ブログ

8/7センターレポート 収容室②③   3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく、この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。




今週も引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。







【収容室②】1頭



※6/12よりレポートに登場(5/31収容)
▽18072 白黒 オス 3歳ぐらい 10キロ程度

ケージからロープで誘導して外に出てくることには
もうすっかり慣れたようで、スタスタと出てきます。
おやつも手から食べれますし、パッと見た感じでは
人馴れしていて問題ないように思えますが、
やはりこの子はこの日も身体を触ろうとすると
身体をよじって拒否してきます。
その時にお口が出るようなことはないのですが、
過去に何か嫌なことをされた記憶が
残っているのかもしれません。


ただ、おやつを手からあげて食べた時に
そのままゆっくりとあごの下を撫でてみたところ、
それには拒否することなく、手を受け入れてくれました。
人のことをそこまで怖がっている様子もありませんので
やはり常に人と一緒にいて、
触られても何も怖いことはないのだよ、と
時間をかけて教えてあげることが一番だと思いました。
f0078320_11151736.jpg
f0078320_11161089.jpg
f0078320_11163324.jpg
f0078320_11164521.jpg
f0078320_11165536.jpg
f0078320_11170818.jpg
f0078320_11171972.jpg
f0078320_11173072.jpg







【収容室③】2頭


※7/31よりレポート登場 (7/20収容)
▽18129 柴 メス 9歳ぐらい 9キロ程度
(小さい乳腺腫瘍あり)

とにかく外に行きたいようで、ケージから出してあげると
真っ先に入口に向かって行きました。
この部屋の中をリードで誘導して歩かせてみても
人について上手に歩けるので、お散歩にも連れていってもらっていた
のがよくわかります。


よく見ると目が少し白くなってきていますし、
おやつを差し出してもなかなか気づかなかったりするので
シニアであることは間違いないかと思いますが
そう思えないほど元気一杯に動き回っていて
なかなか撮影できないので抱っこすることにしました。
それほど抱っこが好きだという感じは受けませんでしたが
おとなしく抱っこされていました。


お腹に小さな乳腺腫瘍があるようなのと、
少しお腹がぽてっとしていて、腹水などが溜まっているのではないかと
少し心配になりましたが、単なるぽっちゃりちゃんなだけかもしれません。
とにかくとても人懐こく、一緒に遊ぼうとする姿を見ていると
この年齢でひとりぼっちになってしまったこの子が
しのびなく思えました。
今度こそ最期まで一緒にいてくださるご家族とのご縁が
めぐってきますように。
f0078320_11202150.jpg
f0078320_11194668.jpg
f0078320_11200475.jpg
f0078320_11203726.jpg
f0078320_11204809.jpg
f0078320_11205931.jpg
f0078320_11211091.jpg
f0078320_11212155.jpg




※7/24よりレポート登場 (7/17収容)
▽18126 茶白 オス 2歳 11キロ程度

収容当初はロープで引かれることが怖くて
キャーキャーと声をあげていたようでしたが、
先週辺りからは大分環境にも慣れてきたのか
落ち着きが見えてきたとレポートされていました。
この日はロープをかけると自らゆっくりと
外に出て来て、ほとんど動くこともなくじっとしていました。
極端に怖がっているという様子もなかったですが、
この日この部屋に入ったメンバーが先週までとは違ったので
こちらの様子を伺っていたのかもしれません。


じっとしているだけでどこを触っても嫌がることもなく
ゆっくり身体を引き寄せてぎゅっと抱きしめると
身体をこちらに預けるように力が抜けていくのがわかりました。
実はとても甘えん坊なのかもしれません。
やはり緊張感もあったのか、手からおやつを食べることは
できませんでしたが、ケージの中におやつを置いて
ケージに戻すと、すぐにパクパクとおいしそうに
食べていました。


若い男の子ですが、落ち着きもあり穏やかな子のようです。
見た感じ、バセンジーが入っているのかなと思うような
柄と色合い、スタイルの良さが目立ちます。
もう少し環境に馴れてくると、本来の姿が見えてくるかもしれません。
f0078320_11225667.jpg
f0078320_11233070.jpg
f0078320_11234295.jpg
f0078320_11235551.jpg
f0078320_11241029.jpg
f0078320_11242624.jpg
f0078320_11243781.jpg
f0078320_11245247.jpg


レポートは続きます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る