... TOPIX

12/3センターレポート 旧子犬舎6頭・子犬舎2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。


ひなのんレポートです。

引き続き、動物愛護センターにいる譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野






あの子はどうしましたか?の、安否確認のみの問い合わせにつきましては、沢山の対応をしております為、返信が出来ませんので、ご了承下さい。










以下6頭は同じ場所で同じ時に捕獲されていて見た目もよく似ていることから、血縁関係にあると思われます。





【旧子犬舎】6頭




<1-1>2頭


f0078320_00133597.jpg



※11/26よりレポート登場(11/14収容)▽19219 黒茶 メス 推定6歳 13キロほど


穏やかで落ち着きのある雰囲気の女の子です。
先週は少しシャイな様子を見せていたようですが
この日は小部屋のドアを開けると
ゆっくりと近づいてきてくれました。
大分環境にも慣れてきたのでしょうか。
旧子犬舎に近づいていくと、
この部屋の2頭揃って外のスペースに飛び出してきて
嬉しそうにしっぽを振って待っていてくれました。
職員さんの話では、
この子は1-3にいる母犬と思われる子と同じくらい
お散歩が上手だそうです。
年齢の割には童顔なので、6歳くらいとは思えませんでした。
f0078320_00150018.jpg
f0078320_00150412.jpg
f0078320_00151757.jpg
f0078320_00152307.jpg
f0078320_00152970.jpg
f0078320_00171600.jpg









※11/26よりレポート登場(11/14収容)▽19222 白茶 メス 推定6歳 13キロ程


この一族の中で唯一短毛で、ジャックラッセルのような風貌ですが
体格は中型犬そのもので、まさにオンリーワンの女の子です。
この日男性メンバーが一緒に部屋に入ったのですが
男性にも特に躊躇することなく近づいていました。
とても甘えん坊なようで、私にも静かに近づいては
体を摺り寄せたりしながら甘えてくる姿は
とてもかわいかったです。
グイグイくるタイプではなさそうですが
人のことは信頼しているんだなというのが
伝わってくるような態度を見せていました。
おっとりしていて、とてもかわいい子です。
おやつも手からやさしく食べてくれました。
今後も様子を見ていこうと思います。
f0078320_00185000.jpg
f0078320_00185728.jpg
f0078320_00190332.jpg
f0078320_00190907.jpg
f0078320_00191502.jpg













<1-2>2頭


※11/19よりレポート登場 (11/11収容)▽19215 テリ雑 白茶 メス 4歳程度 14キロ(チェリーアイ)

同室の子がとても活発で動き回っているので
影響されているのか、うろうろしようとしているようで
こちらの様子を伺っているような慎重な面も
見え隠れしていました。
それでもおやつは手から食べれますし
人を警戒しているような様子は見られません。
動きはそれほど早くなく、
おっとりしている子のようです。
右目がチェリーアイになっていますが
気にしている様子はありません。
f0078320_00210116.jpg
f0078320_00211504.jpg
f0078320_00212120.jpg
f0078320_00212249.jpg
f0078320_00213243.jpg
f0078320_00214934.jpg









※11/19よりレポート登場(11/11収容)▽19214 テリ雑 黒茶メス 2歳程度 12キロ

このテリア一族の中で一番若く、
足が短いのが特徴的な女の子です。
外のスペースに繋がっている少し高めの窓際にも
ぴょんと軽々と飛び乗り、
中に入ったり外に出たりを繰り返していました。
足は短いですが、跳躍力は誰よりも高い気がしました。
足が太くて大きくしっかりとしています。
マイペースな部分があるようで
あまり長いこと触られているのは好きではないようで
少し甘えるとすぐ外に出て行ってしまったり
自由に動いている印象でした。
耳も大きく、まさにオンリーワンな風貌です。
職員さんの話によりますと、
お散歩は右に行ったり左に行ったりと落ち着かず
ぐるぐると人の周りを回ったりして
お散歩はあまり得意ではないようです。
f0078320_00250860.jpg
f0078320_00252735.jpg
f0078320_00252753.jpg
f0078320_00254436.jpg
f0078320_00255017.jpg
f0078320_00255889.jpg













<1-3>2頭




※11/19よりレポート登場 (11/11収容)▽19213 テリ雑 茶白 メス 6歳程度 15キロ(母犬?)

とても穏やかな雰囲気を持っている女の子です。
この子だけが出産経験があるようなので、
もしかすると他の子たちのお母さんなのかもしれません。
甘えん坊で、小部屋のドアを開けると真っ先に出てきて
しきりに甘えていました。
男性メンバーにも躊躇することなく甘えていましたので
男性に対する恐怖心はないようでした。
私も同じようにおやつを持っていたのですが
男性からもらう方が嬉しいようで
何度も男性におやつをねだっていました。
職員さんの話では、この子がお散歩は一番上手だそうです。
以前にもお散歩してもらっていたのでしょうか。
また楽しくお散歩してくださるご家族のもとで
再スタートが切れますように。
f0078320_00272617.jpg
f0078320_00273252.jpg
f0078320_00274950.jpg
f0078320_00275968.jpg
f0078320_00280862.jpg
f0078320_00281000.jpg











※11/19よりレポート登場(11/11収容)▽19212 テリ雑 茶黒白 メス 4歳程度 15キロ


富士額のような柄をした、お耳が半垂れ耳の女の子です。
先週はまだ少しシャイな部分を見せていたようですが
この日は男性メンバーが一緒にいると
しきりに男性に近づいていっては積極的に甘えていました。
撫でられてはうっとりしていて
しまいにはへそ天まで披露してくれました。
男性メンバーに対して一番甘えていたのがこの子です。
男性に対しての恐怖心などは微塵もなく
それどころか、女性よりも男性の方が好きなのかな?と
思うくらいでした。
おやつも手から食べれていましたし
どんどん甘えん坊な姿を見せてくれそうです。
f0078320_00293620.jpg
f0078320_00294212.jpg
f0078320_00295361.jpg
f0078320_00295829.jpg
f0078320_00300754.jpg
f0078320_00301743.jpg
















【子犬舎】2頭




<2-5>2頭


f0078320_00322376.jpg
f0078320_00323246.jpg



☆ブーツ※5/21よりレポートに登場 (5/17引き取り・移送)
▽19051 薄茶 オス(去勢済) 3歳 19.25キロ



ロイドより一回り大きなブーツです。
一緒にいると、大きさでどちらかの区別がつけられますが
写真だけを見ていると、どちらか区別がつかなくなるほど
この2頭はよく似ています。
ブーツは男性が少し苦手だと、職員さんから聞いていました。
この日、男性メンバーが一緒でしたので
様子を見ていると、やはり最初は少し離れたところから
男性メンバーの様子をうかがっていました。
それでもロイドがグイグイ近寄っていくのを見て
少し安心したのか、なでられたりも出来るようになっていました。
以前はここまで男性に近づくことができなかったブーツですが
「人間」が怖いものではないと学習できたので
きっと男性のことも以前ほど怖がらなくなったのでは
ないでしょうか。
まっすぐにこのつぶらな瞳で見つめられると
思わずギュッと抱きしめたくなるような
かわいいブーツです。

f0078320_00334387.jpg
f0078320_00335470.jpg
f0078320_00340473.jpg
f0078320_00341306.jpg
f0078320_00341916.jpg









☆ロイド※5/21よりレポートに登場 (5/17引き取り・移送)
▽19052 薄茶 オス(去勢済)3歳 16.5キロ


収容当初から人に対しては何ら警戒心もなく
近づいてくることが出来たロイドは
ブーツにもいい影響を及ぼしているようです。
少し離れて様子をうかがっていたブーツを尻目に
男性メンバーにぐいぐい甘えに行って
おやつをもらってうれしそうにしているのを
ブーツにも見せつけていたのでしょうか。
男性が苦手なブーツも近づいていくことが出来ました。
ロイドはブーツよりも一回り小さいのですが
天真爛漫とはこの子のためにあるような言葉だと思います。
無邪気に喜んで人に甘える姿は
普通の家庭犬と何ら変わりがないと、見ていて感じます。
これだけ仲良しの2頭ですから
一緒に受け入れてくださる家庭があれば最高ですが
この大きさの子をいっぺんに2頭受け入れてくださる方は
なかなかいらっしゃらないと思いますので
それぞれ違う家庭に行くとしても
せめて再スタートを切る日は同じ日でありますように。

f0078320_00352552.jpg
f0078320_00353658.jpg
f0078320_00354135.jpg
f0078320_00354178.jpg
f0078320_00354622.jpg





レポートは続きます。







関連記事

ページ上部へ戻る