ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

フランドル地域が毛皮農場禁止=ベルギーから毛皮農場なくなります

2018年7月22日、ベルギー フランドル政府が毛皮農場の禁止と、フォアグラ生産の強制給餌の禁止を決定しました。

2023年1月から施行され、それまでに現在ある17軒の毛皮農場は閉鎖をしなくてはなりません。しかし閉鎖するに当たりは補助金が出され、その額は早く閉鎖すればするほど多くなります。

現在17軒の農家で200,000頭のミンクが飼育されています。20年以上に渡り毛皮農場とフォアグラ生産の強制給餌の禁止を求めキャンペーンを行ってきたベルギーの動物権利団体GAIAは、このシステムを利用して一刻も早い全廃を望んでいます。

このフランドル地方での禁止は、実質的にベルギー全域での毛皮農場の廃止を意味します。これまでにベルギーの残りの2地域(Wallonia(2015年)とBrussels(2017年))ではすでに禁止されていましたが、この2地域には毛皮農場はなく、フランドル地方に集中していたためです。フランドル地域が禁止になったことにより、2023年からはベルギーではすべての毛皮農場がなくなります。

また、フォアグラの生産はベルギーではまだ禁止されていませんが、フランドル地域には1軒Bekegemse Foie Grasというフォアグラ生産の会社がそんざいしており、今回の法的禁止はこの1軒に適応されます。

https://www.gaia.be/nl/nieuws/dierenrechtenorganisatie-gaia-juicht-vlaams-verbod-op-pelsdierkwekerijen-en-dwangvoederen-toe

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る