... TOPIX

Good news!プラダグループ、ファーフリー!

2019年5月22日、プラダグループ(PRADA group)は、2020年春夏ウィメンズコレクションを手始めとして、以後、自社デザインや新製品に動物の毛皮を使用しないと発表しました。ただし、在庫はなくなるまで販売されます。

40数ヵ国の50を超える動物保護団体が参加するファーフリーアライアンス(FFA)とのコラボレーションにおいて、プラダグループと、FFA参加団体、LAV(イタリア)、HSUS(米国)との間で積極的な対話が取り交わされた結果です。

「私たちプラダグループには、イノベーションと社会責任の努めを果たすという義務があります。ファーフリーアライアンス、特にLAV、HSUSとの積極的な対話の成果である、わが社のファーフリーの企業方針は、その達成に向けた取り組みの一環です。」ミウッチャ・プラダ氏はこう説明しています。「革新的な素材に焦点を当てることで、エシカルな製品の需要を満たしながらも、クリエイティブなデザインの追求が可能となるでしょう。」

「ファーフリーアライアンスは、プラダグループのファーフリー宣言を称賛します。」ファーフリーアライアンスの会長であるヨー・ビンディング氏はこう話します。「プラダグループとそのブランドは、このたび、ファーフリーブランドの仲間入りを果たしました。ファーフリーブランドは増え続けています。消費者の動物に対する考え方が変化していることに、企業が対応している結果なのです。」

ファーフリーアライアンスのプログラムマネージャーであるブリジット・オウェレ氏は、次の様に話します。「プラダグループは、ファーフリーに向けて最も迅速な決定を下した企業の一つです。積極的な話し合いは、ほんの一年あまり前に始まったばかりでした。ファーフリーリテイラー認証プログラムには現在、1000社あまりが登録されており、この世界的な動向が急速に勢いを増していることの証です。もはや毛皮が再び流行としてもてはやされる様なことは、まず起きないでしょう。今日は、動物たちにとって、本当に素晴らしい日です!」

日本でファーフリーアライアンスのメンバーとして活動する認定NPO法人アニマルライツセンターの代表理事 岡田千尋は次のように話しています。「企業のファーフリーの流れは、世界だけでなく日本の消費者の意向と一致しており、日本でも2018年から“しまむら“がファーフリーになるなど、動きが加速しています。プラダの決断によって、その流れはより確固たるものになりました。10年前では考えられなかった大きな流れです。次の10年では、毛皮に限らず、動物を苦しめたファッションから離脱し、エシカルな社会に変わっていくことを期待します。」

2018年に、アニマルライツセンターを含むFFAはプラダに対し国際キャンペーンを実施、当時毛皮の使用量を減らすことを約束し、その後話し合いが続けられていました。多くの消費者の期待に沿うファーフリー宣言、他の企業にさらに拡大することを願います!

プラダ ファーフリー

ファーフリーの確認が取れていない日本のアパレル企業

2018年以降、ベルサーチ、フルラ、ダナ・キャラン、ジョン・ガリアーノ、バーバリー、しまむら、そしてプラダと多くのブランドが次々と毛皮をやめることを宣言しています。インドやロサンゼルス、サンフランシスコなども毛皮の販売をやめています。

他のアパレル企業もこの社会的環境的責任を重視し、日本の企業・消費者も後に続いてください。

皆さんから企業にリアルファーを今後一切取り扱わないと決めてくださるよう、お願いをしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る