ブログ

10/9センターレポート 子犬舎3頭・旧子犬舎4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。
ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


※先週レポートより一部情報を更新しています。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。






旧子犬舎 4頭



<1-1 2頭>

※29.8/29よりレポートに登場(29.8/22収容)
▽4950 茶白黒 オス 5歳ぐらい(8/9修正) 8キロ程度

10/9 : 以前に一度メンバーが抱っこしたことがあり
ブラッシングなどもできる子ですが
今現在は触れてみてどうなのか気になり
時間を掛けて撫でてみました。

最初は逃げ回っていたものの
途中から大人しくその場で固まったので
ゆっくり撫でてみましたが
唸ったり歯を当てたりなどの行為は見られませんでした。



とても大人しい子で、お世話をする職員さんのお話では
同室の子におやつを取られても
賢く一歩下がって争いを避けるのだそうです。

毎日会う職員さんにもまだ自ら近寄って行くことはないそうで
心を開かせるには、やはりもっと人と一緒に過ごす時間が必要なのだと思います。

すばしっこく逃げますが、逃げられない状況になっても攻撃に転じてしまうことはなく、
性格は穏やかなタイプだと思います。

ビビリっ子が多いこちらのセンターでは
特別手が掛かるほどのことはなく
長居してしまうような問題がある子ではありませんが
たまたまのタイミングで長く滞在することとなってしまいました。

家庭に入ったら、意外に早めに良い方向に豹変するかもしれません。
どうかお気に留めていただければと思います。
f0078320_01002214.jpg


f0078320_01002863.jpg


f0078320_01004334.jpg


f0078320_01012656.jpg






※3/6よりレポートに登場 (3/1他抑留所より移送)
▽1536 茶 オス  1歳(8/9修正)  10キロ前後

同室の子とは問題なく過ごしていますが
職員さんのお話では
犬同士だと少し強気なタイプかもしれないと仰っていました。

と言っても、子犬の大切な時期にセンターに収容され
以来、限られた世界で生きてきていますので
社会性が学べていないだけだと思います。

近づき過ぎると少し唸りますので
この子の意思表示と捕え、それ以上はしつこくしないように心がけました。

おやつは少し離れれば食べることができますので
食べ物を使って少しでも近づくことができればと思っています。
f0078320_01035321.jpg


f0078320_01040117.jpg


f0078320_01034551.jpg






<1-3>2頭


※28/8/2よりレポートに登場(28.7/28他抑留所より移送)
▽4537 薄茶 メス  5歳ぐらい 12-3キロ
f0078320_01090668.jpg


f0078320_01091316.jpg


f0078320_01092035.jpg


f0078320_01092776.jpg


f0078320_01093219.jpg

先週のレポートのコメントを転載します。

この子は収容からすでに2年が経過しています。
人の手からおやつは食べられるのですが、
身体に触られたりすることには相当な恐怖感があるようで
身体を触ろうとするだけでお口が出てしまいます。
いつ見ても「人を信用しないぞ」というこの子の強い意思を
感じるような視線を向けてきます。


おやつを手のひらに乗せて与える時に
どさくさに紛れてそのままその手で胸のあたりを撫でることが
できた時期もありましたが
それも毎週続けていかなければ
またすぐに逆戻りになってしまいます。


自分が嫌と思うことをされたときに、咬めば逃れられるのだ、と
学習してもらいたくはないため、無理強いはしたくありません。
それでもこちらが諦めたら、そこから進歩は望めません。
2年も経ってしまいましたが、
いつかこの子が人を信用する日がやってくることを
願っています。







※3/20よりレポートに登場(3/9収容)
▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 9-10キロ(8/9修正)

この子達のお世話を担当されている職員さんのお話では
背中を向けていると自分から近寄ってきて
匂いを嗅ぐようになったそうです。

以前は近づくだけでも唸っていましたが
おやつ食べたさに随分近づくことを許容してくれるようになりました。

心なしか表情も柔らかくなったような気がします。

家庭に入って訓練を積むなら今がチャンスなのかもしれません。

ゆっくり焦らず向き合ってくださる方とのご縁が巡ってきますように。

f0078320_01094735.jpg


f0078320_01095578.jpg


f0078320_01095940.jpg





子犬舎 3頭





<2-8>1頭

※4/17よりレポートに登場(4/5他抑留所より移送)
▽5149 薄茶 メス 2歳ぐらい 10-11キロ

いつもは伏せたままですが
この日は伏せてしまうタイミングを失ったのか
または人気が少なく少し警戒心が和らいだのか
顔をしっかりこちらに向けてくれました。

今までもゆっくりなら身体に触れることはできていました。
抱き上げたりすることはまだハードルが高いかもしれません。

おやつを差し出しても人が見ている時は食べることができません。
時間を掛けてゆっくり向き合っていくことが必要だと思います。
f0078320_00500987.jpg


f0078320_00501374.jpg


f0078320_00501806.jpg


f0078320_00543644.jpg






<2-6 2頭>


以下2頭
同じ多頭現場より引き取られた子達です。

まだまだ2頭とも怯えており、人が近づくとこれでもかというぐらい
壁に引っ付いてしまいます。
同郷のビビリ仲間が一緒だとなおのこと
どうしても同調し合ってしまう状況なのだと思います。

まだ無理なことをするとお口が出てしまい
しっかり向き合う状況でない限り良い影響を及ぼさないので
今はまだ触ることも控えています。

同郷の子で預かり家庭に入った子達は
少しずつ家庭に慣れ、ワンコらしくイタズラしたり
人に甘えるようにもなっています。

この2頭にも、1日も早く家庭に入るチャンスが巡ってきますように。

※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)

▽18182 茶白 メス  1歳ぐらい 10-11キロ


f0078320_00551577.jpg

↓以前のレポートより写真転載しています。
f0078320_04130991.jpg


f0078320_00552217.jpg


f0078320_00552670.jpg


f0078320_00553116.jpg

※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)

▽18183 薄茶(半長毛)メス 1歳ぐらい 10-11キロ

f0078320_00573763.jpg


f0078320_00570268.jpg





レポートは続きます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る