ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

2/12センターレポート 子犬舎・旧子犬舎4頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。


※先週レポートより転載しています。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田




★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせは
どうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




【旧子犬舎】2頭


<1-3>
※2018/3/20よりレポートに登場(2018/3/9収容)



▽1547 白・薄茶 メス 1歳ぐらい 10キロ程度


f0078320_00431257.jpg
f0078320_00433447.jpg
f0078320_00435426.jpg
f0078320_00440670.jpg
f0078320_00441880.jpg
f0078320_00443597.jpg



f0078320_00450729.jpg
f0078320_00452315.jpg

この小部屋に1頭となり頼る相手がいないせいか、しばらくはガタガタと音が聞こえそうなほどに震えていました。

今まではオヤツを差し出せば震えも止まりすんなりと受け取っていたのですが、
この日は最初の1個を食べるのにとても時間がかかりました。
食いしん坊の気持ちより、不安や緊張の気持ちが大きくなって、オヤツどころでは無かったようです。
それでもこちらがしゃがんで口元に差し出したオヤツを、いつもよりは遠慮ぎみに食べてくれました。
その際に口元に指を触れることはできますし、特に嫌がる素振りも見せませんが、
改めて手を伸ばして触ろうとすると素早い動きで逃げ惑ってしまいました。


周りの環境や関わる犬によって影響を受けやすいように感じます。
人との付き合い方を楽しい!怖くない!と教えてくれる犬と一緒に過ごせる環境となれば、また違った様子も見られるのではないかと思います。












<1-4>

※1/22よりレポートに登場
▽18316 薄茶白 オス 8歳 11.25キロ子犬舎にいる18315と兄弟だそうです。
飼い主の方が亡くなったために、引取収容されたそうです。

2頭ともフィラリアは陰性だそうでちゃんと予防薬を飲ませてもらっていたようです。



f0078320_01334351.jpg
f0078320_01340272.jpg


f0078320_01344249.jpg
f0078320_01350440.jpg
f0078320_01365479.jpg
f0078320_01380730.jpg
f0078320_01382957.jpg
f0078320_01371327.jpg
f0078320_01373896.jpg



初対面でもフレンドリーに接してくれる人馴れ抜群な男の子です。
体中どこを触っても嫌がらず、抱っこも問題なくできました。
差し出すオヤツは「もっと!もっと!」とおねだり上手ですが、センターで出されたご飯はお皿に残ったままでした。
食べ物の好き嫌いはあるのかもしれません。


この個室には窓の外にもフェンスで囲われたスペースがあります。
収容当初は窓枠に前足をかけるだけで出られませんでしたが、
この日はまるで気持ちを整えるかのように考えてから、ジャンプをして中と外を行き来していました。
若い犬のような軽快なジャンプとは違いますが、そこそこの高さがある窓枠も越えられる動きはあります。


収容当初は兄弟犬と同室でしたが、激しい喧嘩の後に別々の部屋となりました。
顔にある黒い部分は汚れではなく、かさぶたの部分です。


どちらが片方やられたわけではなく

どちらもお互いに強く出たそうです。



撮影中は特に他の犬を気にする素振りはありませんでしたが、相性はあるかもしれません。
今までの生活とは大きく変わりストレスが溜まった結果なのかもしれません。


人に対してマウントしたり、少し我を通そうとする部分も
見えてきたそうです。
そのため、センターでも良く観察をしているそうです。





↑↓兄弟犬だそうです。









【子犬舎】2頭



<2-5>※1/22よりレポートに登場 (1/21引き取り・他抑留所より移送)
▽18315 白黒茶 オス 8歳 11.8キロ 

旧子犬舎にいる18316と兄弟だそうです。

飼い主の方が亡くなったために、引取収容されたそうです。

2頭ともフィラリアは陰性だそうでちゃんと予防薬を飲ませてもらっていたようです。



f0078320_02061779.jpg
f0078320_02071709.jpg
f0078320_02073333.jpg
f0078320_02075307.jpg
f0078320_02080632.jpg
f0078320_02081669.jpg
f0078320_02082768.jpg
f0078320_02084027.jpg
f0078320_02085608.jpg
f0078320_02090968.jpg





↑の兄弟犬と同じく、初対面でもフレンドリーに接してくれる人馴れ抜群な男の子です。



体を撫でることはできますし触られるのは気にしませんが、拘束されるのは苦手なようです。
背中を見せまい!と上手に避けられてしまいました。


その際お口が出ることも攻撃的な部分もありませんでした。


この子も↑の兄弟と同じでセンターで出されたご飯はお皿に残ったままでした。
食欲がない訳ではなく、オヤツは必死にポケットを漁るほど食べたがる食いしん坊な部分もあります。
食べ物の好き嫌いがあるのだと思います。


この小部屋にも、窓の外にフェンスで囲われたスペースがあります。
↑の兄弟犬より軽快な足取りで何度も中と外を行き来する姿を見せてくれました。


収容当初から他の犬に対して強く出る場面がありましたが、同室だった兄弟犬とも激しい喧嘩があったので今は別々の部屋で過ごしています。


どちらが片方やられたわけではなく

どちらもお互いに強く出たそうです。



この日の撮影中はオヤツばかりが気になり、前回レポートにあるような他の犬に強く出る場面はありませんでした。


今までは↑の兄弟犬と一緒に過ごしてきたことを考えると、初めて会う犬に警戒心が強く働いてしまうのかもしれません。
相手の犬との相性は気にする必要があると思います。













<2-6> 1頭


☆デーブ
※10/16よりレポートに登場(10/9収容)
▽8219 茶 オス 3歳 4-5歳 20キロ 18キロぐらい



f0078320_03321559.jpg
f0078320_03361234.jpg
f0078320_03325814.jpg
f0078320_03331618.jpg
f0078320_03333398.jpg
f0078320_03335752.jpg
f0078320_03363948.jpg
f0078320_03365666.jpg
f0078320_03371433.jpg



人を真っ直ぐ見つめる穏やかで優しい印象の男の子です。
この子も人見知りはないようで、特に警戒する様子はありませんでした。
体は大きめに加えてやや太ってはいますが、センターでの減量も順調なのか少しスリムになったように感じました。


オヤツの前にお座りの声かけをすると、最初は知りません!ってお顔をするのですが、
何となく理解はしているようで座ってくれる場面もありました。
しっかり教えてやれば素直に覚えてくれそうな印象です。
オヤツは歯が手に当たらないように優しく受け取ってくれます。


前回のレポートでは↑の兄弟犬に唸られたことで吠え返す場面がありましたが、一喝すれば止める素直な男の子です。
この日は他の犬を特に気にする場面もありませんでしたし、犬より人との時間を楽しんで過ごしているようにも感じました。












レポートは続きます。





  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ちばわん 愛護センター・レポート

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る