... TOPIX

7/17センターレポート B部屋2頭・A部屋2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※A部屋のみ先週のレポートより転載します。
 乳飲み子たちは3頭とも元気にしていました。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






【B部屋】2頭

兄弟犬のダンディとワイルドですが
どちらも本当に人懐こく、人に対しては全く警戒心など
持ち合わせていない子たちです。
2頭で一緒に出しても喧嘩することもなく
おやつをあげる時にも争うこともありませんでした。
とにかくどちらも人に甘えたくて仕方がないようで
落ち着かせるのに時間がかかるほどでした。
f0078320_09043835.jpg
f0078320_09045147.jpg
f0078320_09050878.jpg






☆ダンディ
※6/12よりレポートに登場(6/11他抑留所より移送)
▽18079 黒 オス(去勢済) 2歳ぐらい 21.5キロ
飼い主募集中!No.18079

この日も元気一杯のダンディでした。
外に出して欲しくてケージの中でも大騒ぎで
ダンディの尻尾がケージのステンレスにバンバン当たる音と
ダンディとワイルドの私たちを呼ぶ声が響き渡っていました。


収容当初からダンディは甘えん坊で、

落ち着きなく動き回る元気な男の子、という印象でしたが
兄弟犬のワイルドが更に活発になってきたので
ダンディの方が少し落ち着いているように見えてきました。
それでもずっと元気よく動き回っています。


ただ、ダンディは人の声が届く子なので、

こちらで指示を出すとアイコンタクトがとれて
一生懸命指示を聞こうとする様子が見られます。
体格も大きいですから、たくさん運動させてやり
いろいろと教えていけば、とてもいいパートナーに
なってくれるものと思います。
f0078320_09001342.jpg

f0078320_09004032.jpg
f0078320_09010114.jpg
f0078320_09011436.jpg
f0078320_09012575.jpg




☆ワイルド
※6/12よりレポートに登場(6/11他抑留所より移送)
▽18078 黒茶 オス(去勢済) 2歳ぐらい 18キロ
飼い主募集中!No.18078

ワイルドは収容当初は控えめに甘えてきて
穏やかな甘えん坊さんだという印象でしたが、
環境に慣れてきたようで自我が出てきたようです。
ダンディ以上にハイパーになってきており、
いかにも「若い男の子」になってきました。
人に構ってもらうのが嬉しくてたまらないようで
とにかく飛びついたり動き回ったりして
おおはしゃぎしていました。


ワイルドは興奮状態の時にはなかなか人の声が伝わらず

落ち着かせるのに時間がかかってしまいますが
これも個別にしっかり教えれば
落ちつくことも覚えていけると思います。
人が大好きな子ですので、一日も早く大好きな人と一緒に
暮らせる環境にいれてあげたいです。
f0078320_09073366.jpg
f0078320_09074942.jpg
f0078320_09080128.jpg
f0078320_09081298.jpg









【A部屋】2頭


<A-I>

※6/26よりレポートに登場 (6/21引き取り収容)
▽18097 茶黒 メス 5歳ぐらい 8キロ程度

元飼育者は、知ってか知らずか、
身ごもった状態のこの子を飼育放棄しました。
収容された翌日センターで出産したお母さんわんこです。

犬達の鳴き声の中での子育ては、
落ち着かないかもしれませんが、
以前の生活よりは、
安全な子育てができているのではないでしょうか。

穏やかなお母さん犬で、
この子達のケージ扉を開けても、全く構える様子もなく、
手からオヤツを優しく受け取って食べてくれました。
ご飯もしっかり食べられており、器の中は空になっていました。

お乳もしっかり出ているようで、
仔犬達のお腹はパンパンで、好き勝手に動く子達を、
目だけは追ってジッとしていました。
子育て上手な母犬です。

収容前の環境が良くなかったのと、
仔犬に栄養をとられているのでしょう、皮膚の荒れがあり、
ところどころ脱毛もみられます。

子育ての役目を果たした後には、
この子に大きなご褒美がありますよう祈っています。

*残念なことに、一回り小さかった仔犬は、
亡くなってしまったようです。






<A-Ⅱ>

※7/10よりレポート登場 (7/5他抑留所より移送)
▽18117 茶 メス 6歳ぐらい 10キロ程度

環境の変化もあるのでしょうが、
かなりの臆病さんです。

ケージから出て来てもらうのにロープを掛けてみました。
きっと怖かったでしょうに、
でもその際、一切口が出たり唸るなどの行動はありませんでした。
しかし、引いてもまだ動くこともできずでしたので、
この日は、無理強いは止めて、私が中に入って様子を見ていました。

子育ての経験ありのお乳です。
顔には無数の古傷があり、
過酷な日々を過ごしてきたことが想像できます。

馴れて来ても、別犬になるほど変わるとは思えないぐらい、
穏やかなオーラを感じる子です。

置いたオヤツも、今はまだ食べる余裕すらありません。
身体を触ることはできましたが、表情一つ変えず、
ただただ今は時間が過ぎるのをジッと待っているといった様子でした。


次回も良く見て来たいと思います。









レポートは続きます。




関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る