ブログ

7/31センターレポート 旧子犬舎   4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。
ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。

※先週レポートより転載しています。
引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<1-1>2頭


※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  9ヵ月  9-10キロ(6/12修正)

収容当初の子犬らしさは影を潜め、
もうすっかり大人っぽい顔の男の子になってきました。
体つきもしっかりしてきて格好いい男の子になりました。
ただ、人が近づくと出来るだけ距離を取ろうとして
逃げていくのはあまり変わっていませんが、
逃げるスピードはそれほど速くはなくなってきました。


おやつを差し出してもまだ手から食べることは
できません。
身体を触ろうとするとやはり警戒してしまいます。
置いたおやつは、こちらが見ていなければ食べられる
とのことですので、もう少し時間をかけて
なんとか手からおやつを食べられるように
接していきたいと思います。
おやつを食べられるようになれば、また変化を
見せてくれるようになると期待しています。
f0078320_10292949.jpg
f0078320_10294643.jpg
f0078320_10295703.jpg
f0078320_10301299.jpg
f0078320_10302468.jpg
f0078320_10303359.jpg
f0078320_10304493.jpg





※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 4歳ぐらい 8キロ程度

この子も気がつけば来月で1年を経過してしまいます。
最近は部屋を閉め切っている状態であれば
逃げ回ることもなく隅でじっとしていますが、
この日はとても暑く、外スペースに出る窓が
開いていて、そちらへ移動していってしまいました。
私が外スペースに出て行くと、また距離を取ろうと
移動しそうになりましたが、


「大丈夫。何も怖いことしないよ。ナデナデは怖くないでしょ?」

と声をかけながらゆっくり近づくとその場でじっとしていて
身体や頭を撫でることができました。
何度かブラッシングをしてあげたこともあり、
人の手が怖いものではないということは
ようやく学習できつつあるのだと思います。
このタイミングで家庭に入って人と一緒に生活していけば
人を信頼してくれるようになるまで、
そう時間はかからないのではないかと思います。
f0078320_10324170.jpg
f0078320_10325508.jpg
f0078320_10331737.jpg
f0078320_10332729.jpg
f0078320_10333707.jpg
f0078320_10334843.jpg
f0078320_10335800.jpg
f0078320_10340770.jpg





<1-3>2頭

f0078320_10354674.jpg

※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  3-5歳? 12-3キロ

この日はこちらの小部屋のドアを開けっぱなしにしたところ
すぐに廊下に出てきて、以前と同じ棚の下に入ろうとしました。
そこには荷物が置いてあり、入り込むことができず
少し困った顔をして、棚の横に座りこみました。


いつものようにおやつを手から食べることは
全く問題なくできますが、やはり身体に触ろうとすると
人の手をじっと見つめて警戒心丸出しの表情をします。
お口を出すことで嫌なことを回避できると覚えさせたくないので、
決して咬む経験をさせたくなく
そのため、どうしても慎重に対応せざるをえません。


もうすぐここでの生活が2年を迎えてしまいます。
なかなか人を信用してくれるようになれないこの子にも
人を信用してくれる日は必ずやってくるものと思っています。
ただ、週に一度この子と接するというだけでは
時間が足りません。
簡単にいくことではありませんが、それでも
この子の心をゆっくりと溶かしてくださる方が
現れることを期待してやみません。
f0078320_10370657.jpg
f0078320_10372055.jpg
f0078320_10373113.jpg
f0078320_10374168.jpg
f0078320_10375377.jpg
f0078320_10380383.jpg
f0078320_10381387.jpg




※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい(6/19修正) 8-9キロ(6/26修正)

この子も同室の子と同じようなタイプです。
人に触られることを極端に嫌がり、
それでもおやつは手から食べられます。
食べられるというよりも、むしろ自ら進んでもらいにきます。
相当嫌なことでも過去にされたのでしょうか。
まだ幼いので、人への警戒心が強くなりすぎないように
なんとかしたいと思うのですが、なかなかうまくいきません。
同室の子に同調してしまっているのも気になります。


ただ、以前は近づくだけで唸ったりしていたのが
最近は唸る場面には遭遇していません。
それだけでもこの子にとっては進歩なのだと思います。
f0078320_10394347.jpg
f0078320_10395811.jpg
f0078320_10400637.jpg
f0078320_10402180.jpg
f0078320_10403049.jpg


レポートは続きます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る