... TOPIX

12/3センターレポート 収容室①4頭・②1頭・③2頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。
営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。



ひなのん&ぐーちゃんママのレポートです。


引き続き、動物愛護センターにいる

譲渡先・預かり先を募集している子たちを紹介します。


お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。
hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野

★お名前のないお問い合わせメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)


あの子はどうしましたか?の、
安否確認のみの問い合わせにつきましては、
沢山の対応をしております為、返信が出来ませんので、
ご了承下さい。












【収容室①】4頭




※12/3レポート初登場(11/28他抑留所より移送)
▽19236 茶 オス 2歳くらい 13キロくらい


※同部屋の19233、19234と同郷と思われます。
少しシャイな感じではありますが、
人に対してそこまで恐怖心を持っているという様子は
見られませんでした。
まだこの環境に慣れておらず戸惑っているのではないでしょうか。
それでもロープで誘導してケージから出てきてもらうと
体を触ったり頭をなでてあげることにも抵抗することなく
人の手を受け入れることは出来ていました。
おやつは緊張していたからか、手からは食べれませんでしたが
ちゅーるは口元に塗ってあげると
ぺろぺろとおいしそうに舐めていました。
とても穏やかな雰囲気のある男の子でした。
今後の変化もよく見ていこうと思います。
f0078320_23182981.jpg
f0078320_23184522.jpg
f0078320_23185331.jpg
f0078320_23190014.jpg
f0078320_23190157.jpg
f0078320_23191780.jpg
f0078320_23192465.jpg











※12/3レポート初登場(11/28他抑留所より移送)
▽19233 茶 メス 2歳 12キロくらい


※同部屋の19236、19234と同郷と思われます。
最初の写真のように、ずっと背中を向けたままで
こちらを向いてくれることがなく
正面からの撮影ができませんでした。
なんとかお顔を撮影しようと、
体勢を変えようと体ごと動かそうとしましたが
頑なに踏ん張っていました。
それでも、動かそうと体を支えたりしても
お口が出るようなこともなく
優しい子なのだと思いました。
ちらっと見えたお顔は「女の子」という優しい感じを
受けました。
来週はもう少し表情が見られるといいなと思いました。
f0078320_23251627.jpg
f0078320_23251783.jpg
f0078320_23253086.jpg
f0078320_23253895.jpg
f0078320_23254545.jpg











※12/3よりレポート初登場(11/28他抑留所より移送)
▽19234 茶 メス 3歳 14キロくらい


※同部屋の19233、19236と同郷と思われます。

19223と19236の母犬でしょうか。
落ち着きがあり、人を怖がるような様子はあまり見られませんでした。
お腹が大きく、妊娠しているかもしれず気怠そうな動きをしていました。
(職員さんにも報告済み)
この子もそうですが、血縁と思われる3頭とも
穏やかでゆったりとした印象を受けます。
まるで年配の方に飼われていたかのような、独特のスローさがあります。
時間の経過と共に様子にも変化があるかもしれませんが
もしこのままの性格だとしたら
どの家庭に行ったとしても一緒に過ごしやすい子だと思います。
この子達の血縁と思われる子がこの日、別の団体さんに引き出されたのですが
その子もとてもゆったりとした性格だそうで
他の犬とも上手く過ごせるようです。
お腹の大きさも気になるので、次回も詳しく観察してきたいと思います。

f0078320_01281945.jpg
f0078320_01282526.jpg
f0078320_01290667.jpg
f0078320_01291418.jpg
f0078320_01291828.jpg









☆かのこ※2018/10/16よりレポートに登場 (2018/8/21収容)
▽18220 茶 メス(不妊済) 3歳ぐらい 12キロ


かの子はいつも他の犬達の撮影をしている時は
部屋を自由に歩けるようにさせています。
他の犬にしつこくしたり食って掛かるようなこともないので
安心してフリーにできます。
綺麗好きな子なので、必ずケージの外で排泄しますが
この日は我慢できなかったのか、ケージの中で排泄していたので
さぞ気持ち悪かっただろうと思い、せめてもとキレイに掃除してきました。
今はそれくらいしかかのこにしてやれず、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
散歩に出られるようになるのにはトレーニングもかなり必要かと思いますが
家の中でフリーでいる分には、物静かであまり手のかからないタイプだと思います。
少しでも多くの方にかのこの存在を知っていただけますように。



f0078320_01421265.jpg
f0078320_01421733.jpg

















【収容室②】1頭




※12/3レポート初登場(11/21収容)
▽19229 テリア系茶黒 4歳くらい 9キロくらい


数年間とある地域をウロウロしていた子で
数人の方から餌をもらっていたそうです。
特定の飼い主がいなかったにもかかわらず
野生化していなかったのは、少なからず
人と関わって生きてきたからなのだと納得しました。
ロープを掛けると最初だけ戸惑っていましたが
パニックになることもなく、少しの誘導ですんなり出てきました。
もしかすると放浪する前は人に飼われていた子なのかもしれません。
見た目がとても若く見えましたが、数年間地域を放浪していたという事は
4歳程度なのは間違いなさそうです。
餌をもらい慣れているためか、手からおやつを食べることができます。
テリア犬っぽい気の強い感じは見受けられません。
またよく観察してきたいと思います。

f0078320_23573414.jpg

f0078320_01042710.jpg
f0078320_01042976.jpg
f0078320_01043910.jpg
f0078320_01043909.jpg
f0078320_01045618.jpg























※収容室③は先週レポートより転載します。


【収容室③】2頭




※11/26よりレポート登場(11/14収容)
▽19221 茶白 オス 5歳 13キロくらい


以前にも同じ地域でとても似た子が収容されており、
恐らく血縁関係があるのではないかと思われます。
体格は大きめなのですが、痩せているので
抱っこしてみるとこの体格には似合わない軽さでした。
ロープで誘導して外にでてきてもらいましたが
どこか隠れるところを探すかのように
隅っこに伏せてしまいました。
ちゅーるを少し口につけてあげると
ぺろぺろと舐めていましたが
自分から首を伸ばして舐めるまでは至りませんでした。
とても穏やかな子だと思います。
まだ環境に慣れていないと思いますので
来週以降変化があるかもしれません。
引き続き様子を見ていきたいと思います。








↓前回レポートより転載しています。



※4/23よりレポートに登場(4/10収容)
▽19021 薄茶 オス 2歳 15キロ

この日、いつものようにケージの扉を開けてトイレをさせたのですが
そのあと別のケージに入ってしまったため
止むを得ずロープを掛けて少し引いたのですが
ロープを噛み、嫌だと意思表示していました。
怖がらせてしまったので、一緒に部屋に入ったメンバーが
落ち着くまで身体の陰に隠してなだめていました。
野良っ子のようなビビリさんな割には人を頼るような部分も少しある子です。
収容されてから半年間、日の下に出ることもなく
ずっと小さなケージの中で過ごしています。
いきなりお散歩がガンガンできるようにはならないかもしれませんが
まずは家の中で人のそばにいることからゆっくり始めてくださる方と
どうか一日も早くご縁がありますように。







レポートは続きます。






関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る