... TOPIX

7/17センターレポート C部屋    2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。

ひなのんさん・時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







※7/10よりレポートに登場 (7/6引き取り収容)

▽18120 Aコッカースパニエル オス 9歳 10キロ 13-4キロありそうです。
f0078320_17593129.jpg



この日引き出した女の子のコッカーちゃんと同じ家からの男の子です。


ドッグランでの様子を撮影するためお散歩準備をしましたが、
騒いだり動き回ることもなかったので、1人でも問題なく準備できるかと思います。




リードを持つ人のペースに合わせて歩けます。
立ち止まればそばで大人しく待っていてくれます。
興味を引かれる物に近寄って行きますが、強い引きはありませんでした。
一緒に景色を見ながらお散歩する良いパートナーになってくれると思います。




ドッグランでフリーにすると、ゆっくり歩きながらぐるっと一周、
呼ばなくても人のそばに戻ってきます。
気付くと足元に寄り添っている様子は、とても愛しくなります。
ランの外を通りすぎる人や犬を見つけると小走りで近寄って行きますが、
吠えることは1度もありませんでした。


年齢の影響からか今までの生活環境の影響か、
後ろ足の筋力があまりないようで、全力で走ることはありませんでした。
後ろから見ていると若干ヨロヨロした動きには見えましたが
転んだりすることはありませんでした。


目やにとヨダレが酷く、同行メンバーが優しく拭ってくれましたが、
その際にも暴れたり逃げ回ることはなく
ニコニコしたりもたれ掛かりながら身を任せ、大人しく受け入れていました。


おやつもしっかり食べていましたが、手袋も一緒にくわえてしまう時がありました。
受け取り方が少しだけ雑に感じました。
もしかしたら距離感がわかりにくいのかもしれません。


トイレは女の子スタイル、必ずしゃがんでしていましたが
マーキングなのか膀胱炎でもあるのか、とても回数が多かったです。


性格は本当に穏やかで、とても人懐っこく人見知りもしません。

f0078320_18024729.jpg
f0078320_18031854.jpg
f0078320_18040548.jpg
f0078320_18014724.jpg
f0078320_18001708.jpg

f0078320_18010267.jpg
f0078320_18033627.jpg
f0078320_18042052.jpg
f0078320_18044480.jpg










※6/19よりレポートに登場(5月17他抑留所より移送)
▽18091 柴 メス 10歳以上 7キロ

f0078320_18120592.jpg


この日はドッグランでの撮影を予定していたのでお散歩準備をしましたが、
陰部からの出血が確認できたためヒートの可能性を考慮し、室内撮影のみとしました。


お散歩準備中はチョコチョコ動き、早く早く!とそわそわしていましたが
抱き上げてしまえば嫌がらずに準備できました。


とにかく嬉しそうにする姿は、シニアとは思えないほどに若々しく楽しそうです。


写真がブレてしまうため、抱っこでの写真が多くなってしまいましたが、
嫌がることも暴れることもなく、
逆に抱っこしているメンバーにもたれ掛かかる姿もありました。


f0078320_18104542.jpg
f0078320_18100016.jpg
f0078320_18051120.jpg
f0078320_18094157.jpg
f0078320_18102671.jpg
f0078320_18113064.jpg
f0078320_18114438.jpg

※以下以前のレポートよりコメントを引用します。
7/10:見る度に若々しく、元気になっていく柴ちゃんです。
以下、先週レポートよりコメントを引き継ぎます。

シニアとは思えないほど元気一杯のおばあちゃんです。
このところ、この子のようなシニアになった柴犬が
続けて収容されています。
10年以上も一緒に暮らしてきた我が子が
もしいなくなってしまったら心配ではないのでしょうか。
確かに少し目も白くなってきていますが、
まだまだ元気ですし、お散歩にも行きたいと思います。


左側にやや斜頸が見られるとのことですが、
そこまで気になるほどではないような気がします。
動きが早くて部屋の中を歩かせると
嬉しそうに動き回り、なかなか撮影ができなかったので
抱っこしてもらいましたが、抱っこもおとなしく
されていました。


身体も小柄ですし、集合住宅などでの飼育も可能だと思います。
小柄な女性でもさっと抱き上げることもできます。
この子にも最期まで決して手を離さずにいてくれる
ご家族の暖かい手が差し伸べられますように。











レポートは続きます。






関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る