ブログ

7/10センターレポート 4日目部屋  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。
ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)





暑い季節がやってきました。
高い位置に小さな窓が少しあるだけのこの部屋は
広いスペースはあるものの、暑さも厳しいです。
どの子も1年~2年をこの部屋で過ごしており、
なかなか人馴れも進みませんが
この暑さを何度も経験させたくはありません。
人馴れには時間がかかる子たちではありますが
暖かい手が差し伸べられる日がやってくることを
願ってやみません。
f0078320_05351377.jpg



※29/5/30よりレポートに登場(29/5/25他抑留所より移送)
▽4868 茶黒 オス(去勢済) 2歳ぐらい(6/19修正) 10.8キロ

いつものことではありますが、
この部屋に入ると一番奥で3頭一緒にいて、
少しずつ近づいていこうとすると、真っ先にこの子が
その場を離れて逃げようとします。
この日はいつも以上に慎重に少しずつ近づき
動こうとする度に「行かなくていい、逃げなくていいんだよ」
と声をかけながら近づいていくと、
いつもより我慢できる時間が長くなっていました。
それでも2mくらいまで近づくと我慢しきれずに
その場を離れていってしまいました。


黒ちゃんと黒茶ちゃんのそばに座りこんでいると
そこから一番遠い入口付近でじっと私を見ながら
佇んでいました。
いまだにおやつを近くに投げても
食べることができずにいます。
知らん顔をしているとタタタっと素早く
こちらの方に来てみたりしているので
人のことが単純に怖いだけではなく興味はあるのだと
思います。
なんとかこの子と仲良くなりたいのですが
なかなか近づけずもどかしい気持ちで一杯になります。
f0078320_05372970.jpg
f0078320_05374159.jpg
f0078320_05375015.jpg
f0078320_05375873.jpg
f0078320_05380609.jpg
f0078320_05381528.jpg
f0078320_05383016.jpg
f0078320_05384230.jpg




※28/8/2よりレポートに登場 (28/7/28他抑留所より移送)
▼4535 黒 オス(去勢済) 4-5歳 2-3歳 16キロ

この日、この子は黒茶の子と並んで座っている状態だったので
おやつをあげるチャンスだ!と思い、
この子の前に何個もおやつを置くと
最初は少し躊躇していましたが
すぐにパクパクとおいしそうに食べてくれました!
久しぶりにおやつをあげることができて
とても嬉しく思いました。


おやつも好みがあるようで、気に入らないおやつだと
見向きもしないのです。
この日持ってきたおやつは、この子が好きなおやつ
だったようです。
食べている様子を動画で撮ることができましたので
ご紹介します。



おやつを食べることができて少し余裕が出たのか、
もっと食べな!と何度もあげる時に
後脚を浮かせて座る独特なポーズでいたので
後脚をチョンチョンと触ってみたところ
全く怒ることもなく、気にする様子も見せませんでした。
おやつを目の前に持っていっても
唸ったり空噛みすることもありませんでした。
なんとか手から食べれるようになれば
もう少し警戒心も薄らいでいくのではないかと
期待しています。
f0078320_05404189.jpg
f0078320_05405382.jpg
f0078320_05410246.jpg
f0078320_05411209.jpg
f0078320_05412149.jpg
f0078320_05412842.jpg
f0078320_05413704.jpg




※28/8/2よりレポートに登場(28/7/28他抑留所より移送)
▼4536 黒茶 オス(去勢済) 2-3歳 5歳ぐらい 12キロ

この日はこの子にしては珍しく
横になった状態で伏せていました。
大抵の場合、お尻をつけて後脚を浮かせた
ちょっと変わったお座りポーズでいるのですが
こういう横になっている状態はめったに見られません。


この子はもうおやつを手から食べることや
身体を触ることは普通にできます。
早い動きをしたりすると、もしかするとまだ警戒して
お口が出ることもあるかもしれませんが
ゆっくり時間をかけて向き合うようにすれば
人への警戒心は少しずつでも解けていくものと
思います。


もっと人と接する時間を増やすためには
やはり家庭に入って常に人と一緒にいる環境にいること
しかないと思います。
まだまだ警戒心も持ち合わせているであろうこの子と
焦らずゆっくりと関係を築いてくれる方は
いらっしゃいませんか。
f0078320_05431102.jpg
f0078320_05432201.jpg
f0078320_05433251.jpg
f0078320_05434246.jpg
f0078320_05435081.jpg
f0078320_05440267.jpg



レポートは続きます。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る