ブログ

7/17センターレポート 子犬舎  5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさん・時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


一部先週レポートより転載しています





今週も、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






<2ー5>2頭










※7/3よりレポートに登場(6/20収容)
▽18105 薄茶 メス 生後7ヶ月くらい 7キロ程度
この日引き出したメスと18106と3姉妹です。


7/17撮影
f0078320_12020618.jpg
f0078320_12021513.jpg



f0078320_00294030.jpg
f0078320_00300065.jpg
f0078320_00302609.jpg
f0078320_00305042.jpg



私たちが子犬舎建物の中に入っても、そして小部屋に入っても、
顔を隠して必死に気配を消していました。
抱っこはすんなりできましたがビビりうんは出してしまいました。
とても良いうんちでしたし、以前確認できた皮膚の状態も
汚れてはいますが、ピンクの肌が見え
少しだけ改善したように見えました。


普段お世話している職員さんの話では、人がいると食事ができないとのこと。
撮影が終わってもご飯はそのまま残っていましたが、
夕方になって引き出し作業に行った時に見ると綺麗に完食してありました。




(※以下以前のレポートです)
野良の子犬だそうで、人馴れはもちろん
環境にも不慣れで、経験不足からくるビビリといった感じです。

固まる系ビビリでもあり
何をしてもほとんど抵抗はしませんでした。

ロープで引かれることには当然ながら慣れていませんので
ワタワタはしますが、ロープを噛み切るほどのパワーは無いようです。

皮膚の状態はあまり良くないですが
清潔にして栄養のあるものを食べていれば
自然と綺麗になりそうな感じです。

人馴れはまだまだこれからですが
頑なな感じでもありませんので
一日も早く家庭で人との暮らしを経験させる必要があるかと思います。






















※7/3よりレポートに登場(6/20収容)
▽18106 茶 メス 生後7ヶ月ぐらい 7キロ程度
この日引き出したメスと18105と3姉妹です。
7/17撮影
f0078320_12032735.jpg

f0078320_12033357.jpg



以下、先週レポートより転載しています。
f0078320_00235091.jpg



f0078320_00240070.jpg



f0078320_00242338.jpg



f0078320_00243383.jpg




この子も、人がいても特に慌てずじっとして気配を消していました。抱っこは少し抵抗し手を突っ張っていましたが、お口が出ることはありませんでした。
ビビりうんは大量に出ましたがとても良いうんちでした。


皮膚の状態はお腹側だけでなく後ろ足の太ももにも脱毛があります。


普段お世話している職員さんの話では、この子も人がいると食事はできないとのこと。
撮影が終わってもご飯はそのまま残っていましたが、
夕方引き出し作業に行った時には綺麗に完食してありました。

(※以下以前のレポートです)
3姉妹のうち、この子が一番小ぶりだったと思います。
同じように皮膚の状態があまり良くはありませんでした。

抱き上げても口が出る様子はなく
一瞬ワタワタしても、パニックになるほどではありませんでした。

素直そうな子なので、新しい生活にも
比較的早く馴染みそうです。



















<2ー7>1頭

☆ナイト
※29.2/14よりレポートに登場(29/2/3収容)
▽4709 黒(茶) オス(去勢済) 2歳 16.5キロ 


7/17撮影

f0078320_12060866.jpg

f0078320_12060268.jpg



以下先週レポートより転載しています。

f0078320_00341967.jpg



f0078320_00333674.jpg



いつ会ってもカッコいい!と思わせてくれるナイトです。
どんなにおやつが欲しくても、
お座りと声をかければ律儀に座って待っている姿はいじらしいです。
その割には小部屋から出るときに腰が引けたり、警戒して吠える姿を見ると、
信頼した人にだけ見せる姿や行動があるのだろうなと、
たくさんのナイトの良さが隠れているのかな?とワクワクさせてくれます。




(※以下以前のレポートです)
この部屋の様子を見に行った時
丁度、室内に開放して自由に遊ばせている最中でした。
ゴーヤに兄貴風吹かせるナイトですが
それでも自分より小さな子達の遊び相手になってあげているのもまたナイトで
実はゴーヤ含め、他の犬達にとても慕われているのだそうです。





この部屋の担当職員さんには
私たちに見せる顔とはまた少し違い
普通に甘えん坊の男の子のようになっていて
親し気に尾を振り、実に楽しそうでした。

この部屋は窓から柵で囲われた外に出られるように設計してあるのですが
内弁慶なナイトは自ら外に出ることはなく
その時は抱っこして外に出すのだそうです。

抱き上げた時、ワタワタとはしても
お口が出ることはないのだそうです。


新聞紙を丸めて
それを投げて取ってくる遊びが好きなのだそうです。
目を輝かせながら新聞を投げてもらうのを
今か今かと待つ姿は本当に可愛らしかったです。





遊び好きなナイトの一面が良くお分かりいただけるかと思います。
収容期限が長くなってしまいましたが
家庭に入っても十分やっていける子だと思います。

ナイトの良さを引き延ばしてくださる方と
ご縁がありますように。





<2ー8>2頭

f0078320_00362200.jpg


f0078320_00363145.jpg







☆ゴーヤ 
※29/10/24よりレポートに登場(29/10/10収容 )
▽5001 茶白 オス(去勢済) 1-2歳 8.25キロ



7/17撮影

f0078320_12084993.jpg

f0078320_12085623.jpg

f0078320_12090453.jpg


以下先週レポートより転載しています。

f0078320_00400554.jpg



f0078320_00385711.jpg



f0078320_00391260.jpg



f0078320_00392229.jpg





以前撮影した時には常に顔を壁に向け、
ある程度距離が離れていないとこちらを確認できない、
そんな印象が強かったです。
この日は顔を隠すことはなく、小部屋に入ってもそのまま、
目をそらすことも隠れるそぶりもありませんでした。
撮影のために近づいてみると、
どーしよーとあたふたしながら壁の方を向いて顔を隠してしまいましたが、
顔を上げてこちらをゆっくり見ていられる時間が長かったように感じます。



























以前のコメント↓転用します。
隣の小部屋の子と遊ぶ様子が見られるかと思い、
両方の小部屋の扉をあけたままにしておきましたが、
結局ゴーヤは出てきませんでした。
ただ、こちらの様子は気になるようで
常に顔はこちらを向けている状態が多いです。

近づいていくと緊張感が高まるようで顔を隠してしまいますが
顔や身体のどこを触っても攻撃的になることはありません。
ただ、身体を包み込むようにしようとすると
さっと移動してかわしてしまいます。
おやつも未だに食べることができません。

ここにいるままではなかなか人馴れが進みませんので
やはり常に人と一緒にいられる環境に
一日も早く置いてあげたいと願わずにはいられません。






※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ



7/17撮影

f0078320_12111043.jpg

f0078320_12112173.jpg




以下、い先週レポートより転載しています。

f0078320_00435410.jpg



f0078320_00442609.jpg



f0078320_00443822.jpg



f0078320_00445933.jpg



f0078320_00451898.jpg



以前撮影した時にはウロウロと活発に動き回っていましたが、
この日は終始壁に顔をつけ振り向くことはなかったです。
浮き上がった冬毛をゆっくり撫でながら抜いてみましたが
過剰にビクビクすることも暴れることもありませんでした。


お顔を見せてねと声を掛けながら向きを変えてもらうと、
大量のオシッコが出てしまい、
その場にうずくまって体まで濡れてしまいました。


手近にある新聞紙で濡れた場所を拭いている間もじっと動かず、
時が過ぎるのを待っているようでした。
汚れた新聞紙を変える時にやっと立ち上がり場所を移動してお顔を見せてくれましたが、
すぐに元の場所に戻り壁の方を向いてしまいました。


警戒心は増してしまったようですが、かといって攻撃的になることもありませんでした。
























この子もゴーヤと同じように、近づくと顔を隠して
気配を消そうと必死になってしまいますが、
遠くから見ている分にはこちらを気にしているようで
こちらをずっと見ています。
固まっている時に身体や頭を撫でても
抵抗することはありません。

小部屋の扉を空けてあげると素早く外に出てきて、
どこへ行ってしまったのかと思ってよく見ると
壁とこの部屋の扉の間に挟まるように隠れていました。
それでも少し離れたところから撮影すると
こちらを見ているので、人には興味がないわけではなさそうです。

とても綺麗なお顔をしているかわいい子です。
以前まで同じ子犬舎の一番手前の部屋に
母子が一緒にいたのですが、移動してしまったので
そちらの小部屋を覗きに行きましたが
いないとわかるとすぐに自分の小部屋に戻っていました。
以前、子犬たちを気にする様子が見られ
自分が産んだ子犬たちのことを思い出しているのかと
切なくなりました。
まだまだ若い子ですので、なんとか人を信用してもらえるように
優しく暖かい手が差し伸べられますように。




レポートは続きます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る