... TOPIX

4/14センターレポート 収容室①②③④9頭

※当ブログの画像・記事は営利目的でなく この現状を広めていただくため
ご自分のブログへ転載される 場合は、こちらへの連絡は不要です。
転載内容には責任を持って 正しい情報のみを伝え
当ブログ記事のリンクも必ずお願いします。

営利目的および商用目的での利用は一切禁止します。





ひなのんレポートです。




お問い合わせは必ずちばわんまでお願いします。

hinanon3322★yahoo.co.jp(★を@にかえて下さい)ちばわん 高野

★お名前のないお問合せメールには対応できません。
★新規の預かりボランティアをご希望くださる場合は、
一時預かりアンケート・フォームにてお願いいたします。
(譲渡希望・預かり希望は、関東限定です)







収容室④ 2頭




※4/14レポート初登場
▽20020 茶黒 メス 7ヶ月 6キロ(4/3収容)
収容室④の2019、収容室②の20017、20018と兄妹。

人に近いところで暮らしてはいたようですが
見知らぬ人に愛想をふりまけるような子達ではありません。
この子は緊張からかフードを残しており
差し出したおやつにも一切反応しませんでした。
ロープにも慣れておらずバタバタしていましたが
抱き上げると大人しくなり、口が出る様子は見られませんでした。
_f0078320_02180845.jpg


_f0078320_02181318.jpg
_f0078320_02181815.jpg
_f0078320_02182385.jpg



※4/14レポート初登場
▽20019 薄茶黒 メス 7ヶ月 7キロ(4/3収容) 
収容室④の20020、収容室②の20017、20018と兄妹。

ケージの中を覗くとヴーヴーと唸っていて
一生懸命自分を強く見せようとしていました。
ロープを掛けて外に出すと、パクパクしながら
お前になんて負けるもんか!と力の限り抵抗していましたが
チュールを差し出すと「それはいただきます。」と
態度が変わり、舐めている間は抵抗もせず
固形のおやつも口にすることが出来ていました。
抵抗する時は思いきり口を向けてきますので
まだ柔軟で幼いうちに家庭に入れて慣らしてあげたい子です。
_f0078320_02223185.jpg
_f0078320_02223687.jpg
_f0078320_02224168.jpg
_f0078320_02224668.jpg
_f0078320_02225126.jpg
下あごが極端に小さいオーバーショット。
歯並びもあまり良くないようです。
_f0078320_02225857.jpg
皮膚も荒れています。
_f0078320_02230353.jpg



収容室③ 3頭

※4/7よりレポート登場
▽19325 茶白 オス 6歳程度 12キロ(2/28収容)

ケージの中から珍しくこの子がワフワフ吠えていて
外に出すと小走りに部屋の隅に行って大と小、トイレを済ませていました。
自分の場所は汚したくないきれい好きな子のようです。
まだ人の手からおやつを食べることはできませんが
器に入れたおやつは人が見ていても食べられます。
お散歩にも出られる子で、人と共に普通に距離を取りながらも
普通に暮らすことができそうです。
後はゆっくりと心を解きほぐしていけば仲良くなれそうな子です。
_f0078320_02250693.jpg
_f0078320_02251342.jpg
_f0078320_02255294.jpg



_f0078320_02251830.jpg

↓先週レポートより

_f0078320_16323818.jpg




_f0078320_16324395.jpg




※4/7レポート初登場
▽20011 黒茶 オス 5ヶ月 9キロ程度(3/31収容)
20012と恐らく兄弟。

まだ人が近づくと緊張してうなだれていましたが
差し出されたチュールには反応して
恐る恐る自分から舐めていました。
20012の子よりは人への抵抗が少なく、落ち着いた印象です。
家庭に入ることができれば意外に早く馴染めるかもしれません。
まだ犬歯には乳歯が残っているのにすでに10キロ近いので
成長後は大き目な中型犬に育ちそうです。

_f0078320_02283118.jpg

_f0078320_02283811.jpg

_f0078320_02284325.jpg

_f0078320_02284792.jpg

_f0078320_02285242.jpg

_f0078320_02285705.jpg




※4/7よりレポート登場
▽20012 茶 オス 生後5ヶ月 8キロ(3/31収容)
20011とおそらく兄弟。
前回見た時よりも抵抗が激しくなっていて
口が激しく出るようになっていました。
力も入りっぱなしでなかなか抵抗を諦めようとしませんでした。
心配でしたので職員さんに報告したところ
人との触れ合いがもう少し密にできる部屋に移動するとのことでした。
こちらの部屋ですと収容されたばかりの犬達の不安や緊張が
子犬達にも伝わり、精神的に不安定になりがちですから
別の部屋に移ってから時間を掛けてもう一度よく観察してきたいと思います。

_f0078320_02291708.jpg

_f0078320_02292355.jpg

↓先週レポートより
_f0078320_16214474.jpg



_f0078320_16214985.jpg





収容室② 2頭


※4/14レポート初登場
▽20012 茶黒 オス 7ヶ月 7キロ
収容室④と20020、20019収容室②の20018と兄妹

兄妹と思われるメスの子犬達に比べ
オドオドしていて、少し気弱そうな感じの男の子です。
背中が痛々しく爛れていました。
栄養状態が悪かったのか、痩せていて健康的には見えません。
抱き上げてもされるがままで口が出ることもなく大人しい印象です。
緊張からかあまり元気がなさそうでしたので
一日も早く手厚くケアしてあげたい子です。

_f0078320_02320621.jpg

_f0078320_02321199.jpg

_f0078320_02321698.jpg

_f0078320_02322394.jpg

_f0078320_02322889.jpg

_f0078320_02342250.jpg


※4/14レポート初登場
▽20018 黒薄茶 オス 7ヶ月 9キロ(4/3収容)
収容室④と20020、20019収容室②の20017と兄妹

この子もただひたすら固まる系のビビリちゃんです。
メス達に比べて男の子2頭は少しおっとりした印象があります。
緊張はしていましたが、さほどパニックになって暴れることもなく
抱き上げてもただ少し困ったような表情をするだけで
ビビリちゃんだけど扱いやすい感じがします。
この子も痩せていますので、ちゃんと栄養を摂って
ふっくらすれば、すごくカッコ良い子になると思います。

_f0078320_02351471.jpg

_f0078320_02351909.jpg

_f0078320_02352451.jpg

_f0078320_02360976.jpg




収容室① 2頭


※4/14レポート初登場
▽20023 茶黒 オス 1歳 9キロ(4/7収容)

思わず守ってあげたくなるような
幼げな可愛い男の子です。
まだ子犬かと思ったら歯や皮膚を見ると1歳近い子だとわかります。
訳が分からないようで困惑していましたが
暴れることもお口が出ることもなく
固まる系のびびりちゃんです。
経験不足なだけで、時間の経過や環境の変化で
明るい部分も見えてくるかと思います。

_f0078320_02383353.jpg


_f0078320_02394655.jpg

_f0078320_02384233.jpg

_f0078320_02384825.jpg

_f0078320_02385453.jpg



※4/14レポート初登場
▽20022 茶 メス 7歳 11キロ(4/6収容)

同じ地域で、恐らく多頭過密現場付近で捕獲された女の子です。
人との密な接触はないまま生きてきた子のようで
環境の変化の不安もあると思いますが
心開くには時間を要するかもしれません。
時間の関係で詳しく見ることができませんでしたので
次回よく見てきたいと思います。
_f0078320_12001386.jpg
_f0078320_12000476.jpg






関連記事

ペットファミリーの欲しいものリスト

環境省・警察庁

虐待防止ポスター(PDF)

動物の虐待防止ポスター

 

環境省・パンフレット 

「飼う前に考えて!」

kaumaeni

あなたのブログ記事のアクセスアップ

follow us in feedly

ページ上部へ戻る