ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

8/14センターレポート 別室     3頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく、この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


バロン母さんのレポートです。

コメントの一部は以前のレポートより引き継いでいます。


引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






☆サリー

※3/27よりレポート登場(3/22引き取り移送)
▽5136 茶 メス(不妊手術済) 3歳ぐらい 18,75キロ

8/14:規則正しい生活を送るうちに
いつのまにか身体が健康的に締まってきました。
身体が軽くなったためか、動きも出てきたように感じます。
f0078320_07273466.jpg




f0078320_07274316.jpg


f0078320_07275430.jpg





f0078320_11074714.jpg

サリーちゃんのお好みでないおやつだと
食べてもらえませんが、この日のおやつは
お口にあったようですぐにパクパク食べてくれました。

レポートを見て、これならサリーちゃん
食べてくれる?とおやつを差し入れしてくださる方もいて
多くの方が気にしてくださっているのだと思います。

職員さん達が毎日丁寧にこの子に接してくださっていますので
私たちは無理なスキンシップは避けていますが
少しでも人は怖くないと認識してくれるよう
週に一度ではありますが、おやつでコミュニケーションを続けたいと思います。



























☆リッキー

※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ

8/14:人がそばに行っても緊張することが少なくなり
笑顔らしい表情も増えました。
以前は職員さんが数人でリッキーくんを歩かせたりしていましたが

最近はリードでの誘導もすんなりいくようになったようで
私たちでもリードを引けるようにまで変化したリッキー君です。


f0078320_11081315.jpg







f0078320_11082214.jpg





f0078320_11082997.jpg

オトナの犬といった、貫禄を感じる子です。
少々びびりのようにも感じましたが、
深刻なほどでもなく、単に慎重なだけなのかもしれません。
人馴れが進むように、
日中は職員室で過ごさせてもらっていた時期もあったようですから、
そのお陰で、控えめながらも手からオヤツも食べてくれました。

以下↓以前のコメントも引き継ぎます。
ケージの扉を開いて撮影しようとしたら
立ち上がってこちらに近づいて来てくれたので
少し心開いてくれたのかとひとり喜んでいたら
職員さんから、「それ、逃げようとしたんですよ」と教えられガックリ。
リッキーくんはまだ隙あらば逃げようとするのだそうです。
まだまだ油断のならないリッキーくんです。

外に出す時は、なだめたり落ち着かせたりしながら
職員さん数人で対応しているようで
まだ馴らすのには時間が掛かるようです。











☆バズ

※5/15よりレポートに登場 (5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 10キロくらい


8/14:経験不足によるビビリっ子で
今でも不安なことがあるとお口が出てしまうようです。
ただ、旧子犬舎にいた時のように
飛びかかるような勢いは見られなくなりました。
ゆっくりであれば触られることにも抵抗はしません。
少しずつですが変化は確かに感じられますし
1歳になったばかりの若い子なので、まだまだ可能性に溢れています。

f0078320_11111868.jpg





f0078320_11121986.jpg





f0078320_11113408.jpg





f0078320_11114763.jpg


この子がランに出ているのを見た時は、大変有難くもあり、
そしてとても嬉しく思いました。
大切な時期でもある若い子の、頑なな警戒心を見ていたので、
それを解いてあげるためには、
少しでも人の存在を多く感じる環境が好ましいに違いないので、
今後少しでも警戒心が和らいでくれたら良いなと期待しています。

以前の部屋では、フリーだった分、
好き勝手にあちこちと逃げ回っていました。
ここではリードで繋がれていましたから、
一瞬逃げようとして少しパニックになってはいましたが、
行けないことに気付くと、意外と諦めも早くてジッとしていました。

良い方向に行くことを願っています。



レポートは続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る