ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

1/15センターレポート 別室      3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ぐーちゃんママさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。








※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)

▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 12キロ前後

少し前に子犬舎から移動になりました。
まだ若いこの子たちの人馴れが少しでも進むように
人と接触する時間を増やそうと、職員さんが移動させてくれました。
この子は身体や頭を撫でられることには抵抗することなく
クレート内にいる間にずっと撫でていても嫌がることはなく
ひたすら固まっている状態でした。
顔もあげてこちらをじっと見ていたりもしますので
芯がしっかりとした子のようです。


子犬舎にいる時にも、この子は同室の子を守るかのように
しっかりとこちらを見つめていました。
逃げ回ることもありましたが、ひたすら顔を隠して逃げるのではなく
こちらの動きなどをしっかり見ながら動いていました。


この日、この撮影の後に外スペースに連れ出そうと
職員さんがチェーンのリードにつないで連れていきましたが
リードで引かれることにはまだかなりの抵抗感があるようで
ひたすらチェーンを齧り、トルネードしていましたので
少し落ち着いたところですぐに部屋に戻していました。


一見するとこれをかわいそうだと思うかもしれませんが、
お散歩に行けるようになるためには、本犬にとっては必要なこと。
最初はかなり抵抗しても、段々と学習してくれるはずです。
職員さんたちも日々工夫し、努力してくださっています。
お散歩大好きになる日が、いつか必ずやってくることでしょう。

f0078320_13174930.jpg
f0078320_13180163.jpg
f0078320_13180934.jpg
f0078320_13181888.jpg
f0078320_13182674.jpg
f0078320_13183523.jpg







※9/18よりレポートに登場 ( 6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 12キロ前後

この子も↑の子と一緒に子犬舎より移動になりました。
こちらの子も身体や頭を触られることには抵抗はない
というよりも、何をされているのかわからないという状態かもしれません。
それでも怖いと思いながらも、お口が出るようなこともないので
あとはやはり人と接する時間を増やしていくしかないのかもしれません。


特に↑の子とずっと一緒にいることで、尚更人を避けるようになるので
1頭1頭で管理できる状態にしてもらうのはとてもいいことだと思います。
この子も↑の子同様に、外に出してもらっていました。
チェーンを齧ることはなく、ひたすら逃げ回ろうと
かなり暴れていましたが、諦めてひっくり返ってしまうのに
それほど時間はかかりませんでした。
その後は職員さんに抱っこされて部屋に戻っていきました。
比較的諦めも早いようなので、これから一つ一つ学習していってもらいたいなと
強く感じました。

f0078320_13194791.jpg
f0078320_13200021.jpg
f0078320_13201081.jpg
先週レポートより↓↓











☆バズ

※2018/5/15よりレポートに登場 (2018/5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス 1歳 12-13キロ

いつも訪問メンバーが撮影や引き出しの準備をしているスペースに
バズはつながれています。
まだまだ近づけば腰が引けてしまいますが、
以前に比べると大分人との距離が縮まってきたように感じます。
もちろん手からおやつを食べるまでには至ってませんが
おやつを下に置くと、私たちが見ていても
食べることには抵抗がなくなってきています。


かつて旧子犬舎にいた頃は、近づこうとするだけで
威嚇するような素振りを見せていたバズですが
今では近づこうとすると人から離れようとするだけ。
人は自分に危害を加えるものではなく
自分の身を守るために威嚇する必要はないと
学習してくれたのではないかと思っています。


この日は移動してきたばかりの↑の子たちが
チェーンで引かれてパニックになっている姿をじっと見つめており
自分も最初はそうだったと思い返していたのかもしれません。
それを見ても自分もパニックになるようなことはなく、
大分いろいろと周りの環境なども見られるようになったようです。
ゆっくりかもしれませんが、バズも少しずつ学習していると思います。

f0078320_13252694.jpg
f0078320_13253813.jpg
f0078320_13255153.jpg
先週レポートより↓↓







レポートは続きます。




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る