ブログ

ご協力いただければ、とても助かります。☆ ペットファミリーの欲しいものリストです ☆

幸せになった負傷猫

東京都が今は積極的な引取りはしていないのかなと思うことが、あります。 以前、練馬区のHPには 「負傷動物を見たら、動物愛護相談センターへ、お知らせください」という記載がありました。 HPがリニューアルしたらその記述が見当たりません。 センターに収容してもできる治療は限られているし一定期間の後、殺処分になる可能性があります。 もし助けたいなら動物病院に相談する方がいいので安易にセンターに誘導しないようにしたのでしょうか? ******* 練馬区のように猫が多い自治体では、 ほぼ毎日どこか
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

■ 出典・引用元がある場合は以下に表示されます:


 出典・引用元ページは コチラです。


 出典・引用元WEBサイト: ねりまねこ・地域猫

【年中無休・深夜対応もOK】話し相手サービス・ほんわか倶楽部

関連記事

 201211121827521293

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る