ブログ

10/2センターレポート A部屋    4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。
ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。
今週も引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





偶然だとは思いますが、この部屋に新たに柴犬が3頭
収容されていました。
どの子もオスですが人馴れは全く問題ない子ばかりで
なぜここにいるのか不思議なほどの子たちです。
最近、柴犬の収容が多いように感じます。
柴犬は確かに頑固な面もあるかもしれませんが
しっかりと信頼関係が築ければ、最高のパートナーになる子たちです。


子犬の時にとてもかわいいからと安易に飼って

世話ができなくなった、躾ができない、病気になった、歳をとったから・・・
などという人間の勝手な都合で手放されることは
決してあってはならないことです。
家族として迎えた大事な命は
どんな理由があったとしても必ず最期まで責任をもって飼う
ということが当たり前のことでありますように。


<A-IV>

※10/2レポート初登場 (9/18収容)
▽18193 柴 オス 6歳ぐらい 8-9キロ

人馴れ抜群の柴犬の男の子です。
ケージから出すとちょこまかと動き回り
かわるがわる人に甘えていました。
おやつは手から食べることができますが
勢いよくがっついて手まで食べそうな勢いでした。
抱っこもすることができましたが、
すぐに降りたがりましたので、あまり得意ではないようです。


とにかくずっと元気に動き回っていて
写真もブレブレになってしまいました。
人が大好きな子ですので、ひとりぼっちでいるこの環境は
この子にとっては辛いと思います。
たくさんかわいがってかまってくださるご家族に
ぜひ迎えていただきたいと願っています。
f0078320_11294584.jpg
f0078320_11232906.jpg
f0078320_11245704.jpg
f0078320_11251356.jpg
f0078320_11252783.jpg
f0078320_11254050.jpg
f0078320_11255460.jpg





<A-VII>

※10/2レポート初登場 (9/28他抑留所より移送)
▽18195 柴 オス 6歳ぐらい 10.15キロ

少しシャイで控えめな男の子です。
それでも身体を触ったり、頭を撫でたりすることには
抵抗することはありませんでした。
人馴れは問題ありません。
抱っこも問題なくすることができましたが、
緊張した表情でしたので、あまり抱っこされた経験が
ないのかもしれません。


同じぐらいの年齢と思われる↑ の子よりも
とても落ち着いており、飼い易そうな印象を受けました。
おやつには全く興味を示さなかったのですが、
しばらく触れ合ってから再度差し出してみると
ようやく少しずつゆっくりと噛みながら食べていました。
ケージの外に出した時にはシャイな様子を見せていましたが
撮影が終わってケージに戻してから少しすると
背伸びをしてケージを一生懸命カリカリと引っ掻き
「お外がいいよ。もう一回出して!」と意思表示していました。
ただ、その時にも吠えることはありませんでした。
一緒に暮らしたらとても良いパートナーになりそうです。
f0078320_11325165.jpg
f0078320_11330972.jpg
f0078320_11332569.jpg
f0078320_11334069.jpg
f0078320_11340044.jpg
f0078320_11351244.jpg
f0078320_11341855.jpg




<A-VIII>

※10/2レポート初登場 (9/28他抑留所より移送)
▽18194 柴 オス 10歳ぐらい 8.35キロ


今回新たに紹介する柴犬3頭の中で
一番細身な子です。
人馴れは全く問題なく、身体のどこを触っても
嫌がったりするようなことはありませんでした。
年齢からくる落ち着きなのかもしれませんが、
とても穏やかで落ち着いている様子がうかがえました。


ケージの中を見ると、水っぽい下痢をしているようでしたが
フードの中には薬が混ぜてあり、職員の方も把握していて
しっかりケアしてくれているようで安心しました。
おやつも優しくゆっくりと手から食べてくれました。
抱っこも問題なくさせてくれました。
抱かれ方も慣れている印象を受けましたので
以前は抱っこされてかわいがられていたのかと思うと
切なくなります。
今度こそ最期まで一緒にいてくれるご家族のもとで
幸せに暮らしていけますように。
f0078320_11375874.jpg
f0078320_11373928.jpg
f0078320_11381131.jpg
f0078320_11383646.jpg
f0078320_11385055.jpg
f0078320_11390528.jpg
f0078320_11391885.jpg




<A-V>
※9/25よりレポート登場  (9/11収容)
▽18188 薄茶白 オス 7歳ぐらい 13キロ程度

ケージの中で「早く出してよ!」と吠えてアピールしていました。
外に出すために、
ドアを小さく開いてロープをかけようとしましたが、
「ロープなんてかけられてたまるか!」とでも言いたげに
狭い隙間から外に飛び出してきました。
アーモンド型のきりっとした瞳が印象的です。


シニアにさしかかっている年齢ではありますが
まだまだ元気一杯です。
しきりに入口に駆け寄り、外に行きたい!と意思表示していました。
ロープをかけた状態で部屋の中を歩かせてみたところ
とても上手について歩けていたので
お散歩も上手にできそうです。


人馴れももちろん問題なく、身体や頭を撫でられたりすると
とても嬉しそうな表情をしていました。
ケージの中は全く汚れておらず、綺麗好きなのかもしれません。
運動能力は高そうな子ですし、外に出たがる様子から
脱走対策などもしっかりとする必要がありそうです。
この屈託のない笑顔を丸ごと受け止めてくださる方に
出会えますように。
f0078320_11422454.jpg
f0078320_11420525.jpg
f0078320_11424022.jpg
f0078320_11425477.jpg
f0078320_11430769.jpg
f0078320_11432274.jpg
f0078320_11433550.jpg



レポートは続きます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る