ブログ

国内海外3団体合同デモ@環境省前 心を病んだ動物たちを助けて!

【水族館は動物を苦しめています。心を病んだ犬吠埼の動物たちを助けて!】
ARC・PEACE・PETA Asiaの国内外3団体合同デモが2018年10月17日に行われます。

概要

場所:環境省前
いまや世界中から関心を集めている中、ハニーとペンギンなどの動物たちに万が一のことがあれば国際的な批判を浴びることは免れないでしょう。
ハニーたちを助けたいという思い、早急な対応の必要性、そして水族館問題を海外の団体と協力して環境省に訴えます!

日時:2018年10月17日 12:00~
※集合時間はもう少し早い時間ですので、ご参加頂ける場合はかならず事前にご連絡ください。
ご連絡先:こちらのフォームからお願いします。
https://arcj.homepagine.com/contact/form/


場所:環境省前(最寄駅東京メトロ 丸ノ内線・日比谷線・千代田線「霞ヶ関駅」)

参加団体:認定NPO法人アニマルライツセンター、PEACE~命の搾取ではなく尊厳を~、PETA ASIA(People for the Ethical Treatment of Animals Asia)

ハニーを救いたい。動物たちを救いたい。

その目的のためにアニマルライツセンター、PEACE、そして海外でも大きな規模をもつPETA Asiaという3つの団体が声をひとつにして訴えます!

動物愛護法改定も控えています。
一刻も早い解決のためにも、皆様のご参加をお待ちしております。
どうぞよろしくお願いいたします。

<デモの概要>

千葉県銚子市の閉館した水族館、犬吠埼マリンパークにはいまだにハンドウイルカの「ハニー」がひとりぼっちで取り残されています。ペンギンや魚たちも同様です。心身ともに問題を抱えているハニーや、行き場のないペンギンたちの様子は海外のメディアでも取り上げられ、いまや世界中から注目されています。
アニマルライツセンターはこれまでPEACEとともに犬吠埼マリンパーク、銚子市、海匝保健所など各方面にハニーの現状を改善する要望を出してきました。よりよい環境への移動や専門獣医師による適切な治療などが望まれますが、状況は依然として改善されていません。
そこでこの度、海外のアニマルライツ団体「PETA Asia」が来日し、国内外の3団体が協力してデモを行うことになりました。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会への更新情報

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る