ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

クリスマスの幸せを動物にシェアする4つの方法


日本国内で苦しむ鶏、豚、牛は、年間3億7千600万頭以上。毛皮動物は日本の消費のために少なくとも年間200万頭以上が殺されています。日本で実験に使われる動物は2000万頭と言われます。犬や猫は18万頭が殺処分されています。

彼らの犠牲を少なくするためには、人々の意識を変え、社会の仕組みを変えなくてはなりません。
大変な労力が必要で、まだまだ力が足りませんが、少ない資源で下記等の活動を行ってきました。
今年皆さまから頂いたご支援の使い道を、一部ご紹介させていただきます。
【啓蒙、広める活動】
  • 東京オリンピック・パラリンピックでの畜産動物への配慮についてのキャンペーン
    オリンピック選手からの賛同・署名キャンペーン・関係機関への働きかけ
  • FUR FREE JAPAN 毛皮ゼロキャンペーン(デモ行進・企業への働きかけ等)
  • イベント出展、アースデイ東京、エコプロダクツ等イベント出店、街頭アピール週2回以上など
  • 啓蒙チラシ配りや全国への送付、年間、チラシ2018年は32万枚を配布
  • 講演会、勉強会多数
  • メディア掲載多数
  • エシカル消費の推進
【動物の現状を知るための調査】
  • 一般調査会社による畜産動物に関する認知調査を実施(18歳~39歳 男女 1,000名)
  • 畜産場、屠殺場、食鳥処理場の調査
【交渉・提言】
  • ケージフリー、ストールフリー、アニマルウェルフェアポリシー策定に向けた企業への署名提出や話し合い
  • 行政に対する問題提起
  • 国会議員へのロビー活動

行政や企業との話し合い、署名活動や提出、情報発信等
このような活動は、全て皆さまからの温かいご支援やサポートにより支えられていますまたアニマルライツセンターは政府や行政からの援助は一切受けおりません。活動を、寄付という形で、ご支援下さい。

動物に寄付を贈る http://www.arcj.org/donate/

動物にやさしい料理でお祝いをすることで、動物の犠牲を減らすことが出来ます。
動物のお肉、卵、牛乳を含まない食事を選びましょう。
美味しいレシピはたくさん本屋さんに売っています。
美味しいベジタリアン(ヴィーガン)フードを置いていたり、作ってくれるレストランはたくさんあります。
http://www.hachidory.com/



おうちに一緒に暮らす動物はもちろん、あなたの家の周辺、実家の周辺、旅行先などに、寒さに震える動物がいませんか?
外で係留されている犬に、毛布は足りていますか?お家の方にお話をし、毛布やおもちゃを提供してみてください。
また、地元の動物愛護センターや動物シェルターでも、運動不足だったり寂しさに震える動物がいるかもしれません。
ぬくもりを分けてあげましょう。


忘年会、クリスマスパーティー、12月はいろいろな集まりがあります。
お友達と、動物の話をしてみましょう。そんな問題があると知ること、気がつくことが大きな一歩です。あなたには、そのきっかけを作ることができます。
真面目な話を嫌がられる?ひかれちゃう?
ほんの少し、あなたが今年知ったことを話してあげて下さい。動物のために、すこしの勇気を。

話が難しい場合は、帰り際にチラシを渡してみてください。
チラシのご請求はこちらから
http://www.arcj.org/download/leaflet/



来年が動物に少しでもやさしい年になることを願って。
アニマルライツセンターより

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: NPO法人アニマルライツセンター 毛皮、動物実験、工場畜産、犬猫等の虐待的飼育をなくしエシカルな社会へ

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る