... TOPIX

9/3センターレポート 譲渡管理室8頭・別室2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


Y.Y&ぐーちゃんママレポートです。
加筆・修正しています。


※前回レポートより転載します。



引き続き、動物愛護センターにいる
譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野


★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)



☆カーク

※5/14よりレポートに登場 (5/13他抑留所より移送)
▽19045 茶白 オス(去勢済) 5歳 12.25キロ
飼い主募集中!!No.19045

人が大好きなカークです。
誰にでも分け隔てなく甘えることができます。
お散歩も大好きですが、かなり引きが強いです。
散歩に連れ出す時に、嬉しくて興奮しすぎてしまうからだと
思います。
お散歩の時にいろいろなものに興味が湧いて
マーキングもやや多めです。


カークはとにかく人と一緒にいることが大好きで

人の姿を見ると立ち上がって私たちを呼んでいます。
なでられたり抱きつかれたり
少し強めの愛情表現でも嬉しくてたまらないようです。


他犬に対して吠えることがありました。

この日、チャーリーと会わせて見ましたが
お互いクンクン匂いを嗅いでいて
どちらかといえばチャーリーの方が少し唸ったりもして
カークも他犬が全くダメなのではなく
相性によるのだとわかりました。


カークと一緒に暮らしたら最高のパートナーに

なってくれると思います。
カークにも優しい手が差し伸べられますように。





※以下、写真は最新ですがコメントは先週レポートより転載します。


☆ダイヤ
※7/9よりレポートに登場 (6/28収容)

▽19098 薄茶 メス(不妊済) 6歳程度 13キロ
飼い主募集中!!No.19098

A部屋Ⅷより移動になりました。
大きな耳をした穏やかな女の子です。人が大好きで、差しだすおやつよりも
なでてもらう方が好きなようで、
体のどこをさわっても大喜びします。

この日は散歩に出てみました。
初めのうちはグイグイ引きが見られましたが、
数人のメンバーと一緒に歩いているのが嬉しかったのか
撮影してくれるメンバーにグイグイ寄っているだけ?
のようにも感じられました。


散歩中、後ろから見ていると
本犬は全く気にしていない様子ですが
右後ろ足の動きに違和感があるのがみてとれました。

一周りしたあとに休憩中のメンバーに
かわるがわる撫でてもらい、
より嬉しそうな顔で、ゴロンと横になったりして
とても満足げにしていました。

この子と家族になれば、
いつでもこちらまで笑顔にしてくれそうに思います。
ダイヤのことを一生大切にしてくれる未来の家族の目に
早く止まりますようにと願ってやみません。






☆もりぞう
※4/23よりレポートに登場 (4/12収容)
▽19030 茶長毛 オス(去勢済) 8歳程度 10 8.9キロ
飼い主募集中!!No.19030

訪問メンバーの中では、愛情をこめて「もりくん」と
呼ばれているもりぞうです。
いつも私たちが来ると嬉しそうに後脚で立ち上がり
こっちに来て!と呼んでくるかわいいもりくんです。

シニアになってきており、涙目になっていたりもしますが
元気は若い子に負けません。
とにかく人が大好きで、人と一緒にいることが
もりぞうにとっては幸せなことなのだと思います。
そんなもりぞうがひとりでここにいることは
相当寂しいのではないかと思います。

収容当初にはフードガードが見られたということですが
今ではそんな素振りは全く見られません。
抱っこも問題なくできますし、この日お散歩に連れて行くと
とても嬉しそうに歩いていました。
以前はかわいがられていたのだろうと
想像できるようなもりぞうです。
今すぐにでも家庭犬としてやっていけると思います。
人が大好きなもりぞうを
残りの犬生一緒に過ごしてくださる方はいらっしゃいませんか。
↓↓先週レポートより




☆ピッキー
※8/20よりレポート登場 (7/26収容)
▽19121 白 オス(去勢済) 6歳程度 11キロ

A部屋Ⅱより移動になりました。
明るく元気な男の子です。
ケージから出すと興奮からか嬉しくて
チャカチャカ動き回っていました。
身体のどこにさわっても嬉しそうにしており
人馴れ抜群で抱っこもできます。

この日はボラトリさんにケアしてもらっていました。
ボラトリさんと散歩していましたが
ルンルン楽しそうに歩いていましたので
以前、誰かと散歩したことがあるのだと思います。

もうすぐシニアになる年齢ですが
人が大好きなこの子がずっと笑顔でいられるように
二度とこの子を手放すことのない、
よい家族に出会って欲しいです。






☆ブラウン
※7/30よりレポートに登場 (7/17収容)
▽19115 茶 オス(去勢済) 3-5歳 11-12キロ
A部屋Ⅴより移動になりました。
柴風の男の子です。
この日もケージを開けると自分からぴょんと出てきました。
人馴れしていておやつも手からやさしく食べられます。

この日は散歩に連れて出てみました。
少し咳が出るようで、
歩いている間も時おりゼイゼイいっていました。

それほど引きもなく、楽しそうに歩くことができました。
この子も上手に人と歩くことができましたので、
かつても散歩経験がありそうです。

柵越しですが他の犬にもクールに接していました。

人にべたべた甘えることはないものの、
ケージに入っているときは人恋しいのか
きゅんきゅん鳴いてしまいます。
ずっと一緒にいようねと言ってくれる人との出会いが
この子に見つかるように心から願います。












☆ドラゴン

※2018/11/13よりレポートに登場(2018/10/18収容)
▽18229 こげ茶 テリア風 オス(去勢済) 1歳 17キロ

収容当初はまだ幼かったのですが、
すっかり大人の男の子になってきました。
とても足が長く、スタイル抜群でお散歩していたら
とても目を惹く子だと思います。


身体を触られたりすることは少し不安があるようですが
おやつを差し出すと自ら寄って来て
とても優しく手から食べてくれました。
その際にメンバーがかなり近づいて顔を寄せても
避けるようなこともなく、おやつに釘付けでした。


人馴れという部分ではまだ不安感もあるのでしょうが、
以前は怖がって人からできる限り離れようとしていたことを考えると
かなり進歩してきています。
職員さんたちがしっかり向き合ってくださっている賜物です。
家庭に入って人と一緒に暮らしていくことで
きっとぐっと人との距離も縮まっていくのではないかと
期待しています。












☆リッキー




※2018/5/22よりレポートに登場(2018/5/17他抑留所より移送)
▽18051 茶 オス(去勢済)  6歳  4歳 16.6キロ

リッキーもここでの生活が1年を超えてしまいました。
片耳が少し切れていて、放浪中にも苦労したのだろうと
思ってしまいます。


収容当初の人への不信感みたいなものは
今ではほとんど感じられなくなっています。
まだ人馴れという点では完全に克服できたとは言えませんが
職員さんたちが毎日向き合ってくださっているおかげで
お散歩もできるようになっていますし、
落ち着いてきていると思えます。
自分から寄って来るようなことはありませんが
リッキーなりに前進していていると思います。
まだ若いリッキーが本当のご家族と一緒に
過ごせる日がやってきますように。


☆カット
※4/2よりレポートに登場(3/19収容)
▽19002 黒柴 オス(去勢済) 5歳程度 7.1キロ(痩せすぎ・適正10キロぐらい)

機嫌よく触らせてくれる時とそうでない時と、波があるそうです。
基本的に人に対して信じきれない、怖い、といった感情がありそうです。
ボラトリさんや職員さんが根気よく向き合ってくださり
身体を撫でたり抱き上げたりといった練習もしてくださっています。
近づくと少し怖がって後退りするものの、
背を向けて離れて行くと後から飛び掛ろうとしてきたりするので
こちらも一瞬驚いてしまいます。
人を信用しきれない何かがカットの過去にはあるのかも知れません。
じっくり時間をかけて接していく必要がありそうです。






別室 2頭

メイマミさんのレポートです。

※前回レポートより転載します。


この2頭は繊細な部分があり
接し方に注意が必要な子達です。

譲渡ご希望の方はセンターでの面会が必要となりますので
上記アドレスにお問い合わせくださいませ。




☆バズ
※2018/5/15よりレポートに登場 (2018/5/14他抑留所より移送)
▽18047 薄茶白 オス(去勢済) 1歳 12-13キロ
写真は最新です!

特に変化が無いのでコメントは↓ 先週のものを転用致します。
バズがセンターに来て1年以上が経過しました。
人に対してはとても慎重です。
おやつは好きですが、手からは食べられず
下に置いたおやつを
人に近づかないようにささっと食べます。

いまだに近づこうとすると逃げ回り
つながれたリードが許すめいっぱい遠くへと
なんとかして人との距離をとろうとします。


ですが、犬に対してはとても友好的で
この日はオスの成犬と近づけてみましたが
しっぽを振りながら嬉しそうに
においをかぎ合っていました。
もし、家庭に入るとしたら
先住犬のいるおうちの方が
バズがリラックスできるのではないでしょうか。







※2018/9/18よりレポートに登場 ( 2018/6/16他抑留所より移送)

▽18182 茶白(顔一部黒) メス  1歳ぐらい 12キロ前後




コメントは、追記以外は転用致します。
姉妹犬と比べても
こちらの方が警戒心が強く慎重です。
若く美しい
凜とした容姿をしています。

この子も毎日職員さんに引かれて
歩いて部屋とドッグランを移動しています。

いまだに体に触れることはできませんが
表情はずいぶんやわらかくなっています。
近づくと目をそらし
緊張した顔になってしまいますが
ドッグランの柵をはさむと
おやつに反応して舌がぺろりとなったり、
至近距離まで近寄っても
ゆっくりであれば逃げないでいられたり、
この子なりに成長しているのを感じられて
胸が温かくなります。

まだ1歳程度と若い子です。
もっとたくさんの経験をさせ、
楽しい!嬉しい!と思えるようになってほしいです。
時間をかけてこの子と向き合ってくれる方から
お声がかかりますように。

7・30追記
最近オヤツに興味を持ちだしたので、
嗜好性の高い犬用チュールで時間を掛けて粘ってみましたが、
今回も直接人からもらうのは無理でした。








レポートは続きます。






関連記事

ページ上部へ戻る