ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

7/31センターレポート E部屋    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。

ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。





引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







<E-1>

※7/31レポート初登場(7/26他抑留所より移送)
▽18132 白長毛 メス 4-5歳 15-16キロ

ケージの奥で伏せたままじっとこちらを見ていました。
少し上目遣いで、警戒しているようにも見える表情でしたが、
ゆっくり手の甲を差し出すと、この子もゆっくりと顔を近づけ
匂いを嗅いでくれましたので、おやつを差し出すと
最初は匂いを嗅ぐものの食べることができず
下に置いてあげるとすぐに食べてくれました。
その後、再度おやつを差し出してみると
ゆっくりと顔を近づけて手から食べることができました。


身体や頭などどこを触っても拒否することもありませんでした。
まだこちらに来て間もないので環境に馴れていないというのも
あるかとは思いますが、とても大人しく、穏やかそうな子です。
ただ、頭を撫でようとした時に少し首をすくめる仕草をしたので
過去に頭を叩かれていたりしたことがあったのかもしれません。


この日は初めて会ったので、無理にケージ外に出すことはしませんでした。
伏せたままの状態でお腹を触ってみると
1円玉くらいの大きさのしこりを感じました。
乳腺腫瘍か何かかもしれません。
立ち上がった様子を見ることができなかったため、
お乳の様子などは見られず出産・子育て経験があるかどうかなどは
確認することができませんでしたので、
来週以降もう少し様子を見てみたいと思います。
f0078320_23404847.jpg

f0078320_23411367.jpg

f0078320_23413542.jpg

f0078320_23414816.jpg

f0078320_23420183.jpg

f0078320_23421206.jpg

f0078320_23422246.jpg

f0078320_23423324.jpg






<E-4>

※6/5よりレポートに登場(6/4引き取り)
▽18070 黒ラブ オス 11歳 20キロ

とてもこの年齢とは思えないほど元気一杯のおじいちゃんです。
ケージの中でもひとしきり「出せ!出せ!」と騒いでいましたが
ケージ外に出てくれば吠えることはありません。


外に出てくれば嬉しくてたまらないようで
とにかく部屋中を動き回り、落ち着きがありません。
何枚も撮影しましたが、どれもブレブレになってしまうほど
元気良く動き回っていました。
落ち着いてお座りしたりするには結構時間がかかりました。
後脚の筋肉が衰えているためか、お座りするとズルズルっと

後脚が流れてしまってじっとしていることができません。


ここまでずっと人を信頼して生活してきたこの子が
この年齢になってひとりぼっちになってしまい、
今まで自由だった環境も奪われて本当に気の毒でなりません。
残された犬生はそれほど長くないかもしれませんが、
人が大好きなこの子に、もう一度
人と一緒に楽しく過ごせて

二度と手を離さない方とのご縁がどうかやってきますように。
f0078320_23440199.jpg
f0078320_23441454.jpg
f0078320_23442372.jpg
f0078320_23444519.jpg
f0078320_23445523.jpg
f0078320_23450443.jpg
f0078320_23451729.jpg
f0078320_23452515.jpg




<E-5>

※5/29よりレポートに登場(5/24他抑留所より移送)
▽18055 茶黒白 オス 2歳 4歳(6/19訂正) 
 25キロ(肥満・適正体重13-14キロ)

この子も人が大好きな甘えん坊くんです。
ケージの中で大騒ぎしていましたが、外に出てくると真っ先に
この部屋のドアに駆け寄り、外に行きたい!と意思表示していました。
何度かお外に出してあげたこともありますし、
お散歩もしてもらったことがありますので
やはりお外に出るのが嬉しいのでしょう。
お散歩は引きもなく上手に並んであげるお利口さんです。
間違いなく人にお散歩もしてもらっていた、飼われていたことは
間違いないと思える子です。


収容当初は毛玉だらけのモコモコな状態で、
すぐに毛を刈ってもらいスッキリしたのですが、
よく見ると背中の部分や足などの皮膚の状態が良くなく、
毛の色が薄い為わかりずらいのですが、毛が伸びていない箇所が
結構あります。
かなり太っているのでダイエットが必要なのですが、
センターでも体重管理をしてくれているものの、
運動する機会が少ないので、なかなか減っていきません。
体重管理もそうですが、皮膚のケアも含めて
個別に家庭でケアできる環境においてあげたいです。
f0078320_23472615.jpg
f0078320_23473949.jpg
f0078320_23474858.jpg
f0078320_23475896.jpg
f0078320_23480617.jpg
f0078320_23481750.jpg
f0078320_23482782.jpg
f0078320_23483884.jpg




<E-6>

※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5178 白薄茶 メス 4歳ぐらい 13キロ程度

この子のケージを覗くと、ぐったり横たわったままで
ブルブル震えながらこちらに訴えるような眼差しで見つめていたので
どこか具合が悪いのか、この暑さで熱中症になったのか、と
心配して早めにこの子を出すことにしたのですが、
ケージの鍵を開けようとしたところ、
すくっと立ち上がり、いつもと同じようにしていましたので
とりあえずは安心しました。


しかしながら、あまりにもブルブルと震えていて、
今までここまで震えていることはなかったので、
どうしたのかな?と思ったのですが、
ロープをかけて外にでてきてもらいました。
しばらく震えてはいましたが、ゆっくりと身体を撫でてあげると
手からはおやつは食べれませんでしたが、
置いたおやつは食べてくれました。


こうして写真で見ても、収容当初よりもかなり表情が
柔らかくなってきたのがわかります。
最初は近づいただけで自分の身を守ろうと唸ったりしていた子が
今では人への恐怖心が少しずつ軽減されてきているものと
思います。
この子にも、どうか暖かい手が差し伸べられますように。
f0078320_23495288.jpg
f0078320_23502693.jpg
f0078320_23500648.jpg
f0078320_23501712.jpg
f0078320_23503553.jpg
f0078320_23504410.jpg
f0078320_23505300.jpg
f0078320_23510319.jpg



レポートは続きます。






  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る