4/23収容)
f0078320_02340144.jpg


f0078320_02340671.jpg


f0078320_02341254.jpg

以下、先週レポートの動画コメントと共に再度紹介いたします。

先週は収容室③にいました。
お散歩へ出るためにハーネスと首輪をつけるとき、
まるでこの後外に出られるのがわかっているような
落ち着きがありました。
写真だとわかりにくいかもしれませんが、

動画では頭が左へ少し斜頸していることがわかります。
耳の中を確認すると外耳炎と思われる晴れと汚れが
ありましたので、斜頸の原因の1つかもしれません。
お散歩はリードの長さの範囲内で左右にフラフラすることが
あります。


引きは強くないので、一緒に歩くことにはそれほど支障は
ありません。
ドッグランでフリーになると、マイペースにのんびり
楽しんでいましたが、時折撮影メンバーの方へ
尻尾を振りながら近づいて来てくれました。






f0078320_12294194.jpg
f0078320_12295962.jpg
f0078320_12300888.jpg
f0078320_12301787.jpg
f0078320_12302673.jpg
f0078320_12303590.jpg
f0078320_12304404.jpg
f0078320_12305358.jpg





【収容室②】2頭


※6/19よりレポート登場(6/7収容)
▽18085 茶黒 メス 1歳ぐらい 10キロ程度

ロープでの誘導にも慣れてきたようで
自ら外に出てくるようになりました。

外に出るとどこに行ったらよいのかわからずに
ウロウロして隠れる場所を探しますが
それもできないとなると観念してその場で固まります。

触っても抱き上げても怒ったり口が出る様子はなく
基本的な性格は素直で穏やかなタイプだと思われます。

変に人と関わってきた過去がないので
人は未知なものであっても、恐怖の対象でもないようです。

人と一緒に生活する環境になれば、少しずつでも
心を開き、家庭犬に近づいて行ってくれると思います。
f0078320_02372622.jpg


f0078320_02373162.jpg


f0078320_02373689.jpg


f0078320_02375781.jpg


f0078320_02540505.jpg


f0078320_02541037.jpg


f0078320_02540088.jpg




※6/12よりレポートに登場(5/31収容)
▽18072 白黒 オス 3歳ぐらい 10キロ程度

ロープで誘導すると素直に出てきて
その後も隠れることもなく、おやつを人のそばで待つようになりました。
今までも食べ物を人にもらっていたのかもしれません。

終始落ち着いていますが
まだ手を差し出すと器用に身をかわしていました。

ずっと地域をウロウロして、食べ物だけは人からもらっていたとしても
密なコミュニケーションは取っていなかったでしょうから
触られることに慣れていなくても仕方にないことだと思います。

無理に触ったとしてもお口が出る様子は見られません。
f0078320_02390102.jpg


f0078320_02385619.jpg


f0078320_02562733.jpg


f0078320_02564298.jpg


f0078320_02563292.jpg


f0078320_02564859.jpg



収容室③ 2頭


※7/3レポート初登場 (6/25収容)
▽18110 茶白長毛 メス 2歳くらい 9キロ程度

あどけない表情で、時おり子犬にも見える子です。
とある多頭飼育の現場近くで捕獲されており
もしかすると人のそばで暮らしていた子なのかもしれません。
今の状況が飲みこめないのか、少しポーっとしていて
感情を出せていないような様子でした。

人との触れ合い自体はあまり慣れていないようでしたが
触っても抱き上げてもただ固まるのみで
されるがまま、口が出るような様子は見られませんでした。

おそらくは家庭犬らしい生活はしてこなかったでしょうから
人との暮らしの様々なことはこれから覚えていくことになるかと思います。

f0078320_02412210.jpg


f0078320_02412716.jpg


f0078320_02413246.jpg




f0078320_02590609.jpg



f0078320_02591391.jpg



f0078320_02591933.jpg





f0078320_02413760.jpg




※7/3レポート初登場 (6/20収容)
18107 黒茶 メス 生後7ヶ月くらい 8キロ程度
18105・18106と3姉妹です。


3姉妹の中ではこの子が一番動きがあり
ロープで引かれると少しバタバタしていました。
職員さんのお話でも
3姉妹の中で一番お姉さんっぽい子で、身体も他の2頭と比べて
少し大き目だとのことでした。
ストレスからか、左脇の下から腕にかけて
舐め壊したような形跡がありました。
傷はかなり深くなっていますが、センターでも治療を始めてくださっています。

他の2頭と同じで、抱き上げたりしても口が出ることはなく
抱き上げられると諦めて暴れることもありませんでした。

この子もまだ幼いので、一日も早く
家庭で心身共にケアできることを願っています。

f0078320_02443110.jpg





f0078320_02443669.jpg



f0078320_02444146.jpg



f0078320_02444805.jpg



f0078320_02445631.jpg

※7/5夜、3姉妹を子犬舎の同じスペースに移動させたとのことです。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る