... TOPIX

12/3センターレポート E部屋5頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのんレポートです。

引き続き、動物愛護センターにいる

譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


あの子はどうしましたか?の、
安否確認のみの問い合わせにつきましては、
沢山の対応をしております為、返信が出来ませんので、
ご了承下さい。


<Eー4>
※12/3レポート初登場
▽19229 薄茶 オス 7歳 14キロ(11/28他抑留所より移送)



右後肢に腫瘍が破裂したような痕がありました。
皮膚が盛り上がってきているので破裂したのは少し前で
その後は舐め壊しているのではないかとのことです。
今現在は痛がっている様子は見られませんが
一日も早く治療に入ることが望ましく思います。
人慣れしていて明るい性格の子です。
少しマイペースで、思うがままに動いていましたが
「お座り」の声にだけは反応してピシッとお座りしていました。
過去そうするとおやつが貰えたりしていたのでしょう。
今のところ他の犬を気にする様子などは見られませんでした。

センターの申し送りでは身体に触れられることが苦手とのことでした。
攻撃性はみられませんが、人と密に触れ合う機会はこれまで
あまりなかったのではないかと推測されます。

今後の変化も良く見てきたいと思います。

f0078320_02081306.jpg
f0078320_02082340.jpg
f0078320_02082970.jpg
f0078320_02082987.jpg
f0078320_02083931.jpg
f0078320_02084592.jpg






<E-6>
☆リラ

※10/15よりレポートに登場(9/13収容)
▽19165 黒茶白 オス(去勢済) 6歳 18.15キロ

人恋しくてケージの中では吠えてしまいますが
いざケージの扉を開けると戸惑ったような困ったような
なんとも言えない表情で一歩外に踏み出せないリラくんです。
穏やかでゆったりしていて、チャカチャカした感じが無く
そっと甘えてくるような控えめなところがあります。
抱き上げようとしても怒ったりはせず、ただただ困ったような表情をしていて
それでも差し出されたおやつは「それはいただきます」と
困り顔のまま食べていた姿がなんとも可愛らしかったです。
もっと心を開くようになったら、もう少しはっちゃけた様子も見られるかもしれません。
大好きな人のそばで安心して過ごせる日がリラくんに巡ってきますように。

f0078320_02104786.jpg
f0078320_02104339.jpg
f0078320_02110573.jpg
f0078320_02105564.jpg
f0078320_02111178.jpg



<E-7>
※11/19レポート初登場(11/14引き取り)
▽19210 白茶 オス 8歳 13キロくらい

この子の部屋を覗き込むといつも怖い顔してヴーヴー言うのですが
不安や恐怖心の裏返しなだけで、外に出すと全く態度が変わります。
身体も大きいですし、唸るだけでも初見では印象は良くない。
なのでメンバーの一人がこの子に攻撃性がないことを毎回確認しています。
身体のどこに触れても、抱き上げてもお口が出ることはありません。
撫でられたり抱っこされたりする最中でも
差し出されたおやつは躊躇なく食べていましたので
人に対してもさほど緊張はしていないようです。

部屋の中では排泄はせずに
外に出した時にとても長い時間オシッコしていたので
トイレは外派かもしれません。




f0078320_02143453.jpg
f0078320_02143466.jpg
f0078320_02144713.jpg
f0078320_02144761.jpg
f0078320_02145743.jpg
f0078320_02150354.jpg
f0078320_02161257.jpg
f0078320_02162178.jpg




↓以下2頭は先週レポートより転載しています。


<E-3>
※11/26よりレポート登場(11/13収容)
▽19220 茶白 メス 3歳 12キロくらい
f0078320_21310530.jpg
f0078320_21311670.jpg
f0078320_21315187.jpg
f0078320_21320921.jpg
f0078320_21321923.jpg
f0078320_21323036.jpg
f0078320_21323738.jpg
f0078320_21324507.jpg
f0078320_21325584.jpg
f0078320_21331017.jpg

子犬と一緒に収容され、直前まで子育てを頑張っていたお母さんです。
特に痩せすぎている訳では無いものの、皮毛はバサバサでした。
子犬は既に他団体さんが引き出されています。


特に怯える様子も無く、すんなりケージから出て来て堂々としている落ち着いた子なのかな?と言う印象でしたが、
その後は身体がブルブル震えて部屋の隅でじっとしてしまいました。
それでも威嚇したり顔を隠すと言った様子は無く、差し出したおやつは食べれなかったものの鼻先につけたちゅーるは舐めてくれました。


ロープは特に嫌がらず、こちらが歩くと同じペースで動いてくれていましたが、付いて歩くと言うより場所を移動したと言った感じです。
少ししてうんちを1つポロリと落とし、それを素早く食べようとしていました。
一緒に撮影に入ったメンバーは、食糞癖と言うより隠そうとしたように見えたとの事。
今後も様子を確認していきたいと思います。







<E-1>

☆ソラン
※1/29よりレポートに登場 (1/28他抑留所から移送)
▽18321 茶 オス(去勢済)2歳程度 13.5キロ(太り気味)
f0078320_16463644.jpg
f0078320_16464576.jpg
f0078320_16465410.jpg
f0078320_16470250.jpg
f0078320_16472224.jpg
f0078320_16472608.jpg
f0078320_16473986.jpg

いつも困った顔で迎えてくれるソランです。
ケージの中では無抵抗で、近づくとお腹を出して敵意が無い事をアピールするかのようです。


この日は爪切りを持参してくれたメンバーが居たので、延びきって尖っているソランの爪切りをしてもらいました。
前足を触られるのを嫌がっていたので後ろ足から切りましたが、ドキドキしている事が伝わってはくるものの抵抗は少なかったように見えました。
前足は猫の香箱座りのように上手に隠してしまってはいましたが、ゆっくり時間をかけて話しかけながら体制が崩れたタイミングを見計らって爪切りをさせてくれました。


爪切りのご褒美で差し出したちゅーるは、躊躇無くしっかり食べてくれました。
怖かったりドキドキしたりがあっても、大好きなちゅーるで仲良くなる事ができるのはソランの強みでもあると思います。


何度か撮影に入り気付きましたが、いつも左側を壁にくっつける体制をしているのが気になりました。
癖なのか、何か痛みがあって守っているのか、今後も様子を見ていきたいと思います。





関連記事

ページ上部へ戻る