ブログ

9/25センターレポート E部屋    5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



猫の手さんのレポートです。
加筆・修正しています。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい) ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★「あの子はどうなりましたか?」との安否確認のみの問い合わせは、
どうかご遠慮ください。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





<E-3> 


☆ラン
※9/25レポート初登場(9/12収容)
▽18185 茶鼻黒 テリアミックス メス 生後約5-6ヵ月 10キロ程度
f0078320_21311094.jpg


パッと見て若い子と思いましたが、表情がとてもあどけなく
歯を見るとまだ乳歯が残る仔犬さんでした。
推定5-6ヵ月の割には体は大きく、手足も大きめです。
今は痩せていますから、成犬時15キロは超えるように思います。


環境に慣れていないため、猫をかぶっておとなしくしているのか、
仔犬とは思えないほど穏やかで落ち着いていました。
人に対して緊張する様子も見られず、ロープをかけることにも抵抗せず、
ちょっとの誘導でケージから出てきてくれました。
f0078320_21314966.jpg
f0078320_21313339.jpg
f0078320_21313882.jpg
f0078320_21314532.jpg
ケージから出てもわちゃわちゃすることもなく、
お口を触っても、手を握っても、体のどこをなでても問題ありません。
抱っこは慣れていないのか緊張が見受けられましたが、
暴れることもなくその状況を受け入れていました。
f0078320_21315547.jpg
f0078320_21320189.jpg
f0078320_21311094.jpg
人に対する恐怖心や疑心は一切見られませんから、
攻撃性はまったくないと言えると思います。
短期間ではあっても人と暮らした経験があったのだと思います。
それなりにかわいがられていたのかもしれません。
慣れてきたら仔犬本来の姿を見せてくれると思いますが、
今すぐ家庭に入っても問題なく暮らせる子だと思いました。
とてもかわいらしい新入りさんです。
引き続き、どんな変化を見せてくれるのか、見守っていきます。


<E-4>

※6/5よりレポートに登場(6/4引き取り)
▽18070 黒ラブ オス 11歳 20キロ
元気すぎてまともな写真がなくてごめんなさい。
f0078320_21543383.jpg
以前のレポートより転載しています。
お散歩にも時折出られているためか
後肢の踏ん張りが少し利いているように感じました。
でもずっと立ち続けているとやはり少しフラッとしていましたが
だからと言って歩行が困難なわけではありません。
若い犬に負けじと良く吠えたり、尻尾をブンブン振り
ケージの壁に当ててバンバンと大きな音を立てたり
構ってほしくて一生懸命アピールする愛らしい爺ちゃんです。
水を飲みほしていて空になっていたので
新鮮な水を差し出すと、美味しそうに音を立てて飲んでいました。

ラブらしく動きは活発で、カメラになかなか収まってくれません。
やっと撮れた写真はどれも笑顔に溢れています。

人のそばで暮らしていく姿が容易に想像できます。
決して若くはありませんが、まだまだ人と一緒に刻む時間はたっぷりある
愛すべき爺ちゃんワンコです。
愛情あふれる方とのご縁がありますように。
f0078320_21544025.jpg
f0078320_21544471.jpg
f0078320_21550143.jpg
f0078320_21550718.jpg
f0078320_21551389.jpg
f0078320_21544895.jpg

9/25レポート記お初にお目にかかりますが、本当に11歳ですか?そう思うほど元気で活発。じっとしていません。ブレブレの写真ばかりでした。確かにマズル周りは白くなっていますが、毛艶もよく、目もきれいです。さすがに奥は歯石がついていましたが歯もきれいなほうだと思います。筋肉もしっかり張りがあって意外と若いようにも思いました。
人の目をよく見る子です。それもオドオドして伺い見る感じではなくとてもうれしそうなのです。ただただ甘えたくて仕方がないのだと思います。11歳には見えないとは言っても、犬生の折り返しは過ぎている子です。後半生を、愛情いっぱいのんびり過ごしていいよと迎えてくださる方、大募集です。




<E-6>

※5/1よりレポートに登場 (4/26他抑留所より移送)
▽5178 白薄茶 メス 4歳ぐらい 13キロ程度 14キロ程度
f0078320_22132461.jpg

以前のレポートより転載しています。
一日中あまり動かないためか
以前よりもお腹周りにお肉が付きぽってりしたように感じました。
本来はスタイルの良い、白っぽい被毛が美しい美犬さんです。
f0078320_22131095.jpg
人が部屋に入ると、いつもこの態勢のまま小刻みに震えています。
差し出したおやつも人が見ていると緊張してなかなか食べられませんが

この日はメンバーがとても嗜好性の高いおやつを持っていたので
それを鼻さきに持って行ったところそっと食べてくれました。

最初の頃は人が近づくと唸っていたこの子も
ロープを掛けて外に出すと意外に抵抗が少なく
その時に触れても口が出る様子は見ている限りではありません。
家庭に入って人との暮らしを開始できれば
かなり変化が見られると思います。

f0078320_22133886.jpg

f0078320_22133277.jpg


f0078320_22131578.jpg

f0078320_22134275.jpg
f0078320_22134649.jpg
9/25レポート記
3ヵ月ぶりに会いましたが、以前はケージの隅っこから動くことができなかったのに、
ロープをかけて、少しだけ強めに誘導すると出てきてくれましたし、体を触っても唸ることももなく、随分慣れたな~と思いました。でも、緊張のあまり後ろ足が震えてしまうし、しっぽは収納したままです。ここまで来るのに3ヵ月かかったこの子を、がんばったねと受け入れ、時間をかけてゆっくり見守ってくれる家族のお迎えを待っています。





<E-7>

※9/18よりレポートに登場 (6/27引き取り収容)
白黒 オス 3歳ぐらい 10キロ程度 疥癬治療
f0078320_22344329.jpg
以前のレポートより転載しています。
最初に白黒の男の子を見た時は
脱毛があり、所々赤味を帯びていて
とても痛々しい姿でしたが、疥癬治療の甲斐あり
かなり綺麗になり、パッと見は皮膚疾患があったことなど
全くわからないほどになりました。

3ヵ月程度の子犬が、この子の部屋に勝手に入ってしまったそうですが
攻撃するでもなく、とても仲良く過ごしていたので
精神的にも相棒がいた方が良いだろうと
そのまま一緒に過ごさせているそうです。

オスでまだ未去勢の子なのに、この白黒くんはすごいです。
頭や身体に乗っかられても一切怒らず
差し出したおやつを子犬が食べても全く気にしない様子でした。

女性の方が心を開きやすいのかもしれないとのことで
男性職員には唸ることもあるそうですが
不安からくるものだと思われます。
f0078320_22341243.jpg
f0078320_22374957.jpg
f0078320_22375703.jpg
ブレブレですがじょうずにおやつを食べてくれます。
f0078320_22381162.jpg
f0078320_22381650.jpg
f0078320_01005518.jpg

9/25レポート記親子と思うくらい同室の仔犬さんと仲良しです。
でも、かわいらしいお顔で結構頑固。
自分がここと決めた場所から動いてくれません。
ウンチの新聞を変えるためちょっと強引に動いてもらいましたが、
威嚇も攻撃もなく、2頭して同じように移動し、
また元の場所に戻ってお地蔵さま状態でした。
手の上に乗せたおやつもそっとじょうずに食べ、

横からおチビちゃんが食べても怒ることはありません。
仔犬への接し方を見ても優しい子だと思います。

食いしん坊なので、家庭に入ると案外早く人馴れするのかなと思いました。







※9/18よりレポートに登場 (9/12収容)
▽茶 メス 生後3か月ぐらい 4キロ程度


写真コメントとも以前のレポートより転載しています
f0078320_13244685.jpeg


人馴れはまだ不十分な子犬ちゃんですが

白黒の子を見習って、手からおやつを食べてくれました。

母犬に甘えるように、白黒の男の子に寄り添うことができて
精神的にはとても良いのだろうと思います。

今はまだ人に対してビクビクしていますが
すぐに馴れるかも知れません。
f0078320_01010691.jpg
f0078320_01011127.jpg
f0078320_01011536.jpg
f0078320_01012054.jpg
9/25レポート記
白黒ちゃんおかげで息をひそめるようにしていたので
相当のビビリちゃんかと思いましたが、
ケージの中に入っておやつを上げると、
横からちゃっかり顔をだし、ためらいなくおやつを食べます。
そばにいても震えることもなく、
家庭に入るとすぐに甘えたさんになる気がします。







レポートは続きます。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る