... TOPIX

9/3 センターレポート【猫編】Part2

※当ブログの画像・記事は、営利目的でなく この現状を広めていただくため ご自分のブログへ転載される場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って正しい情報のみを伝え、当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



時々付き人レポートです。加筆・修正しています。


動物愛護センターにいる、譲渡先・預かり先を募集中の猫たちの情報です。


問い合わせ先
yukichov716★yahoo.co.jp (★を@に変えてください) 幸丸
お名前のないメールには返信できません。

猫の一時預かりボランティアさん大募集中!

【猫の一時預かりボランティア】 ←こちらをご覧ください

★一般譲渡対象・飼い主募集中!!と記載されている猫については、千葉県内にお住まいの成人の方は、センターへ直接譲渡をお申し込みいただくことが可能です。
「犬猫の譲渡会」をご覧ください。


★ねこ親希望の方は「お申込みアンケート」からアンケートをお願い致します。

・・・・・・・・・・・・・・・

※ ご紹介する猫は全頭ワクチン・ノミダニ駆除済です。



※(7)~(25)の猫のついては先週レポートを転用します。元気に過ごしている事を確認済みです。

※猫の番号については前回レポートから変更しています。




▼譲渡猫管理室C


※7~21は、同じ多頭現場の出身です。
緊張したり怖がる猫も居ますが1週間程度で甘えん坊になっている猫が多いそうです。
元々は人と暮らし甘える事を知っている猫ばかりになります。
8/27
環境の変化からの疲れが出てきたのか、皆揃って風邪の症状が出ています。
1日も早く、個別に必要なケアができる環境で過ごせますように。




9/3追記
先週は風邪の症状が酷く心配でしたが、センターでの治療のかいもあり、だいぶ体調が回復している猫が多くなっていました。



9/3:撮影 首の状態く、呼吸も苦しそうだったこの子も
調子が良くなっていて、いつものスリゴロちゃんに戻っていました。

f0078320_04364935.jpg



9/3:撮影 
f0078320_04370192.jpg

9/3:撮影 少しシャイだったサビちゃん
馴れてきて、スリスリしてくれました。
f0078320_04370567.jpg


9/3:撮影 
f0078320_04371195.jpg

9/3:撮影 
f0078320_04371608.jpg


9/3:撮影 
f0078320_04372286.jpg




以下、個別の情報です。
皆、調子が悪い時の様子ですが
現在は全頭回復に向かっています。





(7)黒 オス







(8)黒 オス










(9)黒 オス









(10)キジ白 オス 喉元に裂傷があり治りかけ、首の後ろに湿疹のような水疱あり








風邪の症状が1番酷く、その影響からかヨダレが酷く出る時があります。
上手く呼吸ができないのか、上を向いて開口呼吸する時がありました。






(11)黒白 オス









(12)黒 オス おでこに傷









(13)黒白 オス 右目開かない?









(14)黒 メス









(15)黒白 メス









(16)黒白 メス 右目の開きが悪い









(17)黒 メス









(18)サビ メス









(19)白黒 メス 右目一部白濁









(20)サビ メス









(21)白黒 メス 右目の開きが悪い













▼エイズキャリアの部屋



この部屋で、大人の猫だけでフリーで過ごし始めたそうです。
喧嘩などせず上手に過ごしていると職員さんが教えてくださいました。
猫同士の付き合い方も知っている、小ぶりな女の子達です。




(22)白キジ メス 成猫 エイズ(+)白血病(-) ※要再検査


















センター収容後に出産&子育てをしてきたお母さん猫です。

出産後に何頭かの子猫は亡くなってしまったそうで、今月25日にもまた1頭亡くなってしまったそうです。


人慣れに問題も無く、怯えたり逃げようとする様子はありません。
ベタベタと甘えて来るほどではありませんが、落ち着きもあり堂々とした貫禄も感じる馴染みっぷりです。


子育ても落ち着き、お乳の膨らみもだいぶ落ち着いたように見えました。









(23)キジ白 メス 推定1.5ヶ月
(24)キジ白 オス 推定1.5ヶ月
















上↑の(22)お母さん猫の子供です。
少し前からお母さん猫とは別々のケージで過ごしています。


ケージから出してあげると子猫らしく元気に走り回ってはいますが、風邪の影響もありじっとしている時間が多く気になりました。
身体つきも、同じ月齢の子猫に比べて痩せているように感じました。


今月25日に兄妹が1頭亡くなってしまったそうです。
残った2頭の体調面も心配な部分もあり、センターでも治療はしてくださっています。










(25)白黒 メス 成猫 推定1歳 体重1.5㎏ エイズ(+)白血病(-) ※要再検査







人慣れ抜群の小さな女の子です。

収容当初よりガリガリに痩せていましたが、若干ふっくらした印象になりました。
良く食べ体調も安定してきているようですが、それでも子猫と間違う程の大きさです。


ケージの扉を開けると臆する事無く人に甘え、もっと撫でて!遊んで!と頭突きしてきます。
とても甘えん坊ではありますが、拘束される抱っこは苦手です。
同室に上↑の親子が新しく入り、職員さんのお話しではとても嬉しそうな様子との事でした。









(26)三毛 メス 成猫 推定2歳 体重約2㎏くらい エイズ(+)白血病(-) ※要再検査

f0078320_23533401.jpg
f0078320_23534475.jpg
f0078320_23535580.jpg

新たに、エイズキャリアとしてこの部屋へ移動してきた三毛猫さんです。

子猫と間違う程小さくガリガリに痩せています。
見ず知らずの人にも自ら甘えてくれたので、人見知りはあまりしないのだと思います。










どの猫も、1日でも早く家庭に入り心身共に安定した生活が送れますように。


9/3 訪問レポート【猫編】は以上になります。





☆☆ねこ親会のご案内☆☆

・ 9月29日(日) 市川ねこ親会 12:00~15:00
・10月12日(土) 赤坂ねこ親会 12:00~15:00
・11月17日(日) 横浜ねこ親会 12:00~15:00


見学の方も大歓迎ですので、お気軽に会場へ足をお運びください。

参加猫等の詳細は、ちばわんHPのイベント情報にてご確認ください。























センターレポートは続きます。


関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る