ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

コアラと一緒の写真がなくとも生きていけるでしょう

IMG_1271 (Custom)

旅行先で動物とからむアトラクションは人気です。
普段見ることのできない動物たちに触れたり、
大好きな象の背中に乗ったりするのはワクワクすることでしょう。
しかし彼らは私たちの楽しみのために
存在しているのではありません。
非常に残酷なストーリーが
裏に隠されていることも少なくないでしょう。

旅先で動物に触れたいと思う人たちは、
エシカルアニマルサンクチュアリーはいかがでしょう。
救出された象、熊、トラなどの荘厳な動物たちが
自然に近い形で保護されています。

肉体的精神的に受けた傷のリハビリ機能施設もあり、
動物の福祉や自然の保護に力を尽くしている人たちと
出会える教育の場となっています。

世界中に150の箇所のサンクチュアリーがあります。
まず下のサイトでサンクチュアリーを探してみましょう。

Global Federation of Animal Sanctuaries (GFAS),

Find a Sanctuary

このサイトでは福祉の基準を満たすポイントを示しています。

たとえば、適切な環境

心身とも動物の自然の生息環境に近い囲いこみをしていること。
象、熊、トラ類のスペースが広く、歩きまわり、
自由に吼えることができること。
猿類は垂直に幾重ものスペースが確保され、
木、水場、生息環境に育つ植物などが備えられているか。
そしてもちろん、仲間がいるかどうか。.

そして 見るだけ

肩に愛らしいコアラが乗った写真がなくても
あなたは生きていけるでしょう。
動物は仲間がいれば肉体的な接触は不要なのです。
できるだけ自然に近い形にいさせることが
彼らにとっての幸せとなります。

サンクチュアリーではウエブカムを
装備しているところが多いので遠くからでもよく見えます。
また人間が近くにいないと動物たちはリラックスして、
一番自然な本物の動きを見せてくれるのです。

今度の旅行の日程にぜひ組み込みましょう

ETHICAL ANIMAL SANCTUARY




  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: 私に何の関係があるというのだ 

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ページ上部へ戻る