... TOPIX

5/14センターレポート 別室     4頭


※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



メイマミさんのレポートです。




引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を探している子たちを紹介します。

お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。korotarouhs★nifty.com (★を@にかえて下さい)ちばわん 吉田


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)
★大変申し訳ないのですが、「あの子どうなりましたか」だけのお問い合わせはどうかご遠慮くださいますようお願い申し上げます。
多くの対応をしているため、お返事できませんのでご了承下さい。




☆ローズ
※2/26よりレポートに登場 (2018/12/21収容)
▽18352 黒 メス 2歳程度 14.5キロ



f0078320_01514893.jpg
f0078320_01515933.jpg
f0078320_01521037.jpg
f0078320_01522177.jpg
f0078320_01523221.jpg
f0078320_01525537.jpg
f0078320_01531283.jpg
f0078320_01532372.jpg
*収容当初は乳飲み子を抱えていたこともあり、
人に対してかなり警戒していました。

人と接する機会の多い、この部屋に移動してきたことで、
ゆっくりではありますが、人馴れが進んで来ています。
表情も柔らかくなって来たように思います。

しかし、まだ人の動きによっては、後ずさりしたり、
人を観察し始めます。
離れたらそれはそれで要求吠えをしてみたりと、
一生懸命、この子なりにどう人と接すれば良いのか、
わからないなりにも考えているようにも感じます。

換毛期で、古い毛が抜け替わった部分は、
ツヤツヤとしており、今は全身に栄養が行きわたっていて、
見る限り健康体といった様子が伺えます。

オヤツには目が無く、良く食べます。
今は当たり前のように手から受け取ってくれ、
その受け取り方食べ方は大変優しいです。

人にかなり興味を持ち出してきたので、
大好きな食べ物を上手に使うことで、
色んなことを吸収してくれそうで、
大変楽しみです。







☆バズ
※2018/5/15よりレポートに登場 (2018/5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス(去勢済) 1歳 12-13キロ

f0078320_01535353.jpg
f0078320_01540446.jpg
f0078320_01541547.jpg
f0078320_01542718.jpg
f0078320_01544071.jpg
f0078320_01545911.jpg
相変わらず人に対しては頑なな様子はあります。

それでも、毎日お世話をする職員さんに引かれ、
部屋から出て来て所定の位置まで移動できていました。
ゆっくりではありますが、変化は感じます。

距離を保って様子をみていたら、落ち着いていることもできますが、
距離を縮めると、バタバタと逃げ惑いウンチを漏らしてしまいます。
とても心の傷は深く、一筋縄では仲良くなれないコかもしれませんが、
毎日根気よくお世話をして下さってる職員さんの思いを、
上手に引き継いで下さる方と繋がって欲しいです。



↓以前の写真を転用
f0078320_00243068.jpg
以前に、犬に対して穏やかなコを近づけて様子を見た時がありました。

人に対しては、まだまだ逃げ腰で、
心を開くまでには至ってはいませんが、
犬に対してはとても興味を持ち、大変友好的でした。
犬と一緒にこの子のそばに行くと、警戒心も少し和らぐのか、
今までよりも近い場所に寄ることもできました、
安心して見ていられるほど、優しい対応でした。

犬と触れ合える環境の元で一緒に生活ができれば、
バズの気持ちに変化が見えそうな期待が持てました。





※2018/9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)
▽18183 薄茶(半長毛) メス 1歳ぐらい 12キロ前後

f0078320_01555224.jpg
f0078320_01560446.jpg
f0078320_01561687.jpg
f0078320_01563264.jpg
f0078320_01564475.jpg
f0078320_01565599.jpg
このコも頑なではありますが、
それでも↓下のコよりは、距離を縮めることができます。

今回は、職員さんに引かれて歩いている様子を見ることができました。
最初に見た時は、驚きました。
大きな抵抗もせず、オドオドしながらも、
ちゃんと職員さんの後について歩く姿に見入ってしまい、
慌てて写真を撮りました。

時間の必要なコではありますが、人の気持ちはちゃんと通じるようです。

つい先日までは、クレートに入れて部屋⇔外の移動をしていました。
更に一歩前進させたいと、
今はこうしてリードでの移動の練習を始めたのだそうです。
初日は転げ回って大変でしたと仰っていました。

↓以前のコメント転用
今回は、ちゅーるを直接舐めることもでき、
更には手からも舐めてくれました。
職員さんが上手に宥め撫でていたので、
その後、ちばわんのメンバーも真似をして、
そばに行きそっと撫でることができました。
ゆっくりではありますが、確実に前に進んでいます。


今回は、リードでの移動直後ということもあり、
緊張は隠せずで、オヤツを見せながらそばに行くも、
避けていましたので、無理に近づくのはやめました。
職員さんのように、
根気よく向き合って下さる方の目に、
どうかとまりますように。



↓ ↑ 18183・18182 姉妹と思われます




※2018/9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)

▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 12キロ前後


f0078320_01572594.jpg
f0078320_01573415.jpg
f0078320_01574744.jpg
f0078320_01580166.jpg
f0078320_01581413.jpg
f0078320_01583783.jpg
f0078320_01585065.jpg
この子の方が、↑上のコより、
人に対して警戒心が強いような感じがします。
しかし、決して後退はしていないと思います。

手からオヤツを食べることはまだまだできませんが、
そばに行っても、今回は逃げ惑うことはなく、
意地でも食べませんと、
凛とした態度で拒否されてしまいました。
時々、こちらをチラチラと見る目が、
随分と優しくなったように感じます。

この子も、職員さんの思いから一歩前進をと、
移動の際、クレートは使わないと変更したようです。
右往左往激しく動いてはいましたが、
それでも、このコなりに従ってはいました。
やはりその様子を見て、根気よく向き合えば、
このコも出来る子なんだと、
職員さんが証明してくれていました。

この子もまだ1歳程度と若いのですから、
時間はたっぷりとあります。
更に前進させてくれる、楽しさを教えてくれる、
そんなお家で一日も早く生活できますよう、
願っています。


レポートは続きます。

関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る