... TOPIX

シニアの猫を保護すること

昨日のモモちゃんについて、「10年以上暮らした猫を捨てたことが理解できない」とのコメントがありました。 飼育していた方はご高齢で、免疫力の低下のせいか咬まれた傷が悪化して手術するほどだったと聞いています。 それで怖くて一緒に暮らせなくなりました。 町会の班長さんはその方を知っていたので、モモちゃんを引き受けその後も、やりとりはしていました。 町の中では、様々な事情で猫が飼育放棄されることはあります。 最後のセーフティーネットとして地域猫活動の果たす役割は大きいと感じます。 *****

関連記事

ページ上部へ戻る