ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

8/14センターレポート 収容室②③  7頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく、この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です。)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





収容室② 3頭


※8/14レポート初登場 (8/1収容)
▽18141 茶黒 オス 1歳ぐらい 16キロ前後

シェパードの血を確実に引いてそうな見た目の男の子です。
推定1歳とのことですが、もしかすると1歳未満の子犬かもしれないとのことで
歯を見てみたら、確かに真っ白で綺麗な歯をしていました。

捕獲地域は野良の多い場所なので
この子も殆ど人とは関わりなく生きてきたようです。

当然ながらロープで引かれることなどには全く慣れておらず
外に出す時は引かれることに抵抗して
トルネードしながらなんとか逃れようとしていました。

ロープを噛み、一生懸命逃れようとしていましたが
人へは歯を向けようとはしていませんでした。

身体や頭を撫でられることにも全く慣れていまい様子でしたので
この日は無理に触れるのはやめておきました。

まだ何が何だか分からず、不安で仕方がないのだと思います。
時間の経過と共に少し落ち着きが出てくるでしょうから
またよく観察してきたいと思います。

f0078320_00142149.jpg

f0078320_00155951.jpg

f0078320_00160542.jpg

f0078320_00174657.jpg





※6/12よりレポートに登場(5/31収容)
▽18072 白黒 オス 3歳ぐらい 10キロ程度

散歩にも出ているこの子は、ロープにも全く抵抗感は無くなったようで
自分からすんなりと外に出てきます。
外に出ると、トイレを済ませるまでは少しソワソワしています。
トイレを済ませると、おやつがもらえることを学習していて
自分から人のそばに寄ってくるようになりました。
手からおやつを食べ、その様子からは殆ど警戒心は感じられません。

しかし、触れようとするとまだするりと身をかわして
必要以上には関わろうとはしません。
地域で餌をもらいながら独りで生きてきた子なので
人とは一定の距離を保つことが安全なのだと身についているのだと思います。

少しずつ人との生活に馴染めるように
日々経験を積ませることが今のこの子には必要なのだと思います。
f0078320_00202599.jpg

f0078320_00203199.jpg

f0078320_00203913.jpg

f0078320_00204490.jpg

f0078320_00204804.jpg

f0078320_00205396.jpg






※8/14レポート初登場 (8/7収容)
▽18145 茶鼻黒 オス 1-2歳 8-9キロ
左後脚負傷

一見可愛らしい子犬のようですが成犬で
後ろ肢の踵から下が何かの罠に掛かったのか
千切れたようになっていて、骨が露出していました。
出血はしておらず古い傷でも、真新しい傷でもないようだとのことです。

この子も野良に近い生活をしてきた子なのか
人馴れはあまりしていないようでしたが
選定時は詳しく見るためあちこち触ったそうですが
口が出るなどの行為は見られなかったとのことです。

おやつは手から食べられましたので
仲良くなるきっかけは掴みやすい子だと思います。

手が負傷した足先に近づいた時は唸っていましたので
まだ痛みがあるのだと思われます。(T獣医師にお伝えしました)

ひどい傷を負っています。これが人間なら泣き叫んでいてもおかしくはありません。センターでも当然治療はしてくれていますが設備の整った病院での治療が必要と思われます。


f0078320_00250423.jpg

f0078320_00250930.jpg

f0078320_00251499.jpg

f0078320_00251964.jpg





収容室③ 4頭

この2頭は一緒にいたところを捕獲されたそうで、おそらく姉妹か何かだと思われます。
マイクロチップが入っていたため
センターから当然連絡を取ったそうですが、お迎えに来ることはありませんでした。

仲の良い2頭なので、それぞれのケージから一緒に出してみましたが
おやつも争うことなく2頭一緒になってねだる姿はとても可愛らしく、こんなに愛らしい2頭がどうしてこのような状況に陥ってしまったのか・・。

この子達は7歳で、7年ほど前に柴のブームでもあったのでしょうか。
このところあまりにも、シニアの柴の収容が多いです。
f0078320_00312034.jpg

f0078320_00312571.jpg

f0078320_00313099.jpg

f0078320_00313585.jpg




※8/14レポート初登場 (7/26他抑留所からの移送)
▽18144 柴 メス 7歳 7-8キロ

スラリとした柴も多い中、手足や首が短く太めで
全体的にコロンとした柴犬ちゃんです。
もう一頭の子よりはやや身体が大きいですが
それでも充分小ぶりです。

毛並が良く、見るからに健康そうです。
抱き上げても抵抗したり怒ったりすることはありませんでした。

おやつは手から食べられ、目をキラキラさせながら
おやつをもらっていました。

人を疑うよう様子もみられませんので
ちゃんと可愛がられた時期もあったのかもしれません。

7歳とは思えないほど若々しいこの子に
二度と手を離さない責任と愛情を持ち合わせた方とのご縁がありますように。
f0078320_00314738.jpg

f0078320_00315133.jpg

f0078320_00315699.jpg

f0078320_00320250.jpg




※8/14レポート初登場 (7/26他抑留所より移送)
▽18143 柴 メス 7歳 6キロ程度
オレンジ色首輪(識別するためにセンターでつけたものです)

人馴れ抜群で、柴らしく少しマイペース
お茶目で可愛い女の子です。 
抱っこされることにも慣れています。
どこに触れても怒ることはなく、あまり気にもしない様子でした。
6キロ程度と小ぶりで、女性でも片手でひょいと抱っこできます。

様子を見ていると、この子の方がやや感情が声に出やすいと思いました。
と言ってもネガティブなものではなく
「早くこっちに来てよー!」とか「トイレー!トイレに出してー!」
と言うような、人に伝えたいことを声に出すといった感じです。

狭いケージなどには慣れていないようで
ストレスが溜まるのか、時折甲高い声を出していました。
室内を自由に歩かせている時には
騒いだりすることはありません。

この子も姉妹犬と同様に、二度と路頭に迷わせないような
責任感のある飼い主さんと巡り会えますように。
f0078320_00342803.jpg

f0078320_00343472.jpg

f0078320_00344336.jpg

f0078320_00344879.jpg

f0078320_00345844.jpg







※7/24よりレポートに登場 (7/17収容)
▽18126 茶白 オス 2歳 11キロ程度

狭いところはかなり苦手な様子で
部屋に人気を感じると、終始出してくれと甲高い声を出して
一生懸命アピールしてきます。
見るからに活発そうで、自由に走り回ることが好きそうです。
手足もマズルも長めで、何かの猟犬の血が入っているのでしょうか。

先週のレポートでは、身体を包み込むように触れてみたようで
その時に怒ったり口が出るようなこともなかったそうです。

時々撮影中に他の子にケージの中を覗いていますが
威嚇のような行為は見られません。

ロープで引かれることにも抵抗しないので
一日も早く、たくさん散歩に連れ出してもらえる環境に置いてあげたいです。
f0078320_00432988.jpg

f0078320_00433475.jpg

f0078320_00433941.jpg

f0078320_00434496.jpg

f0078320_00435017.jpg

f0078320_00435553.jpg







※7/31よりレポートに登場 (7/20収容)
▽18129 柴 メス 9歳ぐらい 9キロ程度
(小さい乳腺腫瘍あり)

抜群の愛くるしさで、コロコロとよく動き回り
見ただけではシニア犬とは思えないほど元気があります。
ただ、身体が小さいのでパワフルとまでは感じません。

先週までは感じなかったのですが
毛が全体的にチリチリとしていて
触るとザラザラして結構荒れているような気がしました。

とても人懐っこい子ですし、今までは人のそばにいたのでしょうから
急に独りになり、ストレスから毛をガジガジ噛んだりかきむしったり
しているのかもしれません。

こんなに愛らしい子が、シニアになってからぽいっと
簡単に放棄されてしまうことが不思議でならないですし
憤りを感じます。

元飼い主が探している可能性もあるかもしれませんが
迷子札ひとつついてさえいたら、家に帰れたはずです。
本当の意味で守り抜いてくれる方とのご縁がありますように。
f0078320_00470118.jpg

f0078320_00470782.jpg

f0078320_00472577.jpg

f0078320_00474794.jpg

f0078320_00475611.jpg

f0078320_00480331.jpg


レポートは続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る