ブログ

7/31センターレポート A部屋    3頭



※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。

メイマミさんのレポートです。
加筆・修正しています。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<A-I>

※6/26よりレポートに登場 (6/21引き取り収容)
▽18097 茶黒 メス 5歳ぐらい 8キロ程度

f0078320_16453458.jpg
f0078320_16454510.jpg
f0078320_16455283.jpg
f0078320_16460077.jpg
f0078320_16461803.jpg
f0078320_16462823.jpg
f0078320_16465696.jpg
f0078320_16470343.jpg
f0078320_16471784.jpg
人馴れは問題ありませんが、少々シャイなのか、
表情も変えず、こちらの様子を伺うところがありました。

とても穏やかで、歯が生え始めた子にお乳を吸われて痛いでしょうに、
黙って吸わせていました。

仔犬達に栄養をとられて、痩せています。
オヤツを差し出すと、ゆっくり近寄って来てくれ、
躊躇することなく手から受け取り食べてくれました。
きっとお腹が空いてると思いますが、
一度咥えたオヤツを仔犬達の中心に置きました。
わざとなのか、咥えなおすためだったのか、
それは当の母犬にしかわかりませんが、
取られても取り返すわけでもなく、叱ることもしませんでした。
感心するほど良いお母さん犬です。

仔犬が私達のそばに来た時も、
微動たりともせず、しかし仔犬から目を離すことなく見ていました。

仔犬達は、そんなお母さんに守られていますから、
情緒も安定していて、穏やかな子達です。
お腹もポンポコリンで、栄養状態も良さそうです。

子育てが終わったら、
大きなご褒美をあげたい気持ちです。
どうか、第二の犬生は不安なく過ごせますよう祈っています。






<AーⅣ>

※7/31 レポート初登場 (7/26他抑留所より移送)
▽18130 柴 茶白 オス(去勢済) 5歳ぐらい 10キロ程度

f0078320_16474848.jpg
f0078320_16475669.jpg
f0078320_16480383.jpg
f0078320_16481138.jpg
f0078320_16481991.jpg
f0078320_16482928.jpg
f0078320_16483864.jpg
f0078320_16484780.jpg
f0078320_16485651.jpg
f0078320_16490594.jpg
人馴れ問題ありません。

部屋に入った時は、まだ状況が良く分からなかったのか、
術後間もなくてだるさがあったのか、
ずっと伏せたままでしたので、
ケージから出さずに様子をみるつもりでいたのですが、
出入り口を開けたら、起き上がり自ら出て来ました。

この日見た限りでは、和犬気質は感じず、
身体のどこを触っても表情を変えることもなく、
抱っこも抵抗なくできました。

この日は余り体力を使わせないようにと、
早々にケージに戻しましたので、
次回もう少し様子を見て来たいと思います。





<A-Ⅱ>

※7/10よりレポート登場 (7/5他抑留所より移送)
▽18117 茶 メス 6歳ぐらい 10キロ程度
f0078320_16510033.jpg
f0078320_16511031.jpg
f0078320_16512130.jpg
先週の写真↓
f0078320_16513153.jpg
f0078320_16514254.jpg
f0078320_16515115.jpg
ケージの中で、息をひそめて気付かれないように、
静かに伏せていました。
まだまだ不安一杯で仕方がない様子でした。
この日はケージから出すのをやめました。

以下↓以前のコメントを転用します。
顔に無数の細かい傷がありますが
目の下の左右対称な脱毛は、また別の原因があるように思いました。
ただ、目自体には何も問題は見られないようです。


ケージの外に出すと、身を隠すところを探していましたが

すぐにあきらめてその場で固まっていました。
頭をなでたり、歯を見たりするときに抵抗することは
ありませんでしたが、ケージに戻すときに
下半分の扉を飛び越えられなさそうでしたので
後ろから抱え上げたのですが
その時は少し空カミする様子がありました。


ただ単に抱き上げられたりすることに慣れていないのだと思います。

いきなり生活が変わって、かなり困惑しているようなので
もう少し落ち着くまで様子を見守りたいと思います。



レポートは続きます。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る