... TOPIX

10/16センターレポート 別室     4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさん&ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。



★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





☆ミキちゃん
※9/25よりレポートに登場(9/12収容)
▽18187 茶黒 メス(不妊手術済) 2歳ぐらい 11キロ~

収容室③より移動になりました。
まだリードで引かれることに恐怖心があるようで
ドッグランのスペースに連れてきてもらうのにも
パニックになってしまいます。
人が近づいてくるとできる限り距離を取ろうとするので
係留しているリードが目一杯張ってしまい
自分の首を絞めてしまう状態になりそうだったので
なるべくリードが緩むようにお尻の方から前に押してみました。
ずっとブルブル震えていて、ずっと私の横に身体を寄せて
抱きしめていると、時間はかかりましたが
震えは止まりました。


ゆっくりと時間をかけて接してあげることの大切さを
感じました。
ミキちゃんの子供かと思われる2頭は先週までに引き出して、
預かりボランティア家庭で人との生活を始めています。
ミキちゃんにも一日も早く人の暖かさを感じることができる
環境に入ってもらいたいと思わずにはいられません。

f0078320_13473240.jpg
f0078320_13482415.jpg
f0078320_13485332.jpg
f0078320_13492396.jpg
f0078320_13495442.jpg
f0078320_13502302.jpg
f0078320_13505540.jpg




☆つみれ
※10/9よりレポート登場(10/3引取り)
▽18208 黒茶白 オス(去勢済) 8ヵ月程度 8.1キロ

4日目部屋より移動になりました。
この日はドッグランに出してもらっていました。
先週見た時よりも大分緊張感も薄らいできたのか、
手を差し出すとクンクン匂いを嗅いだり、
ペロッと舐めてくれたりと、大分馴れてきたように思えました。
その後別室に移動してクレートに入っているところを覗いてみると
横になってリラックスしているようでした。
f0078320_01321606.jpg
f0078320_01333147.jpg
↓↓以下、先週レポートより転載します。
私たちが部屋に入ろうとすると、真っ先にこの子が先頭に立って
他の子を守るかのようにワンワンと吠えていました。
あとの2頭がメスですので、自分が守らなければ!と
男の子らしさを見せていたのかも知れません。
ただ、その行動も部屋に入ってしまえばおさまり、
精一杯虚勢を張って前に出たものの、
実は自分もとっても怖かったのだというのがわかるほど
部屋の隅で小さくなってしまっていました。


それでもゆっくりと近づいていっておやつを差し出すと

ゆっくりと首を伸ばしておやつを受け取り、食べることができました。
その後は頭や身体をゆっくりと撫でることも
問題なくできました。


まだ幼い顔をしていたので歯を見ると

犬歯がようやく大人の歯に変わったぐらいの感じで
まだまだ幼い子だということがわかりました。
顔の模様がとても個性的で一度見たら忘れられない、
まさにオンリーワンの子です。
まだ環境に慣れていないだけで、
若いですしすぐに活発な姿を見せてくれるようになるのではと
期待しています。











※以下、先週レポートを転載しています。


☆バズ

※5/15よりレポートに登場 (5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 10キロ~?
人の気配をより感じることのできるこの場所に、
移動してもらってから、小さな変化は見られてます。

まだ人から逃げようとする行動はありますが、
それでも係留されていることを学習していて、
自由に動き回れる部屋にいた頃からすると、
精神面が安定してきたように感じます。

こちらがこの子を気にせず見ないで作業している時は、
比較的ジッとしていられるようになって来ています。
しかし、目を離すことなく人の動きを見ていますので、
自分に向かって来る気配が少しでもすると、
途端に構えだし、リードを目一杯張って、
人から離れようと動き回ります。
まだまだ、人への恐怖心を取り除くには時間が必要だと思います。

人の考えだけで、無理に追い込むような近づき方をすれば、
怖さからの威嚇はあるかと思われます。

オヤツは人の手から食べることがもちろんできず、
置いたものも食べられませんでした。
じっくりかつ根気よく向き合う必要があります。

*向かって右側前足の付け根辺り。
写真でもわかるように、
先天性のものなのか、事故によるものなのか、
少し変形しています。
痛がる様子も、気になる様子も見受けられません。
生活する上で、特に問題はなさそうです。







☆リッキー

※5/22よりレポートに登場 (5/17他抑留所より移送)▽18051 茶 オス 6歳ぐらい 15キロ
とても綺麗な顔立ちをした、イケワン君です。
今はいたって穏やかな印象を受ける子ですが、
過去に争いごとに巻き込まれたのか、
片耳には裂けた古傷があります。

今まであまり人に関心を寄せる様子を感じずにいましたが、
今回は、私達の様子が見えるように移動して見ていることが数度あり、
小さな変化ではありますが、嬉しく思える瞬間を見ることができました。
あまり表情を変える子ではないので解りずらいですが、
確実に変化しています。

年齢的にも落ち着いており、
のんびり時間を共有できるのではないかと思える子です。

今はまだ、人馴れの練習途中ではありますが、
人と一緒に過ごす時間が多くなれば、
ちゃんと学習してくれると思います。
ご理解ある方の目に留まりますよう、
祈る気持ちでいっぱいです。




レポートは続きます。






関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る