... TOPIX

朝日、産経、毎日・・・広がるアニマルウェルフェア、ヴィーガン

アニマルウェルフェア、アニマルライツ、これらの課題の最も深刻なことは、”認知度が低い”ことだ。アニマルライツセンターが行っている認知度調査でも、日本に住んでいる人々の畜産動物の現状の飼育方法についての認知度が大変低いことがわかっている。

しかし、ここ数年は大手メディア含め、アニマルウェルフェアやヴィーガンについて取り上げられることが多くなってきた。アニマルライツセンターのコメントやデータも多々掲載されている。特に大手新聞社の記事は信頼性なども考えると影響力が大きい。こういった動きが認知度の向上に貢献していることは間違いないだろう。

そして、認知度が低いという課題が解決していくにつれ、アニマルウェルフェアやヴィーガンが日本の消費者、企業内の人々、の間で浸透し、広がっていくことだろう。

いくつか記事をピックアップ

朝日新聞
じわり、「平飼い卵」という選択 地面で自由に、鶏のストレス軽減

毎日新聞フォーラム
動物の福祉 「アニマルウェルフェア」の食材を

産経新聞
卵や乳製品もNGの完全菜食主義者「ヴィーガン」 知恵取り入れて「食生活見直すきっかけに」

朝日新聞
家畜、のびのび育てる 「動物福祉」国内で取り組み

週刊ポスト
米メダリスト「東京五輪の豚・鶏を変更せよ」要求の懸念 ※アニマルウェルフェアがアニマルウェルネスと誤って記載されています

TOCANA
【徹底取材】牛の除角作業が残虐すぎる! ショック死する牛も… 中韓より劣る日本の畜産環境

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る