ブログ

8/7センターレポート 旧子犬舎    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。
時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。

※一部コメント、レポートより転載しています。
写真は最新です。

引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<1-1>2頭


f0078320_01471309.jpg
f0078320_01472403.jpg
f0078320_01473478.jpg


※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳(8/9修正)  9-10キロ




f0078320_01570792.jpg


推定年齢1才となり、見た目はすっかり成犬となりました。
外を通ると建物の中からしっかりこちらを確認することができますが、部屋の中へ入ると人との距離を常に保ちます。
おやつを差し出しても食べる余裕が無さそうに見えますが、床に置いて小部屋の扉を締めるふりをしたらしっかり食べていました。
扉が開いている事に気づくと食べるのを止めてしまいましたが、おやつを食べたい!と思う気持ちがしっかりあるのだと思います。


前足の内側、後ろ足、尻尾の付け根など以前撮影した時より脱毛箇所が広がっているように感じました。


f0078320_01575423.jpg
f0078320_01581152.jpg
f0078320_01583167.jpg
f0078320_01585033.jpg
f0078320_01590513.jpg
f0078320_01593103.jpg




(以下、以前のレポートです。)
収容当初の子犬らしさは影を潜め、
もうすっかり大人っぽい顔の男の子になってきました。
体つきもしっかりしてきて格好いい男の子になりました。
ただ、人が近づくと出来るだけ距離を取ろうとして
逃げていくのはあまり変わっていませんが、
逃げるスピードはそれほど速くはなくなってきました。


おやつを差し出してもまだ手から食べることは
できません。
身体を触ろうとするとやはり警戒してしまいます。
置いたおやつは、こちらが見ていなければ食べられる
とのことですので、もう少し時間をかけて
なんとか手からおやつを食べられるように
接していきたいと思います。
おやつを食べられるようになれば、また変化を
見せてくれるようになると期待しています。





※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 5歳ぐらい(8/9修正) 8キロ程度

f0078320_02044731.jpg


小部屋へ入ると↑の子と一緒にワタワタ逃げ回りますが、ゆっくりした動きで近付けばじっとしていてくれます。
唸ったり威嚇することもせず、人の動きをよく観察しているように見えます。


この日はおやつを気にしているように見えましたが、受けとることはできませんでした。
おやつをお口の隙間から入れてあげると、しばらくおやつを咥えたままでしたが口を動かす音がして食べた!と喜んだのもつかの間、床に落としていました。
落としたおやつを確認すると数ヶ所噛んだ跡があったので、食べるか悩んで諦めてしまったのかもしれません。




f0078320_02050103.jpg
f0078320_02052129.jpg
f0078320_02053304.jpg
f0078320_02054640.jpg
f0078320_02055542.jpg




(以下、以前のレポートです。)

この子も気がつけば来月で1年を経過してしまいます。
最近は部屋を閉め切っている状態であれば
逃げ回ることもなく隅でじっとしていますが、
この日はとても暑く、外スペースに出る窓が
開いていて、そちらへ移動していってしまいました。
私が外スペースに出て行くと、また距離を取ろうと
移動しそうになりましたが、


「大丈夫。何も怖いことしないよ。ナデナデは怖くないでしょ?」

と声をかけながらゆっくり近づくとその場でじっとしていて
身体や頭を撫でることができました。
何度かブラッシングをしてあげたこともあり、
人の手が怖いものではないということは
ようやく学習できつつあるのだと思います。
このタイミングで家庭に入って人と一緒に生活していけば
人を信頼してくれるようになるまで、
そう時間はかからないのではないかと思います。





<1-3>2頭

f0078320_02365752.jpg
f0078320_02385894.jpg
f0078320_02394276.jpg
f0078320_02410730.jpg
f0078320_02420893.jpg
f0078320_02423802.jpg
f0078320_02424944.jpg

※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳くらい 12-3キロ


f0078320_03024933.jpg


小部屋の扉を開けると、迷う事無く定位置の棚に入り込みます。
かなり狭く感じますが、上手に座ってくつろぐ姿はお気に入りの場合なのかな?と思わせてくれます。


近づいても飛び上がって逃げたりはせず、差し出すおやつはとても優しく上品に受け取ってくれます。
おやつを持つ指に力を入れると、すぐに諦め強奪することはありません。


おやつを使って身体にタッチをしたり、ごまかしながら身体に触れることはできるのですが、触れる度にビクッ!ビクッ!と大きく反応し嫌がってしまいました。


1年前のセンターレポートでも今とあまり変わらない様子ではありましたが、
人との関わりが必ずしも怖くはないことを確実に学んでいると思います。


f0078320_03030454.jpg
f0078320_03035872.jpg
f0078320_03041207.jpg
f0078320_03044201.jpg
f0078320_03045448.jpg
f0078320_03050351.jpg
f0078320_03051593.jpg
f0078320_03052991.jpg
f0078320_03053751.jpg




(以下、以前のレポートです。)
この日はこちらの小部屋のドアを開けっぱなしにしたところ
すぐに廊下に出てきて、以前と同じ棚の下に入ろうとしました。
そこには荷物が置いてあり、入り込むことができず
少し困った顔をして、棚の横に座りこみました。


いつものようにおやつを手から食べることは
全く問題なくできますが、やはり身体に触ろうとすると
人の手をじっと見つめて警戒心丸出しの表情をします。
お口を出すことで嫌なことを回避できると覚えさせたくないので、
決して咬む経験をさせたくなく
そのため、どうしても慎重に対応せざるをえません。


もうすぐここでの生活が2年を迎えてしまいます。
なかなか人を信用してくれるようになれないこの子にも
人を信用してくれる日は必ずやってくるものと思っています。
ただ、週に一度この子と接するというだけでは
時間が足りません。
簡単にいくことではありませんが、それでも
この子の心をゆっくりと溶かしてくださる方が
現れることを期待してやみません。




※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ(8/9修正)

f0078320_03132918.jpg


同室の女の子↑が早々に廊下へと出てしまい、頼る相手が居なくなって心細いのか差し出したおやつを食べることができませんでした。
おやつを床に置いて離れれば食べることができました。


同室の女の子↑と一緒であれば落ち着いておやつを心待ちにしたり、余裕があるような姿勢をしてみたりします。
触れる範囲内に寄ると磁石のように離れていきます。
少し触れただけで大きく反応し身体を反らします。
かと言って、怖がって威嚇することはなくその後差し出したおやつは普通に嬉しそうに食べてくれました。


f0078320_03134136.jpg
f0078320_03135405.jpg
f0078320_03141145.jpg
f0078320_03142828.jpg
f0078320_03144922.jpg
f0078320_03150422.jpg
f0078320_03152030.jpg
f0078320_03153499.jpg
f0078320_03154424.jpg




(以下、以前のレポートです。)
この子も同室の子と同じようなタイプです。
人に触られることを極端に嫌がり、
それでもおやつは手から食べられます。
食べられるというよりも、むしろ自ら進んでもらいにきます。
相当嫌なことでも過去にされたのでしょうか。
まだ幼いので、人への警戒心が強くなりすぎないように
なんとかしたいと思うのですが、なかなかうまくいきません。
同室の子に同調してしまっているのも気になります。


ただ、以前は近づくだけで唸ったりしていたのが
最近は唸る場面には遭遇していません。
それだけでもこの子にとっては進歩なのだと思います。


レポートは続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る