... TOPIX

5/7センターレポート B部屋     2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


メイマミさん、時々付き人さんのレポートです。
加筆・修正しています。



引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。








☆ドロップ※3/12よりレポート登場(2/27収容)
▽18363 茶垂れ耳 オス(去勢済) 3歳 13.75キロ

f0078320_02432639.jpg
f0078320_02433787.jpg
f0078320_02434806.jpg
f0078320_02435842.jpg
f0078320_02440869.jpg
f0078320_02441802.jpg
f0078320_02443487.jpg
f0078320_02444959.jpg

f0078320_02455006.jpg
f0078320_02460066.jpg
f0078320_02460698.jpg

以前とは違い、扉を開けるとすんなり外へ出て来てくれました。
気付くと短いしっぽをピコピコ揺らし、人の後に付いて歩く姿も見せてくれました。
最初の頃は無表情で勢いがあるおやつの受け取り方をしていたのですが、
今は、くれるの?まだ?と覗き込んで、優しく受け取ってくれています。
家庭に入れば、更に自分らしさを出してくれるのでは?と楽しみなドロップです。


(4/23撮影分↓)
f0078320_02471664.jpg



(以下、以前のコメントを転載します)

人馴れ問題無しとまではまだ言えませんが、決して人を避けるような、人馴れしていないとも言えません。人とは多少なりとも関りはあったのだと感じますが、あまり良い思いはしていなかったのかもしれません。ケージ扉を開けると、最初は尻込みして出て来ませんでした。オヤツには興味を持ち、手から優しく受け取ることができますので、この辺から仲良くなるきっかけが持てるかと思います。体や足先を触ることもできます。体を拘束しても嫌がる様子はありませんでしたので、抱っこもしてみたところ、暴れずにできました。まだまだ戸惑いでいっぱいだというのが伺えます。この子の様子を見ながら寄り添っていけば、次第に年相応のヤンチャな部分も出て来そうな、そんな感じを受けました。










☆オレンジ

※3/12よりポートに登場(2/28他抑留所より移送)
▽18356 薄茶 メス(不妊済) 8歳 12.3キロ



f0078320_08151144.jpg
f0078320_09163207.jpg
f0078320_09164277.jpg
f0078320_09165194.jpg
f0078320_09170234.jpg
f0078320_09171135.jpg
f0078320_09172172.jpg
f0078320_09173518.jpg
f0078320_09174668.jpg
f0078320_09180318.jpg
f0078320_09181594.jpg
f0078320_09183008.jpg

ケージの外へ出てくると、嬉しそうにメンバーへ寄って挨拶をしてくれます。
甘えたい、側に居たい、撫でてもらいたい、
気持ちを素直に表現してくれますが、しつこかったり強引な事はありません。
人を良く見て、声をかけてもらえる事を待っている健気な所もあります。
ケージ越しで他の犬を気にする素振りはありませんでした。今は限られた人との時間を目一杯楽しむ事に夢中なのかもしれません。
まだまだ痩せすぎと思える骨の目立ち方をしています。
1日も早く、ふかふかのベッドでゆっくり休める事を願わずにはいられません。


(以下、以前のコメントを転載します)
人馴れは問題ありません。
大変穏やかで、個性的な風貌です。

この子も人との関りはあったことでしょう。
この年になって、こんなに痩せ細ってしまうほどの苦労をさせられているのに、
今も人に信頼を寄せているのが健気です。
体のあちこちに脱毛が見られ、
お尻には長い間硬い所で生活をして来たのであろうと思わせる、
床ずれのような肌荒れもあります。
目の淵には、シニアの子によく見られるイボもありました。

すでにシニアの域には入っているようですが、
まだまだ良く動き元気です。
人にくっ付いていれば安心しているようでした。
この子の折り返しの第二の犬生、
温かな人のそばで暮らしてもらいたい。
そう願ってやみません。










センターレポートは続きます。



関連記事

ページ上部へ戻る