ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

1/22センターレポート 収容室①②③  3頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんさんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。





収容室①


☆かのこ
※10/16よりレポートに登場 (8/21収容)
▽18220 茶 メス(不妊済) 3歳ぐらい 12キロ(やせぎみ)
1/22:この日も無理にケージから出すことはやめて
自分から出てきてもらいました。
排泄を済ませたらケージに自ら戻っていき
ケージ中で犬用チュールを手から舐めてくれました。

ロープを極端に怖がるようなので
扉を開けて自分から好きに出てきてもらいました。
やはり、無理に引っ張り出した時とは怯え方が全く違い
余裕はなさそうでしたが、いつもよりも落ち着くまでに
要する時間はごくごく短いものでした。

端っこでお座りしていましたので
背中を向けたまま手を後ろに回し
顔を直接見ないようにおやつを与えたところ
少し考えた後に食べていました。
食べ物には関心が高く
以前は手からおやつを食べられていたのが
最近は食べられなくなったと聞いていましたので
今回また手から食べてくれて少しホッとしました。

人との触れ合いに慣れてはいませんが
まだ若い子なので、まだまだこれから変わっていく可能性を秘めており
ゆっくり焦らずに向き合うことが必要な子です。


f0078320_15044846.jpg

f0078320_15045506.jpg

f0078320_15050000.jpg

f0078320_15050612.jpg

f0078320_15051097.jpg








収容室②

※1/8よりレポート登場 (11/6収容)
▽18297 茶黒 オス(去勢済) 生後6-8ヵ月 10.35キロ
1/22:成長期真っただ中で
また先週より少し大きくなっているような感じがしました。
ロープになれておらず、拒否反応の起こし方は
他の野良の子犬とそうかわりはありませんが
身体が大きくなると力も強くなっていきますし
成長期の大切なこの時期、一日も早く
人との触れ合いができる環境に入れてあげたいと
願わずにはいられませんでした。

半野良の子犬で人馴れが殆どできていない様子で
性格等見極めのため、長らく保留となっていた男の子です。
いつもケージの中で小さく丸待っていて
大きさなども今回初めて確認できましたが
小ぶりな身体にとても可愛らしいお顔をしていました。

当然ですがロープなどに慣れてはおらず
最初は部屋から出すとバタバタしました。
少しするとフリーズしたように固まり
その間目だけはキョロキョロ動いていて
一生懸命逃げる場所を探している様子でした。
人との関わり合いがないまま成長してきたと思われ
何もかもが知らないことばかりで不安だらけ。
なので怯えるのはごく自然なことなのかもしれません。

人との暮らしの中で大きく成長を見せそうに思います。
一日も早く家庭に入ることができるよう、願ってやみません。
f0078320_14575700.jpg


f0078320_14580110.jpg


f0078320_14580803.jpg


f0078320_14581216.jpg






収容室③ 1頭

※11/6よりレポートに登場 (10/24収容)▽18240 茶 メス 2歳程度 11キロぐらい(痩せすぎ)
1/22:この日はケージから無理に出さずに
中で犬用チュールを指先に付けて差し出してみました。
今まで手からおやつを食べたことはありませんでしたが
チュールは指先から舐めてくれました。
人馴れの突破口というほどのことではありませんが
これまでは日を追うごとにビビり度合が増していたので
ほんの少しの変化でもつい嬉しくなってしまいました。
これが何かのきっかけになればと思います。

攻撃性などはありませんが
ビビり度合でいうと少し後退してしまっている大人しい女の子です。
ケージ外に出すととにかく隠れられるところを探しています。
一日同じような姿勢でいるためか
身体のあちこちに床擦れが治ったような脱毛の痕が見られました。

人との触れ合いに不慣れなだけでなく
もともと少し気弱な性格なのかと感じる節があります。
身体を手で引き寄せてもお口が出る様子は見られません。
この子も時間を掛けてゆっくり対応が必要だと思います。
f0078320_15141171.jpg


f0078320_15141733.jpg



f0078320_15142662.jpg


f0078320_15142268.jpg


以下、先週レポートより
f0078320_15041145.jpg

f0078320_15041582.jpg


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る