ブログ

クロスケ退院 生きてるけど変わり果てた姿

クロスケ帰ってきてます病院では、外に連れ出してトイレをさせている、と看護師さんが電話で言っていたけれど、クロスケを見た瞬間にすべてがわかりました病院での生活何を考えていたか、スタッフたちがどうだったのか毛玉が体にびっしりこびりついて凄い臭いハウスから出たら足がもつれて立てなくて私はすぐに後ろに回り腰を支えて立たせた後ろ足が突っ張り足の裏をつくことができないスタッフは 立てない子の首輪の金具を引っ張り首吊りみたいにして早くリードをつけろと催促すごく手が邪魔でつけられず『首輪を引っ張らないで』とリー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: GO!保護犬GO(猫も)~知る・見る・伝える→殺処分ゼロへ~

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る